青春18きっぷは、JR線の普通列車に自由に乗り降りできるきっぷであり、「青春18」とありながら年齢に関わらず、誰でも利用することができます。

長期休暇時の一人旅だったり、グループでの旅行や日帰り旅行など様々な目的に利用できる大変便利なきっぷです。

ただし、青春18きっぷには発売期間と利用期間が設けられており、年中いつでも利用できるきっぷではありません。

今回は、この青春18きっぷの仕組みやその買い方、使い方について解説していきます。

青春18きっぷとは?その使い方は?

densyahomu

青春18きっぷは日本全国のJR全線の普通列車や快速列車など、運賃だけで乗車できる電車が1日乗り放題になるきっぷです。

sinkansentokyuseisyu18

1日乗り放題になるのは普通列車・快速列車のみであり、別で特急料金がかかる特急列車や新幹線には青春18きっぷは使えません。これは大前提なので必ず覚えておきましょう。

特急列車や新幹線に乗車する場合には特急券の他に、普通乗車券が別に必要となります。要するに青春18きっぷを普通乗車券の代わりとして使うことはできないという訳です。

それゆえ、急いで遠方の目的地に移動したいという用途に青春18きっぷを使うのは難しい言えます。

青春18きっぷは時間にとらわれず、のんびりと旅をしたい人や日帰り旅行をしたい人に向いているきっぷです。

 

densyagurinsya

普通・快速列車のグリーン車自由席を利用する場合は、別にグリーン券を購入すれば「青春18きっぷ+グリーン券」でグリーン車に乗車することができます。

普通・快速列車の普通車指定席を利用の場合も別に座席指定券が必要になりますが、青春18きっぷと合わせて利用できます。

青春18きっぷは1枚で5回(5日分)使うことができます。具体的な利用方法としては

  • 一人で5日間連続の旅行
  • 日帰り旅行を5回行う
  • 5人グループで日帰り旅行をする
  • 3人グループで日帰り旅行を行い、残りの2枚で2人で日帰り旅行

などといった使い方ができます。グループで利用する場合には同一行程(一緒に同行)する必要があります。

また、自動改札機から出入りすることはできず、乗り降りは係員のいる改札で切符を見せて通ります。きっぷは改札口で日付印を押してもらうことで使用開始です。

seisyun18kipu (02)

2016年の青春18きっぷの価格は11850円です。普通列車しか乗車できないものの、1日乗り放題の乗車券が実質5枚となるので非常にお得なきっぷです。

1日(1回分)あたりで換算しても2370円と安く、遠くに行けば行くほどコストパフォーマンスが良くなります!

1日乗り放題で途中下車もできるため、日帰り旅行や鉄道でのぶらり旅にはうってつけのきっぷと言えますね。

青春18きっぷを利用できる区間

densyayamanotesen

青春18切符を利用できる区間は原則として全国のJR線のみです。私鉄は乗ることができないので勘違いしないよう十分注意したいです。

特に、私鉄との乗り入れを行っている路線も一部あるので、そのような特殊な区間に間違えて乗ってしまうと別料金が発生してしまいます。

 

rinkaisentyokutyuu

東京近辺の例としては、りんかい線があります。

りんかい線はJR埼京線から直通運転を行っていますが、大崎駅を境に大井町・新木場方面はりんかい線になります。

そのため、青春18きっぷは大崎駅までしか利用できず、大崎駅より先、大井町・新木場方面へ行くにはりんかい線の乗車券を購入する必要があります。

このように、直通運転によって利用できる区間が分かりずらいこともあるので、目的の駅へ向かう経路にJR以外の区間があるのかどうかを事前にチェックしておくことが重要です。

そして、いくつかの例外もあります。青春18きっぷの利用できる区間についてはややこしくなるので、また後の記事で解説していきますね。

青春18きっぷの発売期間と買い方

青春18きっぷは購入できる期間と、実際にきっぷを使うことができる利用期間が定められています。

平成28年7月現在で

  • 春季用
    発売期間:平成28年2月20日(土)~平成28年3月31日(木)
    利用期間:平成28年3月1日(火)~平成28年4月10日(日)
  • 夏季用
    発売期間:平成28年7月1日(金)~平成28年8月31日(水)
    利用期間:平成28年7月20日(水)~平成28年9月10日(土)
  • 冬季用
    発売期間:平成28年12月1日(木)~平成28年12月31日(土)
    利用期間:平成28年12月10日(土)~平成29年1月10日(火)

となっています。もともと学生向けに作られたきっぷということもあり、基本的に学校などが長期休暇になる時期に合わせて発売されています。

ただ、青春18きっぷは他のシーズンへの持越しはできないので注意しましょう。(例:夏季用の18きっぷを冬季に使うこと。)購入したら、そのシーズン期間中に使い切る必要があります。

 

kenbaikisiteisekikenmidori

青春18きっぷはJRの緑の窓口で購入できますが、青色の指定席券売機でも購入することができます。(私の場合は、緑の窓口が混んでいたので、指定席券売機で購入しました。)

指定席券売機で購入する場合には、最初の画面の「おトクなきっぷ」を選択し、「フリーパス」を選択すると「青春18きっぷ」が出てくるのでそこから購入できます。

機械操作が苦手な方や青春18きっぷのことで何か不安や疑問点のある方は緑の窓口で購入すると良いでしょう。

 

seisyun18kipu (1)

青春18切符を購入するとご案内も一緒に貰えます。細かい決まりや例外といったことも書かれているので、案内の内容は利用する前に必ず一読しておきましょう。

 

まとめ:安価でゆっくりと旅行をするならお得なきっぷ!

このように青春18きっぷはJR線の普通列車に1日自由に乗り降りできるきっぷであり、目的地へ行くのに時間はかかりますが、運賃は大幅に節約することができます!

新幹線や特急が利用できず、きっぷを切り離すことができないなど利用にはいくつかの制限はありますが

  • 時間はかかっても良いから、安価で旅行に行きたい!
  • 近場で日帰り旅行に行きたい!
  • のんびりと鉄道の旅をしたい!

という人にとっては大いに役に立つきっぷと言えます!

 

初めて使う方であっても、最低限、

  1. 青春18きっぷは発売期間と利用期間が決まっている
  2. 乗車できるのは私鉄を除く、全国のJR線のみ
  3. 乗車できるのは特急・新幹線を除く、普通・快速列車のみ
  4. 改札は自動改札機ではなく係員から

の4つを理解しておけば大丈夫ですよ!

かくいう私も今年、初めて青春18きっぷを利用するので不安でいっぱいです。(笑)実際に青春18きっぷを使ったら、その体験談なども追記していければと思います。

次回は、青春18きっぷを利用できる区間と利用できない区間について解説していきます!

青春18きっぷが使えない路線はここ!私鉄の区間は要注意!