青春18きっぷは、JR線の普通列車に自由に乗り降りできるきっぷであり、「青春18」とありながら年齢に関わらず、誰でも利用することができます。

長期休暇時の一人旅だったり、グループでの旅行や日帰り旅行など、様々な目的に利用できる大変便利なきっぷです。

 

ただし、青春18きっぷには発売期間と利用期間が設けられており、なおかつルールが複雑なので、使用する際はある程度の事前知識が必要です。

今回は、そんな青春18きっぷの基本ルールや使い方を分かりやすく解説していきます。

青春18きっぷの基本ルール

青春18きっぷは日本全国のJR全線の普通列車や快速列車など、運賃だけで乗車できるJRの列車が、1日乗り放題になるきっぷです。

 

sinkansentokyuseisyu18

乗り放題なのは普通列車・快速列車のみであり、別で特急料金がかかる特急列車や新幹線には青春18きっぷは使えません。

特急列車や新幹線に乗車する場合には、青春18きっぷではなく、普通乗車券と特急券が別に必要となります。

 

また、東京モノレールや北越急行、IGRいわて銀河鉄道、京阪電鉄など、JR線以外の私鉄や第三セクター鉄道も原則利用できません。

 

新幹線や特急列車、JR線以外の私鉄には利用できないこれは大前提なので必ず覚えておきましょう。

 

ただ、中にはJR線と私鉄が相互乗り入れを行っている路線もあり、18きっぷの使用できる区間が分かりずらいこともあります。

 

例えば、りんかい線はJR埼京線との相互直通運転を行っていますが、大崎駅を境に大井町・新木場方面の列車はりんかい線です。

そのため、青春18きっぷは大崎駅までしか利用できず、大崎駅より先、大井町・新木場方面へ行くにはりんかい線の乗車券を購入する必要があります。

 

このように、直通運転によって利用できる区間が分かりずらいこともあるので、事前に要注意区間を把握しておくことも重要です。

 

詳細は「【保存版】青春18きっぷの要注意区間と特例区間まとめ」を参考にして頂ければと思います。

 

なお、普通・快速列車のグリーン車自由席を利用する場合は、別にグリーン券を購入すれば「青春18きっぷ+グリーン券」でグリーン車に乗車できます。

普通・快速列車の普通車指定席を利用の場合も別に座席指定券が必要になりますが、青春18きっぷと合わせて利用できます。

 

2018年度の購入期間と有効期間

青春18きっぷは購入できる期間と、実際にきっぷを使うことができる利用期間が定められています。

平成30年(2018年度)7月現在、発売期間は、

  • 春:平成30年2月20日~平成30年3月31日(発売終了)
  • 夏:平成30年7月1日~平成30年8月31日(発売終了)
  • 冬:平成30年12月1日~平成31年12月31日

 

利用期間は、

  • 春:平成30年3月1日~平成30年4月10日(終了)
  • 夏:平成30年7月20日~平成30年9月10日(発売終了)
  • 冬:平成30年12月10日~平成31年1月10日

となっています。

もともと学生向けに作られたきっぷということもあり、基本的に学校などが長期休暇になる時期に合わせて発売されています。

 

ただ、青春18きっぷは他のシーズンへの持越しはできないので注意しましょう。(例:夏季用の18きっぷを冬季に使うこと。)

18きっぷを購入したら、そのシーズン期間中に使い切ることが大事です。

 

18きっぷの料金と使用回数について

seisyun18kipu (02)

2018年の青春18きっぷの価格は11,850円で、計5回(5人分)使用できます。

 

18きっぷは1人で5回使うだけでなく、複数人で分けて使うことも可能です。

ただし、各回数ごとに切符を切り離すことはできないので、複数人で利用する時は一緒に行動することが条件なので注意しましょう。

 

1日(1回分)あたりで換算しても2,370円と安く、遠くに行けば行くほどコストパフォーマンスが良くなります。

1日乗り放題で途中下車もできるため、日帰り旅行や鉄道旅行に便利でお得な切符と言えます。

 

ちなみに、5回分も必要ないという方は、金券ショップにてバラ券(3回券、2回券など)を購入するか、1、2回使用後に売却するという方法があります。

バラ売りに関しては「青春18きっぷのバラ券を購入するコツと注意点」を参考にして頂ければと思います

 

青春18きっぷの買い方

青春18きっぷは「みどりの窓口」や「指定席券売機」から購入できます。

みどりの窓口はいつも混雑していることが殆どなので、基本的には指定席券売機で購入した方が手っ取り早いです。

 

指定席券売機で購入する場合には、最初の画面の「おトクなきっぷ」を選択し、「フリーパス」を選択すると「青春18きっぷ」が出てくるのでそこから購入できます。

機械操作が苦手な方や青春18きっぷのことで何か不安や疑問点のある方は、みどりの窓口で購入すると良いでしょう。

 

seisyun18kipu (1)

青春18切符を購入するとご案内も一緒に貰えます。

細かい決まりや例外といったことも書かれているので、案内の内容は利用する前に必ず一読しておきましょう。

 

青春18きっぷの使い方

青春18きっぷを使う際は、駅の有人改札を通ります。そして、利用開始時に利用人数分のスタンプが押されます。

もし入場に駅員がいなかった、または無人駅等でスタンプを貰えなかった場合は、降車した駅にてスタンプを押してもらいましょう。

 

青春18きっぷは自動改札機には対応しておらず、改札の出入りには毎度有人改札を通る必要があります。

※無人駅で降りる場合は運転手に青春18きっぷを提示します。

 

切符を駅員にはっきりと見せて「青春18きっぷです」と伝えれば、スムーズに改札を出入りできます。

毎度、切符を出し入れするので途中で紛失しないように注意しましょう。

 

なお、スタンプの日付がかすれていると駅員が判断に困ることがあるので、スタンプがしっかりと乾くまでは切符をこすらないよう十分注意したいです。

 

関連:【青春18きっぷの失敗談まとめ】日付印のかすれに要注意!

 

まとめ

このように青春18きっぷはJR線の普通列車が1日乗り降り自由になる切符であり、遠くへ行くほど、運賃を節約できるお得な切符です。

 

新幹線や特急列車、JR線以外の列車には使用できませんが、

  • 時間はかかっても良いから、安価で旅行に行きたい!
  • 近場で日帰り旅行に行きたい!
  • のんびりと鉄道の旅をしたい!

という人にとっては大いに役に立つきっぷと言えます!

 

初めて使う方であっても最低限、

  1. 青春18きっぷは発売期間と利用期間が決まっている
  2. 乗車できるのは私鉄を除く、全国のJR線のみ
  3. 乗車できるのは特急・新幹線を除く、普通・快速列車のみ
  4. 改札は自動改札機ではなく有人改札を通る

の4つを理解しておけば基本はバッチリです!

 

より細かな特例区間や注意事項に関しては、下記の関連記事から個別に解説しております。一緒に参考にして頂ければ幸いです。

青春18きっぷ関連記事

1、【初心者必読】青春18きっぷ旅行の注意点はこれ!

2、【保存版】青春18きっぷの特例区間と要注意路線まとめ

3、【必ずしも安いとは言えない】青春18きっぷのメリット・デメリット

4、【北海道新幹線に乗れる】青春18きっぷオプション券の使い方について