格安で鉄道旅行を楽しめるのが魅力の「青春18きっぷ」

シーズン中はどの路線に乗ろうか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?

18きっぷ1回分の値段は2,370円と格安であり、全国のJR線の中には18きっぷを利用して乗った方が普通運賃や他の割引切符より安くなる路線も多々あります。

今回は、青春18きっぷを使うならどの路線が良いか、オススメの路線について紹介していこうと思います。

青春18きっぷのオススメ路線

青春18きっぷの使い方については「青春18きっぷのルール」にまとめましたが、18きっぷは原則として普通列車と快速列車にのみ乗車できる切符です。

そのため、青春18きっぷを使うのであれば「特急列車が走っていない路線」で利用するのがオススメです。

特急列車のないローカル路線では、普通列車以外に乗れる列車がないため、通しで乗る場合は普通乗車券よりも18きっぷを利用した方が安上がりになる場合があります。

コスパ考慮するのであれば、18きっぷとの相性が良い普通列車主体の路線に乗りましょう。

以下で、コスパが良く、なおかつ車窓も楽しめるオススメの路線をいくつか紹介していきます。

 

東北本線(東京~盛岡間)とその周辺路線

東北本線は首都圏の東京・上野と、仙台・盛岡といった東北の主要都市を結ぶ路線です。

東北本線の区間の殆どは、普通列車と快速列車であり、なおかつ列車の本数も比較的多いため、18きっぷを使った移動でも利用しやすい路線です。

(※ただし、盛岡より北へ行くには、IGRいわて銀河鉄道または新幹線を利用するか、秋田方面へ大きく迂回する必要があります。)

東京から盛岡は約530kmもの距離がありますが、最短11時間以内に移動できます。

運賃に関しても、通しで乗ると通常8,420円かかりますが、18きっぷなら2,370円なので、約6,000円ほど節約できます。

また、東北本線から乗り換えられる路線も、軒並み普通列車だけの路線が多く、18きっぷを活かすのに東北は打ってつけの場所と言えます!

ちなみに、個人的に東北本線から乗り換えられる路線で特にオススメなのは、

  • 大船渡線・大船渡BRT(一ノ関~気仙沼~盛)
  • 北上線(横手~北上)

の2つですね。

大船渡BRTは、震災の爪痕を今でも身をもって感じられる路線であり、鉄道ファンでなくても一度は見る価値のある路線です。

北上線は山間を走る路線ですが、途中、湯田ダムと錦秋湖の美しい景色を楽しむことができます。

どちらも青春18きっぷのみで利用できる路線なので、機会があればぜひとも乗ってみることをオススメします!

只見線(小出~会津若松)

只見線(ただみせん)は、山々をはうようにして走るローカル路線であり、車窓から見れる景色が非常に美しいことでも超有名な路線です。

只見線は全ての列車が普通列車であり、青春18きっぷとの相性が良い路線でもあります。

また、18きっぷシーズン中に運行される臨時列車(風っこ只見やSL)も快速列車なので、これら臨時列車も別途指定券を購入すれば青春18きっぷで乗車できます。

小出から会津若松まで乗り通すと通常の運賃は2,590円なので、乗り通しただけで18きっぷ1日分の元が取れます。

さらに、会津若松~郡山間、会津若松~新津・新潟の磐越西線も普通・快速列車のみなので、18きっぷと相性が良い路線が隣接しているのも特徴です。

只見線は非常に魅力のある路線ですが、一部列車の本数が極端に少ないことが唯一難点であり、只見線を乗り通す際は列車の運行時刻に十分注意が必要です。

また、途中駅での接続時間もまばらで、乗り通した場合の所要時間も約4~6時間前後とかなり差があります。

東京出発なら日帰りで行くことも不可能ではありませんが、体力的にも時間的にも厳しい路線なのが悩みどころですね。

のんびりと只見線を満喫するなら、会津若松や郡山などで宿泊する、あるいは途中駅(東京~郡山)までは新幹線を利用して行くことをオススメします。

 

五能線(秋田・東能代~深浦~川辺・弘前)

五能線も、普通列車と快速列車のみ運行している路線の1つであり、沿線の風景は日本海を望む非常に迫力のある車窓となっています。

また、五能線には秋田駅から五能線を経由して青森駅まで行く快速列車「リゾートしらかみ」も走っています。

リゾートしらかみには、座席指定券を購入すれば青春18きっぷでも乗車できるため、18きっぷの旅行でもオススメの列車です。

ただし、五能線は東京から遠く離れた場所にあり、18きっぷだけ使って行く場合には途中で宿泊する必要があります。

五能線と接続する列車の本数も少ないので、時間に余裕を持って行くようにしたいです。

 

まとめ:東北は18きっぷと相性が良い路線が多い

青春18きっぷは、原則として普通・快速列車以外には乗車できないため、コスパを重視するなら普通列車しか走っていない路線で利用するのがオススメと言えます。

とりわけ東北地方のローカル線は普通列車しか走っていない路線も多く、18きっぷとの相性は良いですよ!

魅力あるローカル線の殆どは列車の本数が少ないので、事前にしっかりと計画を立ててから行くようにしましょう。

以上、少しでも参考になれば嬉しいです。