普通列車であれば、全国のJR線を1日自由に乗り降りできるお得なきっぷ「青春18きっぷ」

交通費をおさえつつも、のんびりと電車で旅行に出かけることができる非常に便利なきっぷです。

しかし、そんな青春18きっぷにもメリットとデメリットがあり、その特性を理解しておかないと旅先で思わぬトラブルに直面する恐れがあります。

今回は、そんな青春18きっぷのメリット・デメリットについて解説していきます!

青春18きっぷのメリットはこれ!

交通費を安く済ませられること!

seisyun18kipu (02)

青春18きっぷのメリットは格安の運賃に集約されているといっても過言ではありません。

2017年の青春18きっぷの値段は1組11,850円で、5回分(5日分)使えます。

言い換えれば、JR線の普通列車に乗れる1日乗車券が約2,400円で購入できるのと同じです。

 

例えば東京駅から静岡駅まで行く場合、通常の切符で行くと片道3,000円以上かかってしまいます。

しかし、青春18きっぷであれば、どこまで行ってもJR線であれば運賃は変わらないので1日に2,400円分以上の移動できれば元が取れます。

つまり、時間はあるけど交通費は安く抑えたいという時に役に立つきっぷです。

 

ちなみに、私は青春18きっぷを使って、東京から仙台まで行ったことがあります。

普通の切符で行ったら片道約5,500円かかるところを、ほぼ半額に抑えて行くことができました。

確かに時間はかかりますが、交通費を大幅に安くできるのは青春18きっぷの最も大きな特徴と言えます。

 

のんびりと電車の旅をしたい人にもオススメ!

青春18きっぷは1日乗車券と同じようなきっぷなので、ぶらり途中下車の旅に利用するのもオススメですね。

一般的に普通の乗車券で何度も途中下車を繰り返した場合は、交通費が割高になってしまいがちです。

しかし、青春18きっぷであれば1日中どこでも自由に乗り降りできるので、途中下車の旅をしたいという方とっても大変お得です!

 

また、観光で1日に複数の駅を利用するといった時にも18きっぷはオススメです。

特に、都市部であれば列車の本数も多く、普通列車での移動も困らないことが多いので、1日で数多くの駅を訪れることができます。

 

青春18きっぷのデメリットはこれ!

とにかく移動に時間がかかる!

sensyaseisyun18kipu (1)

青春18きっぷの一番のデメリットは普通・快速列車しか使えず、特急や新幹線は使えないため、目的地へ行くのに時間がかかるということです。

電車でのんびりと旅をしたい人であればこの点は気になりませんが、急いで目的地へ行きたい人に青春18きっぷは全くをもってオススメできません。

仕事や急用等で、急いで遠くへ行くといった場合には、間違いなく新幹線や特急列車を使った方が良いです。

 

私も東京から仙台まで普通列車で移動しましたが、片道6時間以上もかかりました。笑(ちなみに、新幹線なら1時間半で行ける区間です。)

遠くへ出かけるほど、列車の本数や乗り換えの関係から所要時間が増えるので、最悪移動だけで1日が終わる可能性があります。

また、移動時間が多くなると、現地の観光時間が減ってしまうので注意が必要です。

 

特に、青春18きっぷを使って日帰りで出かけるという場合には、あまり遠くへ行き過ぎない方が良いです。

都心部であれば列車は頻繁に来ますが、都市部から離れると列車の本数が減り、最悪帰りの電車がなくなり帰れなくなる可能性もあります。

青春18きっぷを利用して遠くへ行く場合には、乗車する電車の時刻表や目的地までの経路を事前に調べておくことは必須です。

 

遅延や運休への保険がない(何があるか分からない)

akutenkoutenkikumori

新幹線と違って普通列車は何かと遅延や運休の影響を受けやすく、途中駅で足止めを食らうリスクが少なからずあります。

新幹線・特急は代替列車を利用できますが、青春18きっぷの場合、例え運休や遅延が発生したとしても新幹線や特急列車への振り替えはできません。

万が一、新幹線や特急列車を利用することになった場合は、別途で乗車券と特急券を購入することになります。

 

また、終電ぎりぎりの電車を利用するのも控えた方が良いです。

青春18きっぷはとにかく移動に時間がかかるので、電車に乗り遅れた時や運休遅延のリスクを考えると終電の電車は極力避けたいところです。

特に、遠方の郊外へと出ている場合には、そもそも電車の本数自体が少ないため、乗れないと途中駅で立ち往生してしまい帰れなくなる恐れもあります。

青春18きっぷを利用して旅に出る場合には時間に余裕をもって計画・行動する必要があります。

 

乗り換えが多くなる

新幹線や特急列車であれば、目的地まで一気に行けるため乗り換え回数も少なくて済みます。

しかし、青春18きっぷの場合、全て普通列車・快速列車で行くことになるので、遠くへ行く場合には複数のJR路線をまたぐことになります。それゆえ乗り換え回数も多いです。

私も青春18切符を使って東京から仙台へ行った時には、途中5回ほど乗り換えをしました。

 

乗り換えが多いため、何番線から何番線へ乗り換えるといった情報は事前にしっかりと把握しておきたいです。

また、間違えて別の路線に乗ってしまったり、乗り遅れてしまうと旅行計画が崩れてしまう恐れもあります。

 

都心部であれば電車の本数が多いのでそこまで問題にはなりませんが、地方路線は一本逃す・間違えると1時間以上待たされることも多いため、時間に余裕がないとその時点で詰みます。

また、青春18きっぷを利用して旅に出る場合には、荷物はコンパクトにまとめておいた方が良いですね。

ただでさえ電車に乗っている時間が長く乗り換え回数も多いので疲れやすく、電車に乗り遅れる、荷物を電車に置き忘れるといったリスクも高いです。

青春18きっぷで行く場合には、荷物はできる限りコンパクトでなおかつ軽量化していく必要があります。

 

まとめ:青春18きっぷは安いけど時間がかかるきっぷ!

青春18きっぷのメリット・デメリットを一言でまとめると「交通費は安く済むが、目的地に着くまで時間のかかるきっぷ」です。

要するに時間を取るか・お金(安い交通費)を取るかの2択であり、青春18きっぷはお金を取る側といえるでしょう。

 

1日の間で遠くに行くほどお得になるきっぷですが、普通・快速列車しか使うことができず、時刻表通りに目的地へ移動できるという保障もありません。

私自身も青春18きっぷを使って遠出したことがありますが、青春18きっぷを使う場合、時間に余裕をもった計画・行動することが一番重要なことです。

青春18きっぷのメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、旅行の計画を立てていきましょう。

少しでもあなたの旅行の助けになれば幸いです。