JRの普通列車であれば1日限りでどこでも行けるお得なきっぷ「青春18きっぷ」

JRは日本全国、様々なところを走っているため、大半の場所は青春18きっぷを使っていくことができます。

しかし、中には途中の区間でJRと私鉄が混ざっており、目的地へ行くために青春18きっぷに加えて別途に私鉄の乗車券を購入する必要がある場合もあります。

今回は、初心者さんが間違えやすい青春18きっぷが使えない区間や路線について解説していきます。

青春18きっぷが使えない区間とは

sanrikutetudou18kiputukaenai

青春18きっぷが使えない区間は原則として「JR線以外の私鉄の路線」となっています。

これは青春18きっぷの基本中の基本ですが、結構勘違いしている人が多いです。

青春18きっぷはあくまでもJR線の普通列車のみ利用できるので、ごく一部の例外を除いて私鉄には利用できません。

しかし、中には目的地へ行くために、JR線⇒私鉄⇒JR線と、私鉄の区間を通らないと先に進めない、あるいは遠回りを強いられる場合があります。

間違えて乗ってしまっても、ちゃんと乗車料金を払えばそこまで大きな問題になることはありませんが、せっかくの旅行の雰囲気が台無しとなってしまうので注意が必要です。

そのため、青春18きっぷを利用してスムーズに電車の旅に出かけるのであれば、事前にどの区間・路線を通るのか調べておく必要があります。

 

初心者さんが間違えやすい区間

一部、私鉄であっても青春18きっぷを使って乗車できる区間がありますが、原則として私鉄は乗れません。

初心者さんが間違えやすい区間は

  • 東北の盛岡駅から青森駅の区間
  • 予土線の土佐くろしお鉄道

の2つでしょう。

これらはあくまでもごく一部の例であり、他にも利用できない区間や制限のある区間はたくさんあります。

ただ正直、文章にしても分からないと思うので、以下で具体的にJRと私鉄を判別する方法について解説していきます。

18きっぷで乗れない区間を判別するには

上記のようにただ文章で書かれてもどこの路線か分からないことがほとんどだと思いますので、実際に18きっぷで乗れない区間を探す方法についても紹介していきます。

簡単に判別する方法は、路線検索サービスを利用することです。

seisyun18kipurosenyahukensak (4)

私が個人的に路線検索で使っているのはヤフー路線とそのスマホ版のアプリなので、ここではその画像を使いますが他の路線検索サービス、アプリでも大丈夫です。

seisyun18kipurosenyahukensak (5)

seisyun18kipurosenyahukensak (3)

出発地と目的地を(必要であれば経由する駅も)入力して、使用する列車は普通列車のみに指定します。

seisyun18kipurosenyahukensak (2)

それで検索をかけると目的地までの普通列車での経路が表示されますが、JRで乗れる列車は鉄道名にJRと記載されているので一目でわかります。

seisyun18kipurosenyahukensak (1)

ちなみに、これらの画像は私が実際に青春18きっぷを使って旅行に出かけた時のルートメモですが、盛駅から釜石駅の区間は三陸鉄道という私鉄なので青春18きっぷは使えません。

kippusitetu18kipu

そのため、その私鉄区間は青春18きっぷとは別に三陸鉄道の乗車券を購入します。

どの区間がJR以外なのかを把握しておけば無賃乗車などトラブルを防げるので、路線検索アプリはぜひとも活用させたいです。

青春18きっぷが使えない区間(JRでない区間)は路線検索を使えば簡単に分かるので、事前に普通列車だけ利用する設定にしてJR以外の区間がないかを探しましょう。

まとめ:路線検索アプリを使えば簡単に分かる!

このように青春18きっぷが使えないケースは、原則としてJR以外の路線を利用する場合です。

ただ、文章で見てもイマイチ分かりずらいので、実際にヤフー路線など路線検索アプリで出発地と目的地のルートを検索してみることをオススメします!(個人的にはヤフー路線が一番使いやすいと思うのでオススメです!)

旅に出る前に事前に路線を調べておけばスムーズかつトラブルのない旅にできるので、青春18きっぷを使って出かける場合には利用する路線・経路を明確にしておきましょう!

分からないことや不安なことがあれば駅員さんに尋ねれば確実ですので、現地で何か困ったことがあれば駅員さんに聞くと良いですね。

少しでも旅の参考になれば幸いです。