本州最北端の駅である「下北駅」

下北駅へは青春18きっぷを使ってアクセスすることもできるため、鉄道ファンの方なら、一度は訪れておきたい場所でしょう。

今回は、下北駅へのアクセス方法や実際に行ってみた感想等を含めて紹介していきます。

下北駅へのアクセス方法

青森から2時間ほどの場所

本州最北端の駅「下北駅」は、大湊線の終着駅「大湊駅(おおみなと)」の1つ手前です。

大湊線は基本的に1日9往復であり、臨時の快速列車「リゾートあすなろ」も運行しています。

下北駅は全ての列車が停車するので、乗り過ごす心配はありません。

また、一部の列車は青森や八戸から直通しており、乗り換えなしで行くこともできます。

青森駅・八戸駅からの所要時間はどちらも2時間前後です。

 

青春18きっぷで行く際の注意点

青森駅~野辺地~八戸間は、青い森鉄道という第三セクターであるため、本来であれば青春18きっぷは使えない区間です。

しかし、特例として「青森~八戸」間、「青森~野辺地」間及び「八戸~野辺地」間は、途中駅で降りなければ青春18きっぷで移動できます。

そのため、下北駅へ18きっぷを使って行く場合、青森または八戸から野辺地までの区間は途中下車できないので注意しましょう。

※特例区間以外から乗車あるいは下車する場合、別途運賃を支払う必要があります。

また、盛岡駅~八戸駅間は青春18きっぷが使えないので、盛岡方面から北上して行く際も注意しましょう。(この区間に特例はありません。)

実際に行ってみた

青春18きっぷを使って、青森から野辺地へと向かいます。18きっぷ利用なので、この区間中は途中下車できません。

ちょうど夕方の時間帯だったので、学生さんが多く乗っていました。

青森から45分ほどで野辺地駅へ着きました。係員に18きっぷを提示して改札を通ります。

大湊行きの列車まで時間があるので、駅舎内の待合室でしばらく待ちます。

1月上旬に行ったため、そとは寒すぎて耐えられません。笑

大湊行きの列車に乗り込みます。

先に終点の大湊駅に行きました。駅には人が殆どおらずとても静かです。

この日はもう夜になってしまったため、近くのホテルで一泊挟んでから下北へ向かいます。

ちなみに、大湊駅と下北駅の両方を訪れたい場合には、路線バスを利用すると良いです。

その場合は、大湊駅前のバス停から乗り、下北駅通りで降ります。

ホテルで一泊した後、下北駅へと向かいます。

ちなみに、泊まったホテルは「プラザホテルむつ」という下北駅からも近い駅です。

歩いて数分ほどで、下北駅へと到着しました。

この日は天気が良かったので、周りの山々もはっきりと見渡すことができます。

駅周辺はかなり広々としていますね。

駅のホームには本州最北端の駅であることを示す看板や記念碑あります。

ちなみに、本州最南端の駅は和歌山県の串本駅です。

駅周辺を見て回った後、下北駅から八戸駅へ帰ります。帰りも青春18きっぷで行きました。

大湊線の車窓は片方が田園風景で、西側は陸奥湾を見渡せる海の景色と、2つの車窓を楽しむことができます!

車窓を眺めているだけでも十分楽しめるため、移動時間も退屈しないで済みますね。

定刻通りに八戸に到着しました。駅には八戸線のキハ40が止まっていました。

大湊線は思っていた以上に面白い路線だったので、また機会があれば足を運んでみたいです!

 

まとめ:アクセスは比較的容易で18きっぷでも行ける!

このように大湊線は、本州最北端の駅である「下北駅」がある路線であり、鉄道好きな方ならぜひとも足を運んでおきたい路線の1つです。

本州最北端の駅といっても列車の本数は割と多く、青森・八戸のどちらからでも行くことができます。

青い森鉄道の区間で途中下車をしなければ「青森~野辺地」「八戸~野辺地」間でも青春18きっぷが使えるため、18きっぷシーズン中には下北駅にも足を運んでみてはいかがでしょうか?

以上、参考になれば嬉しいです。