ベビーカーは思いのほか場所を取る物なので、いざ新幹線に持ち込むとなると「邪魔にならないか心配」と不安になる親御さんは多いかと思います。

できればベビーカーを持ち込まなくても済むよう準備するのが理想的ですが、やむを得ない事情でベビーカーを持ち込まなくてはいけない時もあるでしょう。

今回は、そんなベビーカーを車内に持ち込む際の注意点及び対処法について解説していきます。

ベビーカーの置き場所はどこが良い?

デッキ・通路に放置はNG

新幹線に持ち込む際にまず気を付けたいことは、ベビーカーを折りたたまずにデッキや通路に放置しないということです。

ベビーカーがそのままデッキや通路に放置されると、他の乗客や乗務員が移動する際に邪魔になります。

また、盗難や車内トラブルにも繋がる恐れがあるので、ベビーカーは折りたたんで自分の近くに置くようにしましょう。

ちなみに、小型のベビーカーであれば荷物棚に乗せることもできますが、ベビーカーは幅を取り過ぎてしまうため、こちらも極力避けた方が良いでしょう。

 

車両最後部に置く

車両の進行方向に対して最後部になる座席の後ろには、ベビーカーを置けるだけのスペースがあります。

基本的に、ベビーカーを車内に持ち込む場合にはその最後部に置くのが望ましいです。

ただし、最後部座席に他の乗客が座っている際は一声かけてから置き、前方座席のリクライニングを妨げないよう置き方にも配慮する必要があります。

また、自分から離れた位置にあると盗難の危険があるので、できる限り最後部近くに座るのが望ましいです。

 

一番理想的なのは、最後部座席の指定券を自分で予約することです。

自分が最後部座席に座れば、後ろに気兼ねなく置くことができるので、指定席予約の際には、まず最初に最後部の座席が選択できないか検討しましょう。

自由席の場合、始発列車かつ先頭に並ぶことで最後部座席を確保することもできますが、あまりオススメできません。

確実にベビーカーを置くためにも指定券を取ることをオススメします。

 

座席の足元に置く

最後部に置くことができない場合は、基本的に足元に置くようにしましょう。

新幹線の座席は普通席でも比較的前後に余裕があるので、余程大きなサイズでなければ大抵足元に置くことができます。

ただ、前の座席に近すぎるとリクライニングの妨げとなる恐れもあるので、できる限り手前側に寄せて置いておくのが望ましいです。

 

車両最前列に座る

最後部ほどのスペースはありませんが、最前列の座席であれば前方に座席がないため、足元にベビーカーを置いても迷惑になりません。

また、デッキにも近いので、万が一子供がぐずってしまった時も、すぐにデッキに出ることができます。

最後尾の指定席が取れない場合には、次点として最前列の席を選択するのがオススメと言えます。

 

グリーン車は避けるべきか?

グリーン車は普通席よりも座席の前後間隔が広いため、足元にベビーカーを置けるだけのスペースはあります。

ただし、グリーン車には高い料金を払っている分、車内ではゆっくり静かに過ごしたいという方が多いです。

そんな中で赤ちゃんがぐずってしまうと周囲の迷惑になるだけでなく、車内トラブルにも繋がりかねません。

また、高い料金を払ってグリーン車に乗ったものの、赤ちゃんあやすために長時間デッキで過ごしてしまっているのではお金が勿体ないのです。

静かにしていられるのであれば問題ないですが現実的に難しいので、基本的にグリーン車は避けた方が良いかと思います。

 

まとめ:必ず指定席を取った方が良い

ベビーカーを持ち込む場合は確実に置ける場所を確保するためにも、できる限り指定席を取るのが望ましいです。(始発駅から乗車する場合を除く)

座席指定の優先順位としては、

  1. 進行方向に対して最後部の座席
  2. 進行方向に対して最前列の座席

の2つを優先して指定すると良いです。

詳しい座席表が分からなくても、窓口の方に「大きい荷物があるから端の席に座りたい」と伝えれば、希望の座席を予約してくれます。

ただし、直前になってからだと希望する座席が取れないことがあるので、予定が決まり次第早めに指定券を予約することをオススメします。