遠方に出かける際の足として大いに役に立つ「新幹線」

ただ、新幹線の切符は普通列車の切符を購入する時とは異なり、乗車券や特急券、指定席や自由席など切符が複数になることもあるため、初めての方にとっては分かりずらいです。

私自身も初めての時は購入方法が分からずに苦労した経験があります。

今回は、そんな経験を踏まえて新幹線の切符の購入方法について、その大まかな流れを分かりやすく解説していきます。

新幹線の切符の購入方法と乗車までの流れ

行き先と乗車する日時を決める

まず新幹線の切符を購入する前に「いつ、どこから、どこまで乗車するのか」といった新幹線に乗る日時と行き先を明確にしておく必要があります。

新幹線は普通列車の時と違って、原則としてSuica1枚で通り抜けすることはできません。

また、指定席(別述)を選択する場合には事前予約が必要になるので、まずは「いつ、どこから、どこまで乗車するのか」そこを明確にしましょう。

 

緑の窓口か指定席券売機で切符を購入する

日時と行き先が決まったら、切符の購入に移っていきますが、新幹線の切符を購入する方法は大きく分けて3つあり、

  • 緑の窓口で購入する
  • 青色の指定席券売機で購入する
  • えきねっとから予約する

の3つの方法があります。

(インターネットサイトのえきねっとからも新幹線の切符を予約できますが、手順が分かりずらく初心者さんには難しいのでここでは割愛します。)

midorinomadoguti

新幹線の切符は駅の緑の窓口か指定席券売機で購入できますが、初めて新幹線に乗るという方は「緑の窓口」で購入することをオススメします。

緑の窓口で「新幹線の切符を購入したい」と伝えれば係りの人が丁寧に手続きを進めてくれるので、初めてで正しく購入できるか不安という方は緑の窓口で購入しましょう。

kenbaikisiteisekikenmidori

一方、機械の操作が得意な人であれば駅の指定席券売機で購入するのをオススメします。指定席券売機は青色の券売機であり、首都圏の駅であれば大抵1台は設置してあります。

指定席を購入する場合には画面の指定席購入を、自由席券を購入す場合には画面の自由席購入をタップします。

画面の指示通りに行き先と乗車日時、乗車人数を選択すると切符を購入することができます。

特に、緑の窓口は混雑していることが多いので、指定席券売機であればスピーディーに切符を購入することができます。機械操作が得意な方はこちらから購入すると良いでしょう。

切符は乗車券と自由席・指定席特急券が別々の2枚の時と、乗車券と特急券の両方を含んだ1枚の時があります。

新幹線に乗車する区間によっても2枚の時と1枚の時がありますが、どちらにしても重要な切符なので無くさないように注意しましょう。

新幹線に乗車する

sinkansennorikata (1)

無事に切符を購入したら、購入した日時に改札を通り新幹線に乗車しましょう。

自動改札機に乗車券と特急券を一緒に通すことで新幹線の改札内に入れます。初めてだと戸惑うこともあると思いますが、よく分からない場合には改札にいる駅員さんに聞けば確実です。

sinkansensyanai

自由席券の場合には新幹線の指定はなく、目的地へ行ける新幹線であればどの新幹線に乗っても問題ありません。ただし、有効期限は1日限りなので注意が必要です。

指定席を購入した場合には、乗車する新幹線と座席が固定されているので、乗車時間と乗車する車両を間違えないようにしましょう。

初めて新幹線に乗るのであれば、早めにホームへ行ってどの新幹線に乗るのか確認しておいた方が良いですね。

そして目的の新幹線に乗ったら、降車駅までのんびりと過ごしましょう。もし分からないことや気になることがあれば新幹線内を案内している乗務員の方に尋ねましょう。

新幹線に乗るための流れとしては以上となります。基本的には「新幹線に乗車する日時と行き先」の2つを確認できれば大丈夫です!

 

まとめ:初心者の方は緑の窓口で切符を購入するのが確実!

初めて新幹線に乗車するという方は、切符の購入方法や乗車方法が普通列車の時とは違うため戸惑ってしまうことでしょう。

しかし、切符を購入する前に最低限

  • 新幹線に乗る日時
  • 乗車する駅と降りる駅
  • 指定席か自由席か

の3つの点をメモしておけば大丈夫です!

個人的に初めて新幹線の切符を購入するのであれば、緑の窓口で実際に詳しく説明を受けることをオススメします!

一度、新幹線の切符の購入方法や乗車方法を覚えてしまえば大丈夫なので、まずはその3つの点をメモして緑の窓口に相談しましょう!

少しでも参考になれば幸いです。