東海道新幹線と言えば富士山に相模湾など様々な景色が見えるため、どの座席に座ったら良いか迷うこともあるでしょう。

特に、旅行で新幹線を利用する場合は希望通りの座席に座りたいものですよね。

 

実は新幹線は列車の構造上、上りでも下りでも座席ごとに見える車窓は決まっているので、予め座席位置と車窓の方向を知っていれば目的の景色を楽しめます。

今回は、東海道新幹線の座席とそこから見える車窓について解説していきます。

東海道新幹線の座席と見える車窓について

富士山側は2列席のE席

富士山が見る座席は2列配置になっているE席側となります。

指定席を取る場合はこのE席を取るようにしましょう。

D席は富士山側でも通路側の座席となってしまうため、やはり車窓を楽しむのであればE席の方が良いです。

 

なお、グリーン車の場合は4列配置なので、グリーン車に乗る場合はD席が富士山側の窓側座席となります。

 

富士山が見える区間は新富士~三島間です。

下りは三島を過ぎるとすぐ、上りは静岡を過ぎて少しすると見えてきます。

 

ただし、最速達列車「のぞみ」の場合は新富士と三島を通過してしまうため、実際に富士山を見れる時間はごく数分と短いです。

スマホのGPS情報等を利用して富士山が近づいてきたら外の景色に注目しておきましょう。

 

なお、東海道新幹線の各駅停車である「こだま」を利用すれば少し長く見えるので、じっくり富士山を見たい方や写真を撮りたい方はこだまを利用すると良いでしょう。

また、こだま利用なら「ぷらっとこだま」という格安プランがあるのでこちらも合わせて活用させましょう。

 

見え方についてですが晴れの日であればはっきりと富士山が見える反面、天気が悪いと雲で遮られて山頂まで見えません。

こればかりは当日の運次第と言った感じですね。

 

琵琶湖もE席から見える

東海道新幹線の見どころは富士山だけではありません。

米原~京都にかけては同じE席から「琵琶湖(びわこ)」も見ることができます!

 

E席利用で東京~新大阪と乗り通すのであれば富士山だけでなく、ぜひとも琵琶湖も見ておきたいです。

琵琶湖は線路から離れているため少し見ずらいですが、天気の良い日であればはっきりと湖を見ることができます。

 

ちなみに、この区間は夕方になると太陽の光が差し込みます。

午後だと太陽の光がまぶしいですが、琵琶湖と夕日を同時に楽しむことができるというメリットがあります。

 

海側は3列席のA席

相模湾や遠州灘などの太平洋側の景色が見える座席は、富士山側とは反対のA席側となります。

座席位置でいうと3列席になっている方です。グリーン車の場合も同じA席側が海側です。

 

海が見えるチャンスは多く、小田原~熱海は相模湾、三島~静岡は駿河湾、浜松~豊橋で遠州灘が見えてきます。

海側を走るといっても建物に遮られてはっきりと見える区間は少ないですが、最も海に近づく区間は浜松駅付近です。

 

こちらも富士山と同様にはっきりと見える瞬間は少ないので、該当区間を走っている際は目を離さないようにしたいですね。

 

ちなみに、午前中の時間帯はA席側から太陽の光が差し込むので注意しましょう。(主に新横浜~浜松間)

逆に、朝一番の列車に乗れば綺麗な朝焼けを見れる可能性があるので、A席を利用する際は時間帯も考慮すると良い写真が撮れるかと思います。

 

まとめ:富士山を見るならE席がオススメ

このように東海道新幹線から見える車窓をまとめると

  • E席側:富士山・琵琶湖
  • A席側:海側の景色、名古屋~大阪は山の景色

となります。

指定席を利用する場合はこの座席のどちらかを利用すると良いですね。

 

ただし、どちらもコンセントが付いている窓側座席なので直前だと予約が埋まっていることが多いです。

自由席でも途中駅からの乗車だと大抵窓側が埋まっています。

 

そのため、これら座席を利用したい場合は早めに指定席を取るか、自由席なら始発駅から乗車することをオススメしますね!

以上、参考になれば幸いです。

 

のぞみ・ひかり・こだまの違いとは?のぞみは自由席が少ないので注意!

【新幹線の乗り方が分からない!】切符の購入・乗車方法はこう!

【東海道新幹線】のぞみに安く乗る方法はこの5つ!