JR東日本が発売しているおトクなきっぷの1つ「信州ツーデーパス」

信州ツーデーパスは、長野周辺の観光に便利なフリー切符であり、JR線以外にも長野電鉄線や一部のしなの鉄道線を利用できるのが特徴です。

私自身、今まで数々のフリー切符を利用してきましたが、私の中でこの信州ツーデーパスは、お手頃な値段と使いやすさを両立した神きっぷでもあります!笑

今回は、そんな信州ツーデーパスの利用方法や、オススメの活用方法について解説していきます!

信州ツーデーパスの使い方ガイド

フリーエリアと料金について

信州ツーデーパスのフリーエリアは画像の通りです。

JR線は、北は十日町(とうかまち)、南は姨捨(おばすて)まで利用できます。

北陸新幹線についても上越妙高~長野間に限り、別途で新幹線特急券を購入すれば利用できます。

私鉄に関しては、しなの鉄道線とえちごトキめき鉄道線は一部、長野電鉄は全線利用できます。

また、長電バスやアルピコ交通バスといった、一部の路線バスもこの切符1枚で利用できるのが特徴です。

長野電鉄には特急列車があり、特急列車を利用する場合は、信州ツーデーパスの他に特急券が必要です。

長野電鉄の特急料金は、乗車区間に関わらず均一で、大人100円・小人50円となっています。

信州ツーデーパスはあくまでも乗車券なので、特急や新幹線を利用する場合は、別途で特急券が必要になることは覚えておきましょう。

 

信州ツーデーパスの料金は、大人3,510円、子供1,750円で、有効期間は2日間となっています。

発売期間は通年なので、平日・土日祝日関わらずいつでも利用できます。

切符の値段に関しては、実質1日1,800円ほどなので、

  • 長野~湯田中(ゆだなか)
  • 長野~十日町(とうかまち)
  • 長野~上越妙高(じょうえつみょうこう)
  • 豊野(とよの)~上田(うえた)

といった区間を1日1往復すれば元が取れる値段です。

有効期間は2日間なので、1泊2日の観光には打ってつけの切符と言えます!

 

きっぷの購入方法

切符の発売箇所は

  • JR東日本の長野エリアの主な駅(指定席券売機・みどりの窓口)
  • 上越妙高駅、十日町駅(指定席券売機・みどりの窓口)
  • びゅうプラザ
  • 主な旅行会社

といった場所で発売されています。

私鉄のしなの鉄道線・長野電鉄線の駅や窓口では購入できないので注意しましょう。

信州ツーデーパスは通年で発売されている切符なので、予約は必要ありません。当日に現地で切符を購入できます。

指定席券売機で購入する際は、券売機の「おトクなきっぷ」の項目に信州ツーデーパスがあるので、そこから購入できます。

エリア外の指定席券売機だと、信州ツーデーパスが表示されない場合があるので、その際はみどりの窓口から購入しましょう。

信州ツーデーパス本券・利用案内・アンケートの3枚発券されます。

 

きっぷの使い方

自動改札機を通る場合には、普通の切符と同様に自動改札機に信州ツーデーパスを入れれば通れます。

毎度切符が排出されるので、切符の取り忘れには十分注意しましょう。

北陸新幹線を利用する場合は、新幹線特急券と一緒に自動改札機に通せば改札を通れます。

また、一部のしなの鉄道線の駅と長野電鉄の全駅は、自動改札機がなく有人改札となっています。

有人改札を利用する場合は、信州ツーデーパスを有人改札の駅員さんに提示しましょう。

オススメの活用方法

信州ツーデーパスで鉄道旅行

信州ツーデーパスは利用できる路線が豊富なので、私のように鉄道旅行が好きな人にとっても非常にオススメの切符です!

特に、長野電鉄やしなの鉄道といった私鉄では、昔懐かしの車両が今でも現役で走っているため、鉄道を楽しむという面で見ても大変魅力があります!

また、長野電鉄の特急料金は区間に関わらず100円なので、数回乗っても別途の出費が少ないのも地味に嬉しいところです。

しなの鉄道に関しては、今では数少なくなった国鉄115系電車が走っています。

あの独特なモーター音を楽しむことができるのも、115系の魅力ですね!全ての列車が115系なので、行けば必ず115系に乗れるのも嬉しいところです。

参考:国鉄115系はいつまで走るのか?乗るなら今のうち?

信州ツーデーパスの有効期間は2日間あり、乗れる路線も魅力ある路線ばかりなので、懐かしの車両に乗ってゆったりと列車の旅を満喫するのもオススメですよ!

 

姨捨駅の景色を見る

信州ツーデーパスは、JR線の姨捨駅もフリーエリアの範囲内に含まれています。

姨捨駅は標高が高く、見晴らしの良い場所に位置するため、駅から見える景色は非常に美しいです。

鉄道好きな方もそうでない方でも、長野に観光に来たのであれば、ぜひともその目で確かめてほしいオススメスポットです!

姨捨駅への具体的なアクセス方法は「【姨捨駅への行き方】最高の景色が見えるスポットはここ!」を参考にして頂ければと思います。

 

湯田中・地獄谷へ行く

長野電鉄の終着駅である湯田中から少し離れた場所に、地獄谷野猿公苑という場所があります。

ここでは、温泉に入るニホンザルの姿を見れるので、冬季に湯田中へ行くのであればぜひとも足を運んでいただきたい場所です!

詳細は「地獄谷野猿公苑へのアクセス方法」を参考にしていただければと思います。

また、湯田中駅周辺には日帰り入浴が可能な施設も多いので、温泉巡りもオススメです!

 

フリーエリアまでのアクセス

信州ツーデーパスのフリーエリアは長野周辺ですが、エリアが限定される分、フリーエリアまでのアクセス方法に縛られないのも特徴です。

フリーエリア内へのアクセス方法としては

  • 夜行バス
  • 新幹線(乗車券付きのえきねっとトクだ値)
  • 新幹線パック

といった方法があります。

夜行バスなら長野までの交通費を安く済ませることができ、なおかつ現地に朝一番で到着するため、ツーデーパスの利用期間いっぱいに使うことができます!

えきねっとのトクだ値乗車券であれば、東京~長野の新幹線料金が最大35%割引になるので、早くに予定が立てられる場合や、快適にアクセスしたい場合はこちらもオススメです。

信州ツーデーパスを利用した場合、行き帰りの移動手段は自由に選べるので、その点も上手く活かして旅行計画を立てましょう!

 

まとめ:私鉄も乗れて2日間使える便利なきっぷ!

信州ツーデーパスについてまとめると

  • 料金:大人3,510円(子供1,750円)
  • 有効期間:2日間
  • 切符購入:当日可
  • 対象路線:JR線、北陸新幹線、しなの鉄道、長野電鉄、えちごトキめき鉄道線、アルピコ交通、長電バス
  • 新幹線・特急列車:運賃のみ有効(別途特急券)

となります。

信州ツーデーパスの魅力は何といっても、長野電鉄やしなの鉄道といった私鉄も利用できることです!

値段も2日間で3,510円とお手頃な割には、利用できる範囲は幅広いので、長野観光の際はぜひとも信州ツーデーパスを利用してみてはいかがでしょうか?

以上、参考になれば幸いです。