東京駅から総武本線を経由し、房総半島の銚子へ向かう「特急しおさい」

東京から銚子を片道約2時間弱で結んでいる列車です。

 

関東の特急列車としては利用できる割引切符の数が多いので、しおさいを利用するのであれば、割引切符を利用しないのは勿体ないです!

今回は、この特急しおさいの停車駅や料金、お得な割引切符について解説していきます。

特急しおさいの停車駅

特急しおさいの停車駅は以下の通りです。

・東京(とうきょう)
・錦糸町(きんしちょう)
※船橋(ふなばし)
・千葉(ちば)
※四街道(よつかいどう)
・佐倉(さくら)
・八街(やちまた)
・成東(なるとう)
・横芝(よこしば)
・八日市場(ようかいちば)
・旭(あさひ)
・飯岡(いいおか)
・銚子(ちょうし)

※の駅は一部列車が停車します。

 

特急しおさいは、東京駅では総武線(横須賀線)ホームより出発します。

他路線のホームよりやや離れているので、乗り換え時間には注意しましょう。

 

主な区間の所要時間は、

  • 東京~千葉:約30分
  • 東京~成東:約1時間10分
  • 東京~銚子:約1時間50分

となります。

 

特急しおさいの編成と料金

しおさいは9両編成で、自由席、指定席、グリーン車の3つの座席があります。

基本的に、自由席は1号車と6号車から9号車、指定席は2、3号車と5号車、グリーン車は4号車です。

 

ただし、列車によっては指定席が1両だけの場合や、グリーン車がないこともあります。

指定券を購入する際は、列車編成に注意しましょう。

 

主な区間の料金は以下の通りです。(下段は特急料金のみ)

東京から自由席指定席グリーン車
千葉 1,150円
510円
 1,670円
1,030円
2,180円
1,540円
成東 2,250円
930円
2,770円
1,450円
3,280円
1,960円
銚子 3,610円
1,340円
 4,130円
1,860円
5,670円
3,400円

 

千葉から自由席指定席グリーン車
成東 1,180円
510円
1,700円
1,030円
2,210円
1,540円
銚子2,420円
930円
2,940円
1,450円
3,450円
1,960円

※指定席は通常期の料金です。

繁忙期は特急料金が200円割増、閑散期は200円引きになります。

 

関連項目:繁忙期・通常期・閑散期の違いと対象となる列車について

 

利用できる割引切符

特急しおさいに利用できる割引切符には

  • えきねっとトクだ値
  • 房総料金回数券
  • 週末パス
  • 休日おでかけパス
  • 学割

の5つです。

 

また、2018年11月30日までの期間限定で、

の2つも利用できます。

 

えきねっとトクだ値切符

JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」にて、片道から利用できるのがこのトクだ値切符です。

 

設定区間は、「東京~佐倉・八街・成東・八日市場・旭」で35%割引。

「東京~銚子」では40%割引(片道2,470円)となっています。※料金は乗車券・特急料金込みです。

 

割引切符としては最も割引率が高く、格安で特急しおさいを利用できます!

ただし、座席数限定なので、予定が決まり次第早めに購入することをオススメします。

 

トクだ値切符の購入方法に関しては「えきねっとで割引切符を購入する方法」を参考にして頂ければと思います。

 

房総料金回数券

房総料金回数券は、特定区間の特急しおさいを利用できる4枚綴りの回数券です。

回数券には、自由席用指定席用の2種類あります。有効期限はどちらも購入より1か月間です。

 

ただし、この回数券は特急料金のみの特急券で、乗車券は別に用意する必要があります。

また、1枚単位のバラ券を購入する場合、金券ショップまたはオークションサイトでの購入となります。

 

特急しおさいで利用できる区間とその料金は以下の通りです。※料金は特急料金のみの金額です。

指定席用

・東京~千葉:2,880円(1枚当たり720円)
・東京~八日市場:3,720円(1枚当たり930円)
・東京~銚子:4,520円(1枚当たり1,130円)

 

自由席用

・東京~千葉:2,040円(1枚当たり510円)
・東京~八日市場:2,880円(1枚当たり720円)
・東京~銚子:3,720円(1枚当たり930円)

指定席・自由席共に、特急料金が3割~4割ほど安くなります。

 

割引率で見ると乗車券込みのトクだ値切符に劣りますが、4枚綴りという点を活かして、2人で往復利用に使ったり、4人で一緒に利用するといった使い方が可能です。

また、「特急券のみ」という点を活かし、下記のフリー乗車券類と組み合わせることで、よりお得にしおさいを利用できます!

 

週末パス

週末パスは土日祝日の週末限定のフリー乗車券です。

一人8,730円と高めですが、特急しおさいが走行する東京~銚子の全区間がフリーエリアとなっています。

 

週末パスは乗車券タイプの割引切符なので、特急券は別途で購入する必要があります。

※特急券には上記の房総料金回数券を利用することもできます。

 

有効期限は2日間なので、泊りがけで、遠方から訪れる際にオススメの切符と言えます。

なお、週末パスは利用開始の前日までに購入しておく必要があるので注意しましょう。※当日購入不可

 

詳細は「週末パスの購入方法と使い方」を参考にして頂ければと思います。

 

休日おでかけパス

休日おでかけパスは、東京~成東がフリーエリアとなっています。

この区間であれば別途特急券を購入することで、特急しおさいを利用できます。

 

この切符単体では銚子まで行けませんが、途中区間の利用であればオススメの切符です。

詳細は「休日おでかけパスの活用方法」を参考にして頂ければと思います。

 

学割

学生さんなら学割を利用することで乗車券を安くできます。

片道の移動距離が101キロ以上で利用でき、乗車券が2割引きになります。※特急券は要別途購入

 

特急しおさいの場合、東京~旭で101キロを超えるので、この区間以上の移動であれば学割が利用できます。

 

学割については「【学生証では買えない!】学割乗車券の購入方法」を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:片道利用ならトクだ値切符がお得!

このように特急しおさいは、東京駅から千葉、成東を経由して、銚子へ向かう特急列車です。

利用する列車によっては自由席・指定席の車両数が異なるため、乗車前に駅案内等で確認するようにしてくださいね。

 

割引切符に関してはトクだ値切符が最も安いですが、房総料金回数券とフリー乗車券類との組み合わせもお得です。

単純な移動だけならトクだ値切符、房総半島の周遊ならフリー乗車券&回数券といった形で、利用スタイルに応じて割引切符を活用させましょう!

以上、参考になれば幸いです。

 

関東の特急列車 関連記事

常磐特急ひたち・ときわの違いはこれ!停車駅には要注意

【スーパービュー踊り子の乗り方ガイド】個室の利用方法はこう!

【特急踊り子の乗り方ガイド】停車駅や料金を徹底解説!

【湘南新宿ラインの停車駅はこれ!】上野東京ラインとの違いについて

スーパーあずさ・あずさ・かいじの違いを分かりやすく解説