新幹線や特急列車を利用する人の中には

  • ゆっくりしたいから隣の席を開けておきたい
  • 荷物を置くために余分に席を確保したい

という方もいるかと思います。

鉄道会社の予約システム上、予め余分に指定券を確保しておけば隣を開けておくことは不可能ではありません。

しかし、余分に指定席を確保することは原則として認めらておらず、無効となる場合があります。

今回は、そんな指定席券における疑問について解説していきます。

指定席券は余分に取れない

新幹線や特急列車の指定席は、原則的に乗車する人の人数分のみ切符を購入できます。

これは鉄道会社の運送約款である「旅客営業規則」に規定があり、乗車しない人の人数分まで切符を購入することはできない決まりとなっています。

つまりは、同一旅客が使用できる切符は1枚のみで、それ以外の余分な切符は無効となります。

また、混雑時には指定席でも実際に人が乗っていない席を開放する(指定券を再販する)場合があります。

指定駅から乗車したことが確認できない場合、車掌さんの判断でその席を他の客に車内で再販することもあるため、指定を取ったからといって100%隣が空席になるとは限りません。

 

ただ、現実的には余分に席を取ったからといって特に罰則がある分けではなく、結局は利用者のマナー次第といった状況です。

どちらにしても規則違反であることには変わりないため、余分に指定席を取るのは控えた方が良いです。

また、指定席を余分に購入するぐらいなら、最初から座席にゆとりのあるグリーン車を利用した方が良いかと思います。

 

荷物を置きたい場合はどうするか

余程大きな荷物でなければ座席上の荷物棚に乗せられますが、大きくて乗せられない場合には、進行方向に対して車両最後部の座席を予約しましょう。

最後部座席の後ろのスペースには、大きい荷物やスーツケースを置けるだけの余裕があります。

また、車両の最前列の座席も、前方に座席がない分スペースに余裕があります。

大きな荷物を持ち込む際は、それら車両の両端の座席を予約することをオススメします。

参考:【新幹線への車内持ち込み】大型スーツケースはどこに置く?

 

まとめ:実際に座らない指定席を購入するのは違反

このように指定券は、指定席に座る本人のみ利用できる決まりとなっているため、隣の席を開けるために指定券を購入するのは旅客営業規則に違反します。

実際にやったところで何か罰則がある訳ではないため、黙認されるケースが多いですが、混雑時には空席の指定席は再販されることがあります。

車内トラブルにも繋がりかねないので、余分に席を取るぐらいならグリーン車を利用するか、車両の両端の座席を予約することをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。