「ICカードが普及した今なら、Suicaでも新幹線に乗れるのではないか?」

あなたも、そのようなことを思ったことはないでしょうか。

一見すると、在来線の駅からSuicaで入場し、新幹線の駅で新幹線特急券を購入すれば、Suicaと特急券で新幹線に乗れるようにも見えます。

しかし、実際にそのような方法では新幹線を利用することはできません。

今回は、新幹線をSuicaで利用する方法について調べてみました。

Suicaを使って新幹線に乗れるのか?

普通のSuicaでは不可

新幹線を利用する場合、普通のSuicaを乗車券の代わりにとして使うことはできません。

私自身、「Suicaは乗車券の代わりに使えるのでは?」と思い、実際に試したことがありますがダメでした。

私が利用したのは、新横浜~東京の東海道新幹線です。

案内表示に新幹線の切符とSuicaで乗れるとのことが書かれていたので、勘違いしていましたね。もちろん自動改札機で止められます。

乗車券に関して詳しく調べたところ

  • 東京都区内
  • 東京山手線内
  • 横浜市内
  • 仙台市内

の各駅から出発して新幹線に乗る場合は、Suicaは使用できず、予め紙の乗車券を購入する必要があります。

そのため、一度、新幹線改札口手前にある窓口で、乗車駅から新幹線の駅までのSuicaの清算します。※改札を出る必要はありません。

新幹線駅までのSuica利用を取り消した後、乗車した駅から降車駅までの新幹線の乗車券を再購入します。

私の場合、横浜線の小机駅から新横浜までSuicaで来ました。

そのため、小机駅から入場したSuicaの記録は取り消され、小机駅から降車駅の水道橋までの乗車券を再購入しました。

清算後は、再購入した乗車券と、予め購入しておいた特急券を改札口に入れて、乗車することになります。

万が一、新幹線の切符を買わずにSuicaで新幹線の駅まで来てしまっても、窓口で精算と再購入を行えば大丈夫です。

東京都区内、東京山手線内、横浜市内、仙台市内から出発する際は、注意しましょう。

ちなみに、この4つの区間外の駅から、Suicaで在来線を利用した場合は、新幹線の切符(新幹線乗車券と特急券)を投入後、Suicaをタッチすれば自動で清算してくれます。

ただ、どちらにしても普通のSuicaを新幹線の乗車券代わりとして利用することはできません。

 

Suicaが使えるのは一部のみ

Suicaを使って、新幹線に乗車できるのは

  • モバイルSuica会員
  • Suica FREX定期券・Suica FREXパル定期券
  • 新幹線停車駅が2駅以上含まれるSuica定期券

の3つだけです。

モバイルSuicaは、携帯電話・スマホがSuicaの代わりになるシステムであり、新幹線に関しても利用登録を行うことで乗車できます。

FREX定期券は、その名の通り新幹線の定期券であり、指定された区間の新幹線(自由席)に乗車することができます。

もう一つの、新幹線停車駅が2駅以上含まれるSuica定期券については、区間が決まっており

  • 東京~那須塩原・上毛高原・安中榛名間
  • 郡山~古川間
  • 長岡~新潟間

の区間で、定期券区間内の新幹線停車駅の相互間の移動に限り、新幹線の自由席を利用することができます。

Suica定期券で新幹線に乗った場合、特急料金はSuica定期券のチャージから支払われます。

1,000円未満だと新幹線改札機を入場できないので、注意が必要です。

 

まとめ:基本的に普通のSuicaでは不可

基本的に、普通のSuicaを利用して新幹線に乗車することはできません。

予め、紙(磁気)の乗車券と特急券を購入しておく必要があります。

新幹線特急券のみ持っている場合は、新幹線改札の窓口で、Suicaの清算と乗車券の再購入を行いましょう。

Suicaで新幹線に乗車できるのは、一部の定期券のみなので要注意です。

新幹線の乗車制度にはいくつかのルールがあり複雑なので、心配な方は一度、駅係員に尋ねてみると良いでしょう。