成田空港へのアクセスを目的とした京成電鉄の「スカイライナー」

日暮里駅から最短36分という速達性が魅力的であり、少しでも早くに成田空港へ行きたい場合に大変便利な列車です!

今回は、そのスカイライナーの予約方法や乗車方法について解説していきます。

スカイライナーの停車駅

スカイライナーの停車駅は

  • 京成上野(けいせいうえの)
  • 日暮里(にっぽり)
  • 空港第2ビル(くうこうだい2びる)
  • 成田空港(なりたくうこう)

の4駅だけで、日暮里を出ると成田空港まで止まりません。

途中駅からの乗車はできないので、スカイライナーを利用する際は上野か日暮里で乗り換えましょう。

また、京成上野駅はJR上野駅とは若干離れているので注意したいです。

 

スカイライナーの料金

スカイライナーを利用するためには通常運賃に加え、ライナー券が必要になります。

ライナー券を含めた利用料金(上野・日暮里⇔空港第2ビル・成田空港)は、

  • 乗車券利用:大人2,470円、子供1,240円
  • 交通系ICカード利用:大人2,465円、子供1,237円

となっています。(ライナー券の価格は1,230円)

なお、スカイライナーは全席指定席の列車であり、自由席はありません。

 

スカイライナーの予約方法

スカイライナー券の購入・予約方法としては

  • 当日に駅で購入する
  • 事前に駅で購入する
  • インターネット予約で購入する
  • 電話で予約する

の4つの方法があります。

予約が面倒なら、予約なしで当日にライナー券を購入することも乗れますが、全席指定席なので満席の場合は乗車できません。

 

普段はスカイライナーが満席になることはあまりないですが、土日祝日やお盆・年末年始といった行楽シーズンの時には満席になることがあります。

そのため、確実にスカイライナーを利用するのであれば、基本的には事前予約しておくことをオススメします。

 

事前に駅の窓口で予約する

京成電鉄の駅が近くにある場合には、事前に駅の窓口で購入しておくと良いです。

口頭で乗車したいスカイライナーを窓口の方に伝えれば面倒な手続きもなく、簡単にライナー券を購入できます。

事前に駅に足を運べるのならオススメの予約方法です。

 

インターネット予約

こちらの「スカイライナーインターネット予約サービス」から乗車する日時と時刻、乗車区間を入力することで予約ができます。

事前にわざわざ駅へ行かなくても予約ができるので、基本的にはインターネット予約でスカイライナー券の予約を行うと良いでしょう。

また、会員登録を行うとチケットレスサービスを利用できるので、頻繁にスカイライナーを利用する方はそちらのサービスを利用すると良いでしょう。

 

電話で予約する

スカイライナーは電話でも予約できます。⇒電話番号等は京成電鉄の「チケット購入のご案内」から

ただ、インターネット予約の方が何かと便利なので、特に事情がない限り利用することはないでしょう。

 

スカイライナーの乗車方法

乗車券はICカードでもOK

乗車券はICカードでも問題ありません。

駅の改札は自動改札となっているので、改札機にICカードをタッチすることで改札内に入ることができます。

スカイライナーでは、あらかじめ指定された座席に着席している乗客に対しては車内改札が省略されています。

 

そのため、購入したライナー券の指定座席に座っていれば、車内改札はありません。

降りる時も、自動改札機にICカードをタッチすることで改札を出ることができます。

 

まとめ

スカイライナーは、利便性では成田エクスプレスに劣るものの、速達性には優れている電車です。

乗り換えがあっても良いから、少しでも早くに成田空港へ行きたいという場合に、スカイライナーを利用すると良いでしょう。

ライナー券の予約は、いつでもどこでもできる「インターネット予約」で行うことをオススメします!