こんにちは、一人旅が好きなハヤマです!

私は日常生活や旅行共に、車を運転する機会が多いのですが、車を運転していると時にとんでもない速さで追い抜かれる時があります。

 

誰が見ても「速すぎる」と分かるぐらいだと当然スピード違反で捕まりますが、実際のところどれぐらいで取り締まりを受けるのか、その基準はとても曖昧です。

今回は、そんなスピード違反が何キロから取り締まりの対象となるのか、交通ルールの疑問について解説していきます。

1キロオーバーでも法律上は違反

法律上では例え1キロでも違反として扱われてしまいますが、現実的に、法定速度を数キロオーバーしただけで捕まることは稀です。

※絶対にないとは言えません

 

現実的に考えても、数キロ程度の速度超過で捕まえていたら警察側の労力も半端ではなく、交通の流れも妨げられてしまいます。

実際のところ、線形の良い道路では法定速度を守って走っている車は少なく、道路標識のない道路では概ね+10キロ~20キロぐらいで流れていることが多いです。

 

なお、速度標識がない場合の法定速度は一般道で原則60キロ、高速道路は最低速度50km、最高速度は100キロ(軽自動車は80キロ)となっています。

 

もちろん、この法定速度をキッチリ守ることは正しいことです。

免許を取ったばかりの頃の私も、法定速度を強く意識して運転していました。

 

しかし、時には周囲の流れに合わせることも重要であり、頑なに法定速度より遅い速度で走っていると他の車に迷惑をかけたり、変な輩に煽られる可能性もあります。

特に、線形や見通しのよい道路だったり、追い越し禁止の道路、スムーズに流れている高速道路を走る際は、なるべく周囲の流れに乗ることも重要です。

 

安全運転が第一なので無理に速度を出す必要はありませんが、状況に合わせて速度を調整することも道路の円滑な流れに必要なことと言えます。

 

どんなに急いでいても+15キロまでに抑えるべき

では、実際に速度を出すなら何キロまでが無難かと言うと、概ね+15キロまでが限度と思っていた方が良いです。

 

走行する道路にもよりますが、法定速度から15キロを超えると取り締まりを受ける可能性が高まります。

私はスピード違反で捕まったことはないので分かりませんが、世間一般では概ね15~20キロ超過から捕まるケースが圧倒的に多いです。

 

ただし、スピード違反の取り締まりは人間の目で行われていることが多いため、多少の誤差もあり得ます。

人によっては5~10キロ超過で捕まるケースもあるので、絶対に捕まらないという保証はありません。

 

また、一般道で30キロ超過、高速道路で40キロ超過が一発免停になる基準です。

道路上に設置されているオービス等の自動取り締まり装置も、30キロ超過で動作することが多いです。

 

このようなことから、例え速度を上げるとしても+15キロまでに留めておくのが無難と言えます。

速度を上げる際も周囲に十分注意し、あくまでも見通しと線形が良い場所でのみ速度を上げるようにしましょう。

 

なお、制限40キロ以下の道路は、そもそもカーブが多かったり、住宅街等で道幅が狭く、見通しが悪い道路であることが多いです。

制限速度が厳しい区間はそれだけ事故の危険が高い場所なので、そのような場所では法定速度を守って慎重に運転するようにしましょう。

 

まとめ

このように法律上では1キロでもオーバーした段階でアウトですが、現実的に数キロオーバーしただけで取り締まりを受けるケースは稀です。

取り締まる側も人間なので一概には言えませんが、法定速度から+15キロまでであれば問題ないことが多いです。

 

ノロノロ走っていていると追突事故や煽られる危険もあるので、状況次第では周囲の流れに乗ることを意識してみましょう。

とはいえ安全運転が第一であることには変わりないので、無茶な運転だけはしないよう十分注意してくださいね。

 

【黄色信号でも止まれない!】咄嗟の黄信号への対処法を考える

【渋滞が起こる5つの原因】自分が渋滞の先頭にならないための対処法

【実例アリ】信号無視で捕まるとどうなるの?減点罰金はこう!