東海道線、夕方の帰宅ラッシュの時間帯に運行されている「湘南ライナー(ホームライナー)」

湘南ライナーは帰宅ラッシュ時間帯でも座って帰れるということを売りにしている列車であるため、乗車するためには乗車券の他に「ライナー券(乗車整理券)」を購入する必要があります。

しかし、特定の区間から乗車する場合には、ライナー券を購入しなくても乗車することができます!

今回は、そのライナー券が無くても湘南ライナーに乗車する方法について分かりやすく解説していきます。

ライナー券なしで乗車するためには

syounanrainajikokudensya

まず、ライナー券なしで乗車できる湘南ライナーは、帰宅ラッシュの時間に運行される小田原方面行の下りの湘南ライナーです。(朝に運行される東京・新宿方面行きの上りの湘南ライナーでは不可

下りの湘南ライナーは、通常、東京駅または品川駅から乗る場合、座席を保証する「ライナー券」が必要になります。

【湘南ライナーで快適通勤!】ライナー券の買い方についてはこちら

syounanrainakaisokuresya

しかし、湘南ライナーが品川駅の次に停車する大船駅以降の駅から乗車する場合はライナー券は不要となります。

ライナー券が不要な理由としては、大船駅からは湘南ライナーではなく通常の快速列車として扱われるためです。

快速列車として扱われるので、ライナー券といった特別料金は設けられておらず、乗車券または定期券があれば湘南ライナーの車両に乗車することができます。

syounanarainarainaken

図で表すとこのような形です。

ライナー券なしで湘南ライナーに乗るのであれば、大船駅、藤沢駅、辻堂駅といった大船駅以降の駅から乗車しましょう。

グリーン券で乗車する

ライナー券なしで乗車するとは少し意味が違いますが、グリーン券を購入した場合、ライナー券は不要です。

湘南ライナーにはグリーン車が設置されており、グリーン券を購入すれば、例え東京駅や品川駅からの乗車でもライナー券は不要です。

ただ、グリーン券はライナー券よりも割高となってしまい今回の話とは趣旨が異なるので、ここでは省略します。

グリーン車の乗り方・グリーン券の買い方についてはこちらを参考に

ライナー券なしで乗車する場合の注意点

syounanrainakenresya

大船駅以降に停車する湘南ライナーであれば、乗車券(または定期券)だけで乗車することができますが、座席の保証(必ず座れる保証)はありません。

特に、午後7時~9時頃に運行される下りの湘南ライナーはライナー券が売り切れることも多く、乗車率がかなり高いです。

そのため、大船駅から乗車する場合には、早めに駅のホームで並んでおかないと座席に座れない可能性があります。

必ず座りたいというのであれば、東京駅か品川駅でライナー券を購入して乗車するか、大船以降で多くの乗客が降りる藤沢駅から乗ることをオススメします。

まとめ:下りの大船以降の駅からならライナー券は不要!

湘南ライナーにライナー券なしで乗車できるのは、平日の夜に運行される下りの湘南ライナーです。

大船駅以降の藤沢駅や茅ヶ崎駅といった駅から乗車するのであればライナー券は不要なので、ライナー券なしで乗車する場合には、どこの駅から乗るのかに注意しましょう。

ライナー券が無くても普通列車とは異なる快適な車両に乗ることができるので、とにかく費用を抑えたいという方はこの方法を活用させましょう!