関東の在来線の中でも屈指の複雑さを誇る「湘南新宿ライン」「上野東京ライン」

上野東京ラインが開業してからは利便性は向上したものの、その路線図は一層複雑になってしまいました。

 

特に、これら2つの路線は乗り入れ区間も多岐にわたるため、うっかり乗り間違えたり、寝過ごしたりしたら、どこに飛ばされるか分かりません。笑

今回は、そんな湘南新宿ラインと上野東京ラインの停車駅と、2つの違いについて解説していきます。

湘南新宿ラインと上野東京ラインの違い

この2つの明確な違いは、赤羽~横浜間の途中停車駅です。

湘南新宿ラインと上野東京ラインの行き先に関してはどちらも、

上り
・高崎(たかさき)
・籠原(かごはら)
・黒磯(くろいそ)※上野東京経由のみ
・宇都宮(うつのみや)
・小金井(こがねい)

下り
・小田原(おだわら)
・逗子(ずし)※湘南新宿経由のみ
・熱海(あたみ)※上野東京経由のみ
・沼津(ぬまづ)※上野東京経由のみ
・伊東(いとう)※上野東京経由のみ

のいずれかです。

 

行き先だけで判断するのは難しいですが、列車の案内掲示、車内放送でどちらを経由するかの案内があるので、急いでいる時は案内放送等に注意しましょう。

 

湘南新宿ラインの停車駅

湘南新宿ラインの場合、赤羽~横浜間は、池袋、新宿、渋谷、武蔵小杉の西回りで走るのが特徴です。

川崎や品川、新橋、東京、上野には停車しません。

 

横浜駅では、横須賀線と同じホームの9番線/10番線に湘南新宿ラインの列車が停車します。

 

湘南新宿ラインの停車駅は以下の通りです。

・赤羽(あかばね)
・池袋(いけぶくろ)
・新宿(しんじゅく)
・渋谷(しぶや)
恵比寿(えびす)
・大崎(おおさき)
・西大井(にしおおい)
・武蔵小杉(むさしこすぎ)
・新川崎(しんかわさき)
・横浜(よこはま)

 

停車駅が多い分、赤羽~横浜間の所要時間は上野東京ラインよりも数分程度長くなります。

また、横浜以南、赤羽以北は、各列車によって停車駅が異なるので注意しましょう。

 

湘南新宿ラインには、普通、快速、特別快速の3つの種別があり、快速と特別快速は途中通過駅があります。

 

特別快速は、横浜、武蔵小杉、大崎、渋谷、新宿、池袋、赤羽に停車します。

特別快速は主に日中の時間帯に1時間に1本ほど走っている列車です。

 

快速は基本的に、横浜、武蔵小杉、大崎、恵比寿、渋谷、新宿、池袋、赤羽に停車しますが、列車によっては各駅停車の場合があります。

実際に快速を利用する際は、駅案内・車内の案内にて途中停車駅を確認しましょう。

 

上野東京ラインの停車駅

上野東京ラインの場合、赤羽~横浜間は、上野、東京、品川の東回りで走るのが特徴です。

渋谷、新宿、池袋方面には行きません。

 

横浜駅では、東海道線と同じホームの5番線/6番線、東京方面の上りは7番線/8番線に上野東京ラインの列車が停車します。

 

上野東京ラインの停車駅は

・赤羽(あかばね)
・尾久(おく)
・上野(うえの)
・東京(とうきょう)
・新橋(しんばし)
・品川(しながわ)
・川崎(かわさき)
・横浜(よこはま)

となります。

湘南新宿ラインと同様に横浜以南、赤羽以北は、各列車によって停車駅が異なるので注意しましょう。

 

この区間では快速列車も走っていますが、赤羽~横浜間では通過駅はありません。

また、赤羽~横浜間であれば、基本的に上野東京ラインの列車を利用した方が早く到着します。

 

大宮より北方向の行き先

大宮駅より北は、高崎線と東北本線(宇都宮線)に分岐していきます。

 

高崎・熊谷方面へ行く列車は、高崎行き、新前橋行き、籠原行きの列車です。

高崎線内は普通列車または快速列車(快速アーバン)として運行されます。

 

関連:【高崎線の停車駅まとめ】快速アーバンと通勤快速の違いはこれ!

 

一方、東北本線へ行く列車は、黒磯行き、宇都宮行き、小金井行きの列車です。

こちらも普通列車と快速列車(快速ラビット)が走っており、列車によって途中停車駅が異なります。

 

関連:【宇都宮線の停車駅まとめ】快速ラビットと通勤快速の違いはこれ!

 

横浜以南の行き先

下りは横浜駅を境に、東海道線または横須賀線に入ります。

また、大船駅を境に、小田原・熱海方面の東海道線と、鎌倉・逗子方面の横須賀線に分かれるので注意しましょう。

 

なお、大船以西の東海道線内は普通列車または快速アクティーとして運行されます。

東海道線内の停車駅については「【通勤快速は横浜通過】東海道線の種別と停車駅について」を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:湘南新宿は西回り、上野東京は東回り

このように湘南新宿ラインと上野東京ラインでは、赤羽~横浜間の走行ルートが違います。

 

湘南新宿ラインは池袋、新宿、渋谷方面の西回り上野東京ラインは上野、東京、品川の東回りです。

 

途中停車駅が異なるので、都区内で下車する予定の方は、行き先よりも経由駅に注意しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

首都圏の電車・関連記事

【都区内パス使い方ガイド】1日750円で都区内周遊!

【関東の電車はなぜ遅いのか?】人口の多さ以外にも理由アリ

【鉄道豆知識】直通運転のメリット・デメリットを解説

 

踊り子とスーパービュー踊り子では何が違う?停車駅と料金を徹底解説

相鉄線の種別の違いはこれ!特急は日中のみで停車駅も一部のみ

横浜市営地下鉄の停車駅と混雑具合はこう!快速は日中のみ