こんにちは、鉄道旅行が好きなハヤマです。

近年は人口減少に伴い地方の鉄道路線は窮地に立たされており、それら人口希薄地帯で廃線や廃駅が相次いでいることは既にご存知かと思います。

恐らく今後は主要都市の鉄道路線を除いて、これら地方地域の鉄道路線はさらに減っていくことでしょう。

 

現在の鉄道が置かれている状況は厳しいと言わざるを得ず、これから先、鉄道に求められる役割は大きく変わってくると思います。

今回は、将来の社会を見据えて、地方と都市部で「これから鉄道に求められる役割は何なのか」をテーマに書いていこうと思います。

地方地域の鉄道は既に壊滅状態

現状の地方路線はお世辞にも便利とは言えず、人口希薄地帯においては既に、自動車や路線バスの方が合理的な移動手段となっています。

 

特に、顕著なのはJR北海道であり、北海道における大半の路線が赤字であるため、いつ廃線になってもおかしくない路線は沢山あります。

また、設備の老朽化も深刻であり、たとえ利用者がいても近い将来、物理的に列車を走らせることができなくなる可能性もあります。

 

私自身も以前、廃線が予定されている石勝線の夕張支線に乗ったことがありますが、乗客はわずか数人程度であり、その乗客も鉄道ファンや旅行者と思われる人しか乗っていませんでした。

 

普通列車に関しては利用者が極端に少なく、列車の本数も少ないため、地方地域では鉄道単体で収益を上げることは困難です。

また、列車の減便は、地元民の足である普通列車から減便されることが多く、普通列車を利用している地元民をどう救済するのかが大きな課題となっています。

 

鉄道が必要な地元民をどう救済するのか

「地方は車があるから鉄道は不要」と考えることもできますが、これはあくまでも車を所持している人や車を運転できる人に限られます。

 

地元の学生や車の運転が難しい高齢者、そして車を所持していない人にとっては鉄道の廃止は死活問題と言えるでしょう。

また、代替となった路線バスも赤字により本数が削減され、鉄道の廃止で移動に困る人(移動難民)が出てくる可能性もあります。

 

鉄道会社は営利企業と言っても公共交通機関でもあるため、合理化のためにすぐに廃線という訳にはいかず、廃線にあたっては鉄道の代替となる移動手段を検討しなくてはなりません。

今後はそのような赤字路線も増えてくるため、鉄道会社と地域自治体が密着し、廃線後の地域交通のあり方をともに模索する必要もあります。

 

単なる移動手段から旅の目的へ

地元の利用者が少ない路線であっても、沿線の景色が良かったり、他にはない魅力がある路線であれば観光路線化することも考えられます。

 

特に、近年の鉄道路線は移動手段として列車を走らせるのではなく、列車に乗ることを目的とする「観光列車」が大幅に増加しました。

観光客が増えれば交流人口が増加し、地方の活性化にも繋がるため、多くの鉄道会社が我先にと観光列車を導入しています。

 

代表的な例としては、観光ビジネスの先駆けとなった「五能線のリゾートしらかみ」や、「四季島」や「ななつ星」といった豪華リゾート列車ですね。

これらは鉄道が単なる移動手段であったものから、鉄道をそのもの楽しむことを目的とした鉄道の新しい在り方を示しています。

 

ただ、鉄道好きの私個人から見ると、この観光列車もいつかは飽和状態なってしまうのでないかとやや心配ですね。

これからはより一層、地域に根付いた独自の取り組みが求められることでしょう。

 

都市部では人口増加の問題が

地方地域の鉄道路線が人口減少により壊滅的な影響が出ているのに対して、東京や大阪、福岡といった主要都市では一極集中という正反対の現象が起こっています。

元々利用者多い都市部において、さらに利用者が増えれば輸送力不足や、満員電車が常態化するといった問題が発生し、サービスの低下を招きます。

 

今でさえ満員電車の解決が問題となっているのに、今以上に人が増えたら、増加する人口に対策が追い付かなくなる可能性もあるでしょう。

 

また、駅構内の設備や駅の案内表示といったサービス・ソフト面でも、多様化する利用者のニーズに対応させる必要があります。

 

バリアフリー設備への改修やICカードの普及、ホームドアの導入はその代表的な例と言えるでしょう。

私自身、日常的に馴染みのある駅も、ここ数年で急速にバリアフリー化が進んおり、サービスの向上を実感できます。

 

それらサービス向上と同時に、これから先は「東京オリンピック」にかけて急増するであろう外国人観光客への対応も早急な課題でしょう。

都市部の主要都市ではある程度マシになりましたが、まだまだ大量に押し寄せる外国人観光客を完全にはさばき切れていません。

他の交通機関との競争がある以上、鉄道においてもサービス向上が求められているのです。

 

まとめ:ただ列車を走らせるだけの時代は終わった

一昔前は移動手段が鉄道しかなく、地方地域の人口もそれなりに高かったために鉄道事業は大きく発展しましたが、そのような鉄道一強の時代はすでに終わっています。

移動手段も多様化する中で鉄道は厳しい競争にさらされており、地方路線ではコスト削減と赤字路線への対応、都市部においては増加する利用者や多様化するニーズへの対処が求められているのが現状です。

 

また、現状の合理化の風潮を見ると地方地域の廃線や廃駅はやむを得ず、将来は今以上に鉄道路線が縮小されていることは間違いないでしょう。

鉄道ファンの私としては寂しい思いはあるもの、こればかりは時代の流れなので仕方がありません。

やはり「乗れるときに沢山の列車に乗っておく」ことが苦肉にも私たちができる対策と言えますね。

 

【夜行列車はなぜ衰退したのか?】相次ぐ廃止とその理由を考える

【30年前の時刻表を買ってみた②】北海道の廃線ラッシュが凄まじい

北海道の鉄道はなぜ衰退したのか?廃線の理由と時代背景を考える

【葬式鉄】廃線間近になると人が殺到するその理由とは?