山形線と一部の山形新幹線が停車する「高畠駅(たかはたえき)」

高畠駅は温泉や宿泊施設が駅と直結しており、1つの駅としては非常に多機能で便利な駅となっています!

私自身、山形への旅行の際は必ず立ち寄るほど気に入っている駅であり、今回は、そんな高畠駅の魅力について紹介していこうと思います。

高畠駅のあれこれ

アクセス方法について

高畠駅は、山形線(奥羽本線)と山形新幹線の停車駅であり、列車の本数は比較的多めです。

また、駅の位置に関しても、赤湯駅は隣駅、米沢駅も2駅の距離です。

東京駅からも山形新幹線「つばさ」で乗り換えなしでアクセスできるため、利便性は十分優れています。

ただし、山形新幹線に関しては全ての列車が停車する訳ではなく、一部の列車のみ停車なので注意しましょう。

 

高畠駅の設備と温泉について

高畠の改札口は吹き抜けとなっており、開放感があります。

駅はこじんまりとしていますが、落ち着きのある雰囲気ですね。

また、上部には可愛らし時計が掛けてあり、1時間ごとにちょっとした演奏もあります。

温泉施設の高畠町太陽館は改札口のすぐ隣にあります。

温泉は朝の7時からやっているので、夜行バス等で朝一番に来たような時でも、温泉を利用できるのは嬉しいところです。

ちなみに、隣の駅の赤湯駅や米沢駅は、駅の規模は大きいものの駅近くに温泉や銭湯はありません。

その点、高畠駅は駅に着いたらすぐに温泉に入れるので非常に便利です。

 

お風呂にはシャンプーやボディーソープが備わっているので、最低限ハンドタオルを持参していけば問題ありません。(タオル代は200円です。)

お風呂自体はそこまで広くはありませんが、十分ゆっくりできます。

駅直結&入浴料300円の温泉なので、列車が来るまでの空き時間にも気軽に利用できるのが特徴です。

2階大広間の休憩室は有料(200円)ですが、入浴券とセットでも500円なのでそれでも安いです。

お風呂でゆっくり汗を流した後は、列車が来るまで休憩室でのんびりするのも良いですね。

高畠駅の列車時刻は、上り下り共に約40分~1時間間隔となっているので、一息休憩するにもちょうど良い時間と言えます。

また、休憩場所として個室も二部屋あり、1時間500円で利用できます。

個室ならグループや家族連れの方でも、安心して利用できますね。

売店やレストラン、宿泊施設のホテルフォルクローロ高畠も駅に直結しています。

温泉や売店、レストランの全ての施設が駅直結型なので、雨の日でも濡れずに移動できるのも魅力の1つです!

あらゆる施設が駅と直結している高畠駅は、私のようなめんどくさがりな人にとっても大変便利な駅だと思います。笑

また、西口の連絡通路には、高畠駅の旧駅舎に掲げられていた表札や、地域文化に関する写真などもいくつか展示されています。

時間がある際は、ぜひともギャラリーにも目を通すことをオススメします。

ちなみに、高畠駅太陽館ではレンタルサイクルが利用できるので、周辺観光に関しても抜かりないです。

 

まとめ:小さい駅だが多機能で超便利!

このように高畠駅は、宿泊施設や温泉、レストラン・売店に観光案内所など、小さい駅ながら複数の施設がコンパクトにまとまっている便利な駅です。

列車の運行間隔は40分~1時間に1本ほどですが、電車を待っている間に温泉で休憩したり、売店でお土産を買うなど、退屈することなく過ごせますよ!

旅行中の休憩地として、また周辺地域の観光拠点として高畠駅を利用することをオススメします!