こんにちは、鉄道旅行が好きなハヤマです!

2018年4月からJR東日本でサービスを開始している「タッチでGO新幹線」を皆さんはもう利用したでしょうか?

 

タッチでGO新幹線は、Suicaなどの交通系ICカード一枚で東北・上越新幹線の自由席を利用できる大変便利なサービスです。

今回は、そんなタッチでGO新幹線の利用方法や注意点、実際に使ってみた感想等について解説していきます。

タッチでGO新幹線の利用方法

タッチでGO新幹線の利用開始に必要な手順は

  1. 利用する交通系ICカード(Suica等)を用意する
  2. 自動券売機にて利用開始の手続きを行う(登録は無料)
  3. 利用前にデポジットをチャージして新幹線の自由席に乗る

の3つだけです。

 

JR東日本の「えきねっと」のようなクレジットカード登録や会員登録といった面倒な手続きはありません。

自動券売機にて「タッチでGO新幹線」の利用開始手続きを行えば今すぐ開始できます。

 

なお、利用できる区間は2018年現在、

  • 東北新幹線 東京~那須塩原間
  • 上越新幹線 東京~上毛高原間
  • 北陸新幹線 東京~安中榛名間

となっており、全ての新幹線駅で利用できる訳ではありません。

 

また、大宮駅または高崎駅にて別の方面の新幹線に乗り継ぐ場合は、タッチでGO新幹線は利用できないので注意しましょう。

※例=高崎から大宮経由で宇都宮へ行く場合/安中榛名から高崎経由で上毛高原へ行く場合など

 

利用開始までの流れ

通常、JR東日本の各駅に設置されている券売機はICカードを入れるとチャージ入金の画面になりますが、その中の「タッチでGO新幹線」という項目を選択します。

 

利用開始登録では、タッチでGO新幹線の利用方法や利用区間といった説明・注意事項が表示されます。

 

タッチでGOは全ての新幹線駅で利用できる訳ではなく、利用区間によっては通常の切符よりも高くなる可能性があるなど諸注意があります。

利用における重要事項が書かれているので各項目をよく読んでから次に進みましょう。

 

利用開始登録はタッチでGO新幹線の利用方法を確認するだけで完了します。

 

登録完了後は利用開始登録票が出てきます。

こちらは控えなので実際に新幹線を利用する時は不要です。

 

タッチでGOの料金について

2018年現在、タッチでGOの新幹線料金は通常の乗車券+自由席特急券の合計金額よりもほんの少しだけ安く設定されています。

しかし、割引率はあまり高くなく、

  • えきねっとトクだ値・お先にトクだ値
  • 金券ショップの回数券
  • 新幹線ツアー・パック旅行

といった他の割引サービスに比べるとお得感は全くなく、ほぼ正規料金と同じと考えた方が良いです。

 

タッチでGOはどちらかというと割引サービスというよりも利便性向上がメインのサービスといった感じです。

格安で新幹線に乗りたいのならタッチでGO新幹線はオススメできません。

 

また、在来線区間は別途で精算する料金形態の仕組み上、区間によっては通常の切符より割高になるケースもあるので十分注意したいです。

 

関連:【新幹線が格安に!】えきねっとでお得な割引切符を購入する方法

 

実際にタッチでGOを使ってみた

今回は、大宮駅から上野駅までタッチでGO新幹線を使用し、上野から水道橋までは在来線を利用しました。

予め券売機にてタッチでGO新幹線の登録とチャージをしていればすぐに新幹線に乗車できます。

 

新幹線改札ではいつも通りに利用登録したSuicaを改札機にタッチするだけで通れます。

いつもの電車に乗るような気軽な感覚で新幹線にも乗れるようになったのは個人的には嬉しいですね。

割引が殆どないのは残念ですが・・・。

 

ちょうど新幹線ホームに列車が来ていたのですぐに乗りました。

 

なお、タッチでGOは自由席しか乗れないため、

  • かがやき(北陸新幹線)
  • はやぶさ(東北新幹線)
  • こまち(秋田新幹線)

全席座席指定の新幹線には乗車できません。グリーン車やグランクラスも同様です。

 

急いでいる時でもタッチ1回ですぐに新幹線に乗れるのはやっぱり楽ですね。

 

大宮から数十分ほどで上野駅に到着しました。

 

新幹線改札を出るときも入った時と同様に、改札機にSuicaをタッチするだけで自動で料金が精算されます。

その後は在来線改札を出ることなく、そのまま在来線に乗り継いで、水道橋駅で降りました。

 

実際にいくら使用したのか改札機で見ることができますが、写真を撮り忘れてしまったので使用後に券売機にてSuicaの利用履歴を印字しました。

 

大宮駅時点でのSuica残高は1,915円で、水道橋到着時の残高は531円でした。

内訳を見ると、上野駅の新幹線改札を出た時点で大宮~上野間のタッチでGO料金(1,230円)が引かれ上野から水道橋までの在来線料金(154円)は別途で引かれています。

 

つまり、タッチでGOを利用して大宮~水道橋を移動すると、料金の合計は1,348円となる計算です。

 

ちなみに、今回のケースでは通常の切符を利用した方が安くなります。笑

通常の切符であれば大宮~水道橋の乗車券が470円、大宮~上野の新幹線自由席が860円の合計1,330円です。

 

在来線区間は別途精算という料金形態の都合上、タッチでGOと切符のどちらがが安くなるのか分かりづらい点は不満と言えますね。

 

まとめ:気軽に新幹線に乗れるが割引は殆どない!

今回、初めてタッチでGO新幹線を利用してみましたが、やはり切符を購入しなくてもSuicaが1枚あればすぐに新幹線に乗れるのは大きなメリットだと感じました。

個人的に、新幹線に乗る都度に切符を購入するのは面倒だと思っていたので、タッチでGO新幹線により気軽に新幹線に乗れるようになったことは利用者としては嬉しいです。

 

ただし、料金面に関してはほぼ正規料金と変わらず、区間によっては従来の切符より高くなるケースがあるのはちょっと残念です。

まだまだ試験的な感じといったところでしょうが、もう料金が安くなれば利用者も増えるのではないかと思いますね。

以上、参考になれば幸いです。

 

新幹線 関連記事

【Suicaで新幹線に乗れない?】ICカードで利用できる新幹線はあるのか?

新幹線入場券の料金とルールはこう!実際に東京駅で買ってみた

【新幹線や特急が遅延した時の対処法】2時間以上の遅延は払い戻し可能

【東北新幹線】はやぶさ・はやて・やまびこ・なすのの違いはこれ!

【グランクラスの料金と割引まとめ】コスパが良いのはどの新幹線?