関東首都圏の鉄道路線では今や当たり前になっている「鉄道路線の直通運転」

長距離を移動する際も乗り換えが不要になるので利便性は良くなりますが、遅延の増加など必ずしも直通運転がメリットばかりという訳ではありません。

今回は、そんな鉄道路線における直通運転のメリット・デメリットについて解説していきます。

直通運転のメリット

乗り換え回数の減少

直通運転の一番のメリットは、乗り換えなしで各路線を行き来できるようになるという点ですね。

直通運転により途中駅での乗り換えが不要になるので、乗り換えのための面倒な手間がなくなります。

例え1回の乗り換えといっても、駅によっては階段の上り下りが必要だったり、乗り換えホームが遠かったりする時もあるので、やはり乗り換えは少ない方が良いです。

乗り換えによる負担を軽減できるという点で、直通運転は大きなメリットと言えるでしょう。

 

所要時間の短縮

直通運転により乗り換えの手間がなくなるので、今まで乗り換えに時間のかかかっていた区間は所要時間が短縮されます。

所要時間が短くなれば新たな利用者を獲得したり、観光目的での利用者も増加が見込めるため、地味な点ですが効果は大きいです。

 

混雑率の緩和

直通運転によって、一部区間で混雑していた路線の混雑率が解消されることもあります。

例えば、上野東京ラインの開業では、常磐線が上野止まりから東京・品川方面へ直通したことで、京浜東北線と山手線の上野~御徒町間の混雑が緩和されました。

特に、上野~御徒町の区間は、かつて首都圏で最も混雑率の高い区間であったため、満員電車の解消という面でも直通運転の持つ意味は大きいと言えます。

 

直通運転のデメリット

遅延が波及しやすい

直通運転の一番のデメリットは、直通運転によって運行区間が長大になった結果、遠方で起こった遅延が路線全線まで広がりやすいという点です。

運行区間が長くなるほど遅延やトラブルの発生率も高くなるので、直通運転によって遅延が多くなった路線も少なくありません。

特に、首都圏の直通運転は各県をまたぐような長距離路線が多く、さらに利用者の数も非常に多いため、遅延が恒常化している路線もあります。

また、直通運転の場合、運行ダイヤや車両の運用も複雑化するため、ダイヤ乱れの終息にも時間がかかってしまいがちです。

 

路線図複雑化と誤乗車のリスク

直通運転を行うと1つの列車が複数の路線をまたぐので、1つの路線図に表記する情報量も膨大な量になります。

独立した路線であれば路線図も基本的に1本線になるので、行き先や途中停車駅を把握するのも容易です。

しかし、直通運転の場合は複数路線の列車・駅情報が1つにまとめられるので、路線図が複雑化し、行き先や途中停車駅を把握するのに苦労します。

また、列車の行き先が遠方の見知らぬ駅名になることにより、どの列車に乗ったら良いか分からなくなってしまうことも考えられます。

特に、直通運転の開始直後や、普段その路線を利用しない人にとっては、誤乗車のリスクがあるのもデメリットと言えますね。

 

一部区間の混雑率が増加

直通運転によって混雑率が改善される区間がある一方で、逆に混雑率が上昇する区間が出てくることもあります。

例えば、前述の上野東京ラインの場合、東京駅以南、横浜・藤沢方面の東海道線がその例と言えます。

帰宅ラッシュ時間帯における東京以南、横浜・藤沢方面の東海道線は、上野・北千住方面からの直通列車により、東京到着時点で既に座席が埋まっています。

以前は、東京駅が東海道線の終着駅だったため、全てが東京駅始発の列車であり、東京出発時点で大混雑ということはありませんでした。

直通運転により混雑が緩和される一方で、そのしわ寄せが出るのも避けられないと言えます。

 

まとめ:便利だけれども課題も多い

このように直通運転には乗り換えの手間がなくなり、利便性が向上するメリットがある一方、遅延率の増加や誤乗車のリスクなどデメリットもあります。

基本的に平常時であれば直通運転はメリットと言えますが、どこかで遅延が発生してしまうと無関係なところまで影響が出るのは直通運転の悪いところだと思いますね。