皆さんは、電車(鉄道)を利用する際に何か気を付けていることはあるでしょうか?

電車のマナーは厳格に決められている訳ではありませんが、ちょっとした行動が周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

特に、都会の満員電車では皆ピリピリしているので、マナーを守らないと思わぬトラブルに巻き込まれる危険もあります。

今回は、そんな電車マナーについて書いていきたいと思います。

電車マナーについて

鉄道会社によっても線引きは曖昧

初めに、電車内のマナーと言っても、何がダメで何なら良いかといった明確な線引きがされていることは少ないです。

鉄道会社によってもマナーの定義は異なるので、一概には言えませんが、特に気を付けるべきポイントは次の5つです。

  • 列車の乗り降りの方法
  • 混雑時の立ち位置
  • 混雑時における荷物の持ち方・位置
  • ヘッドホンの音漏れや会話
  • 電車内での化粧や飲食

以下、順番に見ていきます。

 

混雑時における列車の乗り降り

都会に慣れている人にはお馴染みですが、列車に乗車する際には、予め決められた位置(ドア位置の目安部分)に並んでおく必要があります。

JRではよく「整列乗車」と言いますが、都会はどの列車も混雑するので、だいたい整列して乗車することが殆どです。

列に割り込んで乗ろうとすると、後ろに並んでいる人の迷惑となり、注意されることもあります。

また、列車が到着したら、列車から降りる人が全て降り終わるまでは、電車に乗ってはいけません。

たまに、降りている人がいる中でも、無理に割り込んでくる人がいますが、これは降りる人にとって非常に迷惑です。

座席に座りたいがために、急ぎたくなる気持ちは分からなくはないですが、降りる人が降りきるまでは落ち着いて待ちましょう。

 

混雑時の立ち位置

列車が混雑している時は、並べく列車の中ほどに進みましょう。

ラッシュ時のドア付近はめちゃくちゃ混雑するので、基本的に混雑している時は奥まで進んだ方が良いです。

ドア付近はホームから押し込まれるので、満員電車の中でも最も辛い部分とも言えます。汗

また、電車が駅についた際、ドアが開いてもドア付近で頑なに動こうとしない人がいますが、それも非常に迷惑となります。

混雑時には、ドア付近の人はいったんホームにおりて、降りる人の道を作るのがマナーです。

変に留まろうとすると、降りる人の迷惑となり、トラブルの元にもなるので気を付けましょう。

 

混雑時の荷物の置き方

混雑時には、荷物は手前で持っておくか、座席上部の荷物棚に乗せるのが望ましいです。

近年は、忘れ物を防止するためか、荷物棚を利用する人は少なくなりましたが、やはり混雑時には荷物棚に荷物を置いた方が邪魔になりません。

特に、リュックサックなどを背負ったままだと、混雑時にはものすごく邪魔です。

これもトラブルの原因となりやすい行為の1つなので、手に持つか、荷物棚に載せるなど邪魔にならないように配慮しましょう。

また、混雑時に、空いている座席に荷物を置いて占拠する行為も迷惑になるので、列車が混雑してきたら荷物は足元か膝の上に置きましょう。

座席に座っている場合、足元より膝の上に荷物を置いておいた方が、荷物が押しつぶされずに済みます。

ヘッドホンの音漏れや会話

電車のマナーでよく問題とされるのが、ヘッドホンやイヤホンからの音漏れです。

あなたも電車に限らず、一度はどこかしらでは目にしたことがあるでしょう。

ヘッドフォン(イヤホン)の音量を上げ過ぎると、シャカシャカと音が漏れ、非常に迷惑となります。

特に、電車内は走行音でうるさいので、ついつい音量を上げてしまいがちです。

ヘッドフォンやイヤホンをする際は、音漏れしないように音量に注意しましょう。

また、列車内で大声でしゃべり続けるのも迷惑となります。

喋るなとまでは言いませんが、電車では静かにしたい人もいるので、なりふり構わず大声でしゃべるのは避けましょう。

特に、友人同士やグループで電車を利用する際は、ついつい会話が弾んで声が大きくなりがちなので注意したいです。

 

電車内での化粧や飲食

これもしばし問題となることですが、人によって、

  • 周囲に迷惑をかけなければ良いとする意見
  • みっともないからやめた方が良いという意見

の2つに分かれることが多いです。

個人的には、列車内が空いていて、他の人に迷惑をかけないなら問題ないかと思います。

ただ、混雑時に化粧や飲食をしたり、強いにおいを発するものは、さすがに迷惑となるので控えるべきかと思います。

鉄道会社によっては禁止していることもありますが、明確な罰はないので、正直、利用者のモラル次第といった感じです。

【電車内に飲食するのはマナー違反?】状況次第では問題ない?

飲食に関しては、こちらの記事も参考に。

 

まとめ:基本中の基本だが、できていない人も多い

以上が、気を付けるべきマナーですが、いかがでしたでしょうか?

「どれも当たり前のことだ!」と思った方は正常です。

そんなあなたは日頃から、周囲に迷惑をかけないよう配慮する素晴らしい方なのでしょう。

しかし、実際にはなかなかこれらマナーを守らず、周囲に迷惑をかけている人がいるのも事実です。

もしかしたら、自分が気づかないうちに、周りの人に迷惑をかけていることもあるかもしれません。

電車も快適に過ごすためには、一人一人がマナーを守って利用することが欠かせません。

どれもちょっと意識すれば防げることなので、この文章を機に、ぜひ電車でのマナーを見直してみてください。