上野駅から、群馬の草津温泉へのアクセスに便利な列車に「特急草津」があります。

特急草津は特急列車なので、乗車には乗車券の他に特急券が必要ですが、上野から長野原草津口まで乗り換えなしで移動できます!

 

今回は、そんな特急草津の停車駅や料金、乗り方等について解説していきます。

特急草津の乗り方ガイド

特急草津の停車駅と所要時間

特急草津の停車駅は以下の通りです。

・上野(うえの)
・赤羽(あかばね)
・浦和(うらわ)
・大宮(おおみや)
・熊谷(くまがや)
・高崎(たかさき)
・新前橋(しんまえばし)
・渋川(しぶかわ)
・中之条(なかのじょう)
・長野原草津口(ながのはらくさつぐち)

上野から草津温泉のアクセス口である、長野原草津口へ乗り換えなしで移動できます。

上野から長野原草津口への所要時間は約2時間20分です。

 

ただ、上野~高崎間は新幹線があるため、時間帯によっては新幹線と在来線の普通列車を乗り継ぐ方が早く到着できることもあります。

乗車時間や料金と比較して、目的にあったルートを選択しましょう。

 

特急草津の運行本数と時刻

2018年現在、特急草津の定期列車は平日1日2往復土休日は1日3往復の運転となっています。

ただし、連休中や長期休暇シーズン中には、臨時列車として増発されることがあります。

 

長野原草津口方面/下り列車

草津31号 上野9:00発⇒長野原草津口11:22着(※土休日のみ運転)
・草津1号 上野10:00発⇒長野原草津口12:18着
・草津3号 上野12:12発⇒長野原草津口14:34着

 

上野方面/上り列車

草津32号 長野原草津口12:04発⇒上野14:24着(※土休日のみ運転)
・草津2号 長野原草津口13:07発⇒上野15:26着
・草津4号 長野原草津口15:43発⇒上野18:09着

 

特急草津の編成

特急草津は651系の7両編成で運転されています。

座席は自由席、指定席、グリーン車の3つです。

 

自由席は1号車と2号車、指定席は3号車と5号車~7号車、グリーン車は4号車です。

なお、どの座席にもコンセントは付いていないので注意しましょう。

 

ちなみに、特急草津には車内販売があります。

 

ちなみに、グリーン車は関東の特急列車としては珍しい3列シート(2列+1列)の座席です。

他の4列グリーンに比べると座席が大きくゆとりがあるので、JR東日本の車両としては乗り得なグリーン車だと思います。

 

関連:乗りトクなグリーン車どれ?オススメは3列シートの特急列車

 

特急草津の料金

主な区間の料金は以下の通りです。(下段は特急料金のみ)

上野から自由席指定席グリーン車
熊谷2,070円
930円
2,590円
1,450円
3,100円
1,960円
高崎
新前橋
3,280円
1,340円
3,800円
1,860円
5,340円
3,400円
渋川3,610円
1,340円
4,130円
1,860円
5,670円
3,400円
中之条3,930円
1,340円
4,450円
1,860円
5,990円
3,400円
草津口4,750円
1,730円
5,270円
2,250円
6,810円
3,790円

 

大宮から自由席指定席グリーン車
高崎2,250円
930円
2,770円
1,450円
3,280円
1,960円
新前橋2,420円
930円
2,940円
1,450円
3,450円
1,960円
渋川2,590円
930円
3,110円
1,450円
3,620円
1,960円
中之条3,280円
1,340円
3,800円
1,860円
5,340円
3,400円
草津口3,930円
1,340円
4,450円
1,860円
5,990円
3,400円

※指定席は通常期の料金です。繁忙期・閑散期の違いについてはこちら

 

利用できる割引切符

特急草津には、えきねっとトクだ値のような有力な割引切符がなく、他の特急列車に比べると割引に乏しいです。

利用できる割引切符としては、実質乗車券が割引となる

の2つだけです。

 

週末パス

週末パスは土日祝日の週末限定のフリー乗車券です。

一人8,730円と高めですが、特急草津が走行する上野~長野原草津口の全区間がフリーエリアとなっています。

 

週末パスは乗車券タイプの割引切符なので、特急券は別途で購入する必要があります。

有効期限は2日間なので、泊りがけで草津へ行く場合や、遠方から草津を訪れる際にオススメの切符と言えます。

 

なお、週末パスは利用開始の前日までに購入しておく必要があるので注意しましょう。※当日購入不可

詳細は「週末パスの購入方法と使い方」を参考にして頂ければと思います。

 

休日おでかけパス

休日おでかけパスは、上野~熊谷間がフリーエリアとなっています。

この区間であれば別途特急券を購入することで、特急草津を利用できます。

 

草津・高崎方面には行けませんが、途中区間の利用であればオススメの切符です。

詳細は「休日おでかけパスの活用方法」を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:草津温泉へのアクセスに便利な列車!

このように特急草津は上野駅から高崎を経由し、草津温泉のアクセス口である長野原草津口駅を結ぶ列車です。

乗車には乗車券の他に特急券が必要なので、予め自由席特急券または指定席特急券を購入しておきましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

関東の電車・関連記事

常磐特急ひたち・ときわの違いはこれ!停車駅には要注意

【スーパービュー踊り子の乗り方ガイド】個室の利用方法はこう!

【特急踊り子の乗り方ガイド】停車駅や料金を徹底解説!

【湘南新宿ラインの停車駅はこれ!】上野東京ラインとの違いについて

スーパーあずさ・あずさ・かいじの違いを分かりやすく解説