東京~山形間は片道約359kmであり、国内の移動としては比較的短距離の区間です。

この区間の移動手段としては、

  • 山形新幹線
  • 在来線普通列車
  • 飛行機
  • 高速バス・夜行バス

の4つの移動手段があります。

今回は、その東京~山形間の各移動手段について比較・解説していきたいと思います。

東京~山形間の移動手段

山形新幹線(つばさ)で行く

山形新幹線は東京駅~山形駅間を結んでおり、所要時間はおおよそ2時間30~40分前後です。

山形新幹線(つばさ)は、東京~福島間は東北新幹線のやまびこ号と連結して運転しています。

新幹線のメリットは、何といっても定時性に優れるという点と、乗り換えなしで山形駅まで行けるという点です。

特に、仕事で東京~山形間を移動するという方にとっては、定時性は非常に重要なポイントでしょう。

また、新幹線は車内空間にも余裕があるので、ある程度荷物が多くても快適に過ごすことができます。

普通席でも座席のシートピッチには十分ゆとりがあるので、2時間半ほど乗っていも疲れることは少ないです。

 

料金に関しては自由席車両が設けられている分、新幹線の中では比較的安く利用できる路線です。

東京~山形を自由席利用で片道10,450円となります。

指定席(通常期)は11,340円。学割で自由席を利用した場合は9,260円となります。

通常料金はやや高めですが、えきねっとの「えきねっとトクだ値」や「お先にトクだ値」を利用すれば、山形新幹線を10%~35%引きで利用できます。

特に、お先にトクだ値なら割引率も高いため、予め移動する日程が決まっているのであれば「えきねっと」を利用すると良いです!

参考:えきねっとの使い方や切符の予約方法を分かりやすく解説!

新幹線は通常料金こそ高いものの、定時性や利便性、快適性の3つの点で優れている移動手段なので、時間通りに移動したい場合や移動時間も快適に過ごしたいという方にオススメと言えます。

 

在来線普通列車で行く

東京~山形間であれば普通列車だけでも1日で移動することは可能です。

新幹線を利用せずに移動した場合、必要になるのは乗車券(運賃)の5,940円だけです。

乗り換えは多いですが、片道7時間ほどで東京~山形間を移動できます。

朝一番で出発すれば昼過ぎには到着できるため、普通列車だけで移動するとしてもそれほど難しくはありません。

普段は高速バスの運賃よりも割高なのでオススメできませんが、青春18きっぷの利用期間であれば実質2370円で東京~山形を移動できます。

高速バスや夜行バスと比べると料金や利便性の面で劣りますが、電車の旅が好きな方や、青春18きっぷを利用する方にオススメの移動手段と言えますね。

飛行機

東京(羽田)~山形空港の所要時間はちょうど1時間ほどです。

他の移動手段と比較しても所要時間は圧倒的に短く、東京の羽田空港と山形空港の立地も比較的良いため、空港アクセスにもそれほど時間はかかりません。

山形空港から山形市内までがバスで30分、山形駅が40分ほどであり、飛行機のダイヤに合わせてシャトルバスが運行されています。

 

運賃に関しては、格安航空のLCC路線もなく大手航空会社のみ運行しているため、全体的に運賃は高めです。

早割(75日前)を利用すれば片道約9,000円で利用できますが、通常は片道12,000円ほどかかってしまいます。

できる限り安く飛行機を利用するのであれば早めの予約が重要です。

総合的に、多少料金が高くてもできる限り早くに移動したい場合に飛行機はオススメの移動手段と言えますね。

 

高速バス・夜行バス

東京~山形間は、昼行の高速バスと夜行バスの両方のバスが運行されており、選べるバスの数は多いです。

昼行便の所要時間は7時間~8時間ほどであり、午前に出発して、目的地には夕方に着くことが多いです。

夜行バスも6時間~7時間ほどかかりますが、こちらは寝ている間に移動するので時間的なデメリットはありません。

また、夜行バスとしては比較的短距離となるので、東京~秋田や東京~青森といった長距離路線に比べて体力的にも疲れづらいです。

 

料金は利用する日時によっても変わってきますが片道2,500円~4,000円ほどであり、他の移動手段と比較してもかなり安いです。

東京~山形を格安で移動したい場合や、朝一番に現地に到着したい場合にオススメの移動手段と言えますね。

 

まとめ:どの移動手段も選択肢となり得る区間

東京~山形間は、国内の移動としては遠すぎず近すぎない距離なので、どの移動手段も優良な選択肢となり得る区間です。

各移動手段の特徴をまとめると

  • とにかく早さ重視なら飛行機
  • 定時性と利便性重視なら新幹線
  • コスパ重視なら高速バスか夜行バス
  • ゆっくりと電車の旅をしたい方は在来線

といった感じです。

また、必要になる料金(運賃)を安い順で並べると

  1. 高速バス・夜行バス/青春18きっぷ
  2. 山形新幹線(えきねっと:お先にトクだ値35%割引)
  3. 飛行機(早割)
  4. 山形新幹線(通常料金)
  5. 飛行機(通常料金)

といった順になります。

どの移動手段もメリット・デメリットが異なるので、目的に応じて各移動手段を使い分けていきましょう!

以上、参考になれば幸いです。