続いては新幹線から乗り換え、この旅のメインである特急いなほ7号秋田行きのグリーン車に乗ってまいります!

特急いなほは、白新線(はくしんせん)と羽越本線(うえつほんせん)の二つの路線をまたいで新潟~酒田/秋田間を結ぶ特急列車となります。

そして、特急いなほのグリーン車はAB席(二人掛けの席)は日本海を一望できる席なので、ABの2人席が空いているならぜひとも選択しましょう!

今回は、その特急いなほに乗った体験記について書いていこうと思います。

特急いなほのグリーン車で秋田へ!

私が初めて一人旅に出かけた時に初めて乗った特急列車がこの特急いなほのグリーン車であったために、この列車は非常に思い入れがあります。

そして、今回の記事にも気合が入ります!笑

tabidensyatokyunaho-3

まず特急いなほのグリーン車は車両の末端の1号車にあります。

tabidensyatokyunaho-102

グリーン車内はこんな感じです。座席数が非常に少なくゆったりとした空間となっています。

今現在では比較的珍しい1列+2列の座席構成となっています。(日本海の景色を一望するなら2列の席/A席かB席がオススメです!)

平日ということもあり乗客率は低く他にグリーン車に乗っていた人は私含めて4~5人ほどです。一方の自由席や指定席の方は座席の40%ほどが埋まっていました。

特急いなほに限ったことではありませんが、グリーン車は料金が高いということもあり繁忙期を除いて満席になることはあまりないです。

ただし、いなほの場合には窓から見える景色が良い二人掛けのA席B席が人気な傾向にあります。良い景色を見たいのであれば早めに予約をすると良いでしょう。

tabidensyatokyunaho-93

座席のリクライニングを最大まで倒した状態です。座席の前後には仕切りがあるので後ろを気にすることなくリクライニングできます!

tabidensyatokyunaho-9

いなほのグリーン車は各座席の前後には大きな仕切りがあるので、他のグリーン車とは違いプライバシーも比較的守られています。

のんびりと一人で旅をする私にとってはこのような半個室のような雰囲気がたまりません!

tabidensyatokyunaho-6

ただ、仕切りがある分、身長が高いあるいは足が長い人の場合には足を思いっきり伸ばすことは難しいでしょう。

ちなみに、身長170cmちょっとの私の場合、特に窮屈さを感じることはありませんでした。

tabidensyatokyunaho-8

テーブルはひじ掛けに収納されており、広げるとノートパソコンをおける程度の広さがあります。

また、ひじ掛けの下にはコンセントもついているため電子機器の充電も可能です。(二人掛けの席は中央のひじ掛けの下、一人掛けの席は通路側のひじ掛け下。)

トイレ/お手洗いは2号車との間のデッキにあります。

tabidensyatokyunaho-23

tabidensyatokyunaho-33

tabidensyatokyunaho-38

tabidensyatokyunaho-62

さて、私が特急いなほのグリーン車に惹かれた理由ですが

  • のどかな田んぼの景色と日本海の美しい海の景色を一度に眺められること
  • あらゆるグリーン車の中でもハイクオリティな座席と車内の雰囲気
  • 特急列車でも程よく揺れ動く車内

の3つです。(あくまでも個人の主観ですが。笑)

個人的に景色が楽しめる昼間の時間帯であるならば私は間違いなくグリーン車をオススメします!(別に私は鉄道会社の回し者ではありません。笑)

densyatabitokyuinaho7goukipu

新潟~秋田の乗車時間は約3時間40分ほどですが、グリーン車の場合にはふかふかのシートのおかげで全く疲れません!

ただ、特急いなほは海沿いを走ることから列車はかなり揺れます。

まあ、程よく揺れた方が列車で旅をしている気分になれるので個人的には列車の揺れは気になりませんが・・・。

もし乗り物酔いしやすいというのであれば事前に酔い止めを飲んでおくと良いでしょう。

tabidensyatokyunaho-39

今回乗ったいなほは15時01分発の列車であり、ちょうど夕方の時間帯でした。

個人的に、夕焼けの景色は非常に好きな雰囲気なのでただ外の景色を眺めているだけでも楽しいです。

tabidensyatokyunaho-69

tabidensyatokyunaho-78

そして、日本海の景色が一番楽しめる区間は坂町駅~鶴岡の区間です。天気が良ければ日本海を一望できますよ!

(今回は途中から天候が悪化してしまいました・・・・。涙)

tabidensyatokyunaho-83

17時を過ぎた頃にはすでに日も暮れてしまったので景色を楽しむことはできなくなりました。その代りとして、車内販売で購入した幕の内弁当をいただきます。(一つ1000円です。)

tabidensyatokyunaho-87

幕の内弁当は以前いなほに乗った時にも食べたことのある弁当であり、これが2回目です。ほど良い味付けでどれも美味しく頂きました。(個人的にはまいたけの天ぷらが一番好きですね。)

弁当を食べ終わった頃には、象潟駅を過ぎており、目的地まで残り1時間を切っていました。

tabidensyatokyunaho-88

4~5人ほど乗車していた他のお客さんも途中で降りたみたいで車内は私だけとなりました。ほぼ貸し切り状態です。(それでも車内販売の販売員はやってきます。笑)

グリーン車に他の乗客が居ないので少し車内を見て回ります。

tabidensyatokyunaho-98

こちらはグリーン車の先頭である1Cの一人掛け席です。一番前の座席は前に仕切りがないので思いっきり足を伸ばせます。

tabidensyatokyunaho-99

他に乗客がいないので少しだけ試しに座ってみました。思いっきり伸ばしきっても壁にぶつかることはありません。

この座席は他の席と違って身長が高い/足が長い人でも思いっきり足を伸ばせるので、長身の方は1A/1B/1Cの座席を選択すると良いでしょう。

tabidensyatokyunaho-101

また、グリーン車の場合、どの座席でも1席あたりの窓の大きさは変わりません。私もまた今度乗るときには一番前の席にしてみようかと思います。

ただし、秋田方面から新潟方面へ向かう場合は座席の向きが反対向きになるのでこのスペースを活かせるのは新潟から酒田/秋田方面へ行く特急いなほのみとなるので要注意です。

tabidensyatokyunaho-104

そんなこんなで、残りの時間をゆったりと過ごしているとあっという間に新潟駅に到着です。

約3時間40分の乗車でしたが、グリーン車のふかふかシートのおかげで疲れることもなく列車の旅を満喫できました!

今日はもう夜なので秋田で一泊した後、次の朝、青森行きのリゾートしらかみに乗車する予定です。

ここまでの全体感想

特急いなほのグリーン車は座席の質や雰囲気が素晴らしく、さらに窓から見える景色も抜群ということから個人的にはぜひともオススメしたいグリーン車です!

グリーン車なので料金は高くなりますが、それに見合う価値は十分にあるかと思います。

新幹線からの乗り継ぎ切符なら特急料金も割引になるのでそれら割引も上手く活用させると良いですね!

新潟~秋田間を始発から終点まで乗り通す予定の方や電車での旅が好きな方は、一度は特急いなほのグリーン車に乗ることをオススメします!

次はリゾートしらかみに乗って青森駅へ向かいます!(クリックで移動します)