2017年4月21日から運用が開始された「特急リバティ」

リバティは、特急スペーシアと同じ路線を走る特急列車ですが、運行形態が少し異なるので注意が必要です。

今回は、そのリバティの主な停車駅や切符の予約方法、特急料金について分かりやすく解説していきます。

また、私自身、運行初日の特急リバティに乗ってきたので、車内設備や乗車記についても紹介していきます。

特急リバティとは

特急リバティは、3両編成の列車を連結することにより、乗り換えなしで日光・鬼怒川・会津田島方面へ行くことができる列車です。

従来の特急スペーシアの場合、列車の行き先と目的地によっては途中駅での乗り換えが必要でした。

しかし、特急リバティの場合、目的地に合わせて各列車を切り離すことができるので、乗り換えなしで日光・鬼怒川方面へ行くことが可能になったという訳です。

 

浅草から東武動物公園や下今市までは連結して走り、そこから先は、日光方面と鬼怒川・会津、館林方面へと列車を分割して運転します。

JRで言うところの「成田エクスプレス」や「サンライズ出雲・瀬戸」、「特急みどり・特急ハウステンボス」と似たような運行形態です。

参考:JR九州の特急かもめ・みどり・ハウステンボスの違いはこう!

 

列車の名前は行き先によって異なり、

  • 東武日光行き:「リバティけごん」
  • 鬼怒川温泉・新藤原行き:「リバティきぬ」
  • 新藤原より先、会津田島方面行き:「リバティ会津」
  • 久喜・館林方面行き:「リバティりょうもう」

となっています。

 

特急リバティの停車駅

特急リバティは

  • リバティけごん・きぬ・会津
  • リバティけごん・りょうもう

の2つで途中停車駅が少し異なります。

リバティけごん・きぬ・会津の停車駅

リバティけごん・きぬ・会津の停車駅は次の通りです。

連結運転 浅草
とうきょうスカイツリー
北千住
春日部
杉戸高野台(※)
板倉東洋大前(※)
栃木
新鹿沼
下今市(※分割・併結作業)
分割運転 会津 きぬ けごん
大谷向 東武日光
大桑
新高徳
小佐越
鬼怒川温泉
鬼怒川公園
新藤原
龍王峡
川治温泉
川治湯元
湯西川温泉
中三依温泉
上三依塩原温泉口
男鹿高原(※)
会津高原尾瀬口
七ケ岳登山口(※)
会津山村道場(※)
会津荒海(※)
中荒井(※)
会津田島

(※)の駅は一部列車のみ停車します。

リバティけごん・きぬ・会津は、下今市までは連結運転、そこから先は分割してそれぞれの目的へと向かいます。

主に、「リバティけごん・会津」で運転されることが多いですが、列車によっては「リバティけごん・きぬ」の場合もあります。

 

リバティけごん・りょうもう

リバティけごん・りょうもうの停車駅は次の通りです。

連結運転 浅草
とうきょうスカイツリー
北千住
春日部
東武動物公園

(※分割・併結作業)

分割運転 けごん りょうもう
杉戸高野台 久喜
栃木 加須
新鹿沼 羽生
下今市 館林
東武日光

けごん・りょうもうの場合、東武動物公園で分割・併結作業が行われます。

リバティりょうもうの方は、栃木と群馬にある両毛地区へのアクセスに優れた列車であり、東武伊勢崎線に直通します。

けごん・きぬ・会津のリバティとは停車駅が異なるので注意しましょう。

 

特急リバティの料金

リバティは特急列車なので、乗車券(運賃)の他に特急券が必要になります。

また、特急スペーシアと同様に、特急リバティも全席指定席の列車なので、満席時には乗車できません。

浅草からの運賃と特急料金は次の画像の通りです。

特急リバティの特急料金は、特急スペーシアの土日料金と同じです。

平日、休日で特急料金に差はなく、距離に応じて特急料金も高くなる仕組みなので、特急スペーシアよりは分かりやすい料金形態と言えます。

 

リバティの予約方法

特急リバティの予約方法は、特急スペーシアなど他の特急列車と同じであり、

  • 駅の窓口または自動券売機で購入
  • 旅行代理店(東武トップツアーズ)
  • インターネット予約

の3つの方法があります。

近くに東武鉄道の駅がない場合には、「東武鉄道インターネット予約申込」で予約するのがオススメです。

特急券は、乗車になる日の1ヶ月前の9時から予約ができます。

 

特急リバティの車内設備・乗車記

今回利用したリバティは「リバティけごん・会津」で栃木駅まで利用しました。

リバティ会津は満席だったので、私が実際に乗車したのは「特急リバティけごん11号」で、浅草を朝の9時に出発する列車です。

朝6時30分発の一番列車は満席でしたが、こちらの列車は僅かに空席が残っていたので、券売機で切符を予約しました。

 

浅草駅には多数の鉄道ファンも訪れており、皆さん写真を撮っていました。

運行初日は平日の金曜日ということもあり、家族連れは見かけられず、多くはサラリーマンか外国人観光客、そして私のような鉄道ファンでしたね。

列車はピカピカの新車なので、映り込みも激しいです。

 

列車内は、近年の特急列車と同じく広々と落ち着いた雰囲気となっています。

(運行初日ということもあり、新車のゴムっぽいニオイがしましたが・・・。笑)

始発の浅草駅からの乗車率は5割程度であり、春日部を出るとほぼ満席状態になりました。

連結している部分も通り抜けが可能ですが、やや通路が狭いです。

大きな荷物を持っている場合は通路を通り抜けるよりも、指定した号車の出入り口から直接入った方が良いです。

座席は特急列車としては十分なスペースがありリクライニングもできるので、長時間の乗車でも疲れません。

座席を回転させて、ボックスシートにすることもできます。

座り心地に関してもほどよい硬さであり、ちょうどいい感じですね。

また、最新の特急車両ということから走行音は静かで、列車の揺れも少ないです。

 

足元の空間も十分に確保されています。

身長の高い人でも窮屈な思いをすることはないでしょう。

 

各座席にはコンセントが1つ付いています。スマホの充電に関しても心配いりません。

全ての座席にコンセントが設けられているのは、さすがは最新の特急列車といった感じでしょう。もちろん「TOUB FREE Wi-Fi」も利用することができます。

ちなみに、ひじ掛け部分は斜めになっているので、手を置いていても疲れません。

些細なことですが、少しでも快適に過ごすための工夫が施されていますね。

 

座席前面のテーブルは比較的コンパクトですが、ノートパソコン程度なら問題なく置ける大きさです。

また、ひじ掛け部分にも小さいテーブルが収納されています。

お菓子を食べたり、ジュースを飲む分にはピッタリな大きさです。

 

座席前面のテーブル部分には、列車の設備についての案内があります。

2号車、5号車の中間部分にトイレやAEDが設置されています。

ちなみに、特急リバティに車内販売や自動販売機はないので注意しましょう。

 

今では当たり前となった「多目的トイレ」もしっかり完備されています。

また、2号車、5号車のデッキ付近の座席は、車いす方の利用を想定してかB・C・D席がありません。

出入り口も広いので、車いすの方でも安心して利用できる列車ですね。

特急リバティは1編成わずか3両ですが、車内設備に関しては必要な設備は全て揃っているため、目的地までの移動時間を快適に過ごすことができます!

私も実際に利用してみて、やはり快適な列車だと思いました。新型車両ゆえに、快適性は抜群と言えますね!

ただ、列車のスペースの関係からか、特急スペーシアと違って車内販売と個室席がないので、その点は十分注意しましょう。

参考:【特急スペーシア】個室の利用方法や料金はこれ!

 

まとめ:利便性・快適性共に素晴らしい特急列車!

特急リバティは、最新の新型車両が使われていることから、快適性・利便性ともに大変優れている列車です!

以前は、特急スペーシアでも乗り換えが必要になる場合がありましたが、特急リバティが登場したことで、日光・鬼怒川方面へ行くにも乗り換えなしで行けるようになりました!

日光・鬼怒川・会津田島方面へのアクセスに大変便利な列車なので、もし日光や鬼怒川へお出かけするのであれば、ぜひともリバティを利用してみてはいかがでしょうか。

以上、参考になれば幸いです。