東京から仙台、盛岡、新青森、新函館北斗駅を結ぶ「東北新幹線(北海道新幹線)」

私自身、東北が好きなので東北新幹線は何度も利用していますが、東北新幹線にはお得な割引切符が多く、上手く利用すれば格安で新幹線に乗ることができます!

 

今回は、そんな東北新幹線の割引切符について解説していきます。

東北新幹線の割引切符

えきねっとトクだ値

「えきねっとトクだ値」は、JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」から予約できる、ネット限定の片道割引切符です。

 

中でも、13日前までの予約で購入できる、お先にトクだ値の割引率は30%~35%と非常に高く、新幹線を格安で利用できる貴重な割引切符です!

また、年に数回ほど期間限定で50%割引の「えきねっとトクだ値スペシャル」が発売されることもあります。

 

主な区間の割引切符は以下の通りです。

  • 東京~盛岡・新青森:5%または25%(はやぶさ利用)
  • 東京~仙台・盛岡:10%~35%(やまびこ利用)
  • 東京~郡山:10%~35%(なすの利用)

 

片道から利用できる割引切符の中では最も割引率が高いので、東北新幹線を利用するなら、えきねっとに登録しておいて損はありませんよ!

 

ただし、トクだ値切符は数量限定なので、予定が決まり次第早めの予約が必要になります。

関連:えきねっとで切符を予約する方法

 

回数券/金券ショップのバラ券

東北新幹線には回数券が販売されていますが、金券ショップであれば各回数券のバラ券を購入することができます。

割引率は概ね10%前後といった感じですが、事前予約は不要で、購入すればすぐに利用できるのが特徴です。

 

直前になって新幹線に乗りたい場合は、主要駅近くの金券ショップにて回数券を探してみると良いですね。

 

ただし、GWの4/27~5/6、お盆休みの8/11~20、年末年始の12/28~1/6には利用できないので注意しましょう。

 

週末パス

週末パスは土日祝日の週末限定のフリー乗車券です。

料金は大人8,730円、子供2,560円です。

 

東北新幹線で利用できるエリアは、東京~仙台~くりこま高原、また東京~山形・新庄のエリアです。

週末パスは乗車券タイプの割引切符なので、特急券は別途で購入する必要があります。

 

ただ、新幹線で往復するなら、普通に乗車券を購入するよりも週末パスを利用した方が安くなるケースが殆どです。

例えば、東京~福島・仙台、宇都宮~仙台を往復するだけで元が取れます。

 

有効期限は2日間なので、土日の泊りがけで遠方から訪れる際にオススメの切符ですよ!

 

なお、週末パスは利用開始の前日までに購入しておく必要があるので注意しましょう。※当日購入不可

詳細は「週末パスの購入方法と使い方」を参考にして頂ければと思います。

 

JRの株主優待券

JR東日本の株主優待券を利用すれば、東北新幹線の料金が2割引き、または4割引きとなります。

株主優待券は、JR東日本の株主になるか、金券ショップにて優待券を購入できますが、1枚2,000円前後が相場です。

 

株主優待券は入手するのに手間がかかり、なおかつ東京~新青森、東京~秋田といった、長距離利用でないと大した割引になりません。

個人的にはあまりオススメできませんが、長距離利用であれば検討してみる価値はありますね。

 

往復&宿泊込みならパックツアー

往復の新幹線と、ホテルをセットで利用するのなら、新幹線パックツアーもオススメです。

新幹線のチケットとホテルの予約を個別に手配するよりも安く利用でき、なおかつ手間もかかりません。

 

トクだ値切符ほど安くはありませんが、利用の数日前でも予約することができます。

切符や宿泊施設の予約が面倒な方はパックツアーで一緒に予約すると良いですね。

お得なJR+宿プランはこちらから!

 

まとめ:割引率ならトクだ値が最もオススメ!

このように東北新幹線で利用できる割引はいくつかありますが、割引率で見ると「えきねっとトクだ値」が最もお得になります。

ただ、トクだ値切符は人気の切符なので、予定が決まり次第、早めに予約する必要があるので注意しましょう。

 

事前予約ならトクだ値切符、直前であれば回数券や週末パス、宿泊施設込みなら「新幹線パック」など、用途に応じて割引切符を使い分けましょう!

 

【タッチでGO新幹線使用記】登録方法の解説と実際に使ってみた感想

安すぎて不安!旅行会社の新幹線パックやツアーが安い3つの理由

【東北新幹線】はやぶさ・はやて・やまびこ・なすのの違いはこれ!