通勤通学から観光まで幅広く活躍し、関東の大動脈とも言える路線の1つ「東海道線(東京~熱海)」

現在は、東京より北は上野東京ラインとして常磐線や高崎線に直通している路線です。

そんな東海道線の区間内には、臨時列車を除くと

  • 特急
  • 湘南ライナー
  • 快速アクティー
  • 通勤快速
  • 普通
  • 特別快速(品川行き)

の6つの種別が走っています。

今回は、その東海道線の種別の違いや停車駅について解説していきます。

東海道線の種別の違い

特急:最も早いが日中のみで要特急券

東京~熱海の区間では、「特急踊り子」と「特急スーパービュー踊り子」の2つの特急列車が走っています。

※一応、品川止まりの特急「ひたち」「いわき」や寝台特急の「サンライズ」もありますがここでは割愛します。

どちらの特急も東海道線では最も早い列車ですが、日中の時間帯に数本のみの運転であり、通勤時間帯には走りません。

東海道線内の主な停車駅は

  • 東京
  • 品川
  • 横浜
  • 小田原
  • 湯河原
  • 熱海

となっています。

熱海より先は伊東線に入り、最終的に「伊豆急下田」まで走る列車です。

また、列車によっては我孫子や柏、北千住といった、常磐線に直通することもあります。

特急列車なので速達性に優れていますが、利用には特急料金(特急券)が必要です。

また、スーパービュー踊り子は全席指定席の列車なので、自由席特急券では乗車できません。

スーパービュー踊り子に乗車の際は、指定席特急券を購入しましょう。

 

湘南ライナー:平日限定の通勤ライナー

湘南ライナーは、平日の朝夕ラッシュ時間帯に運転される座席指定の列車です。

朝は、小田原駅からの出発。夜は、東京や新宿から発車します。

乗車には乗車券の他に、座席指定券であるライナー券が必要です。

通勤ラッシュの時でも座席に座れるのが売りの列車であり、停車駅に関しても他の列車と大きく異なります。

特に、神奈川のターミナル駅である「横浜」は通過するので注意が必要です。

詳しくは「湘南ライナーの乗車方法を解説!」にまとめましたのでそちらを参考に。

 

快速アクティー:藤沢~小田原間の一部駅が通過

快速アクティーは東海道線内の快速列車であり、一部の駅を通過します。

曜日に関わらず、日中の時間帯に数本(1時間に1本程度)で運転しています。

通過する駅は、藤沢~小田原間の

  • 藤沢(ふじさわ)
  • 辻堂(つじどう)
  • 茅ヶ崎(ちがさき)
  • 平塚(ひらつか)
  • 大磯(おおいそ)
  • 二宮(にのみや)
  • 国府津(こうづ)
  • 鴨宮(かものみや)
  • 小田原(おだわら)

赤色で記した4駅のみ通過します。

東京~藤沢間、小田原~熱海間で通過駅はありません。

そのため、東京~藤沢間、小田原~熱海間では「快速」と「普通」のどちらを利用しても、所要時間は変りません。

 

通勤快速:平日の夜に運転される快速列車

通勤快速は、平日の夕方、帰宅ラッシュ時に運転される列車です。

全ての列車が東京駅始発の小田原行きであり、東京方面への上り列車に通勤快速はありません。

2017年4月時点では、平日の19時以降に3本のみ運転されています。

停車駅は

  • 東京
  • 新橋
  • 品川
  • 大船
  • 藤沢
  • 茅ヶ崎
  • 平塚
  • 国府津
  • 小田原

となっており、通勤快速は神奈川のターミナル駅である横浜駅を通過します。

藤沢以南の停車駅は「快速アクティー」と同じです。

川崎と横浜駅を通過する列車なので、品川駅を出発すると大船駅まで降りることができません。

 

通勤快速は東海道線の中でも、とりわけ誤乗車しやすい列車です。

横浜駅を通過する列車は、湘南ライナーと通勤快速だけなので、不慣れな人からしたら間違えるのも無理はないでしょう。

特に、「急いで飛び乗ったら通勤快速で横浜を通過した」というケースは少なくありません。

品川を出るまでに気が付けば良いですが、もし気が付かなかった場合、大船駅で折り返す羽目になります。

私自身、横浜在住の者なので、間違えて通勤快速に乗った時はめちゃくちゃ焦りました。笑

川崎駅、横浜駅で降りる予定の人は、通勤快速には乗らないよう十分注意してください。

 

普通:東海道線の各駅停車

普通は、東海道線内では全ての駅に停車する各駅停車の列車です。

運行本数は他の種別に比べて非常に多く、日中の時間でも約10分に1本間隔でやってきます。

また、各駅停車といっても、東京~横浜間は、並走する京浜東北線よりも早いです。

もともと東海道線は、並走する横須賀線・京浜東北線よりも停車駅が少ない路線であるため、各駅停車でも十分速達性に優れます。

他の種別に抜かされることも少ないので、実際のところ普通でも所要時間に大差はありません。

 

特別快速:帰宅ラッシュ時は需要がない列車

東京~品川間は上野東京ラインの区間でもあるので、常磐線からの直通列車として「特別快速」も走っています。

ただ、この特別快速、東海道線内は東京、新橋、品川にしか停まりません。

夕方ラッシュ時の東京駅の下りホームにも、この特別快速の品川行きがやってきますが、品川止まりだけに利用客が殆どいない列車となっています。

例え乗ったとしても品川駅で再度列車を待つことになるので、品川以南の各駅へ行く場合には、後続の普通列車を待ちましょう。

東京駅から横浜、小田原方面へ帰宅する人にとっては、乗っても意味がない列車です。

一応、品川駅で京浜急行や他の路線に乗り換えるというのであれば、利用価値はあるかと思いますね。

 

余談ですが、この「特別快速:品川行き」は上野東京ラインの開業当時から、利便性の悪さで話題となっています。

横浜在住の私にとっても、帰宅ラッシュ時の特別快速・品川行きは、正直誰が得するのか疑問に思いますね。笑

帰宅ラッシュ時の時だけでもどうにかしてほしいものです。

 

まとめ:通勤快速の停車駅には要注意!

東海道線には6つの種別がありますが、基本的に、快速アクティーか普通を利用することが多いでしょう。

曜日に関わらず運転される「快速アクティー」は、辻堂、大磯、二宮、鴨宮を通過します。

そして、平日の夕方に運転される「通勤快速」は川崎と横浜も通過します。

特に、横浜を通過する通勤快速は誤乗車しやすいので、急いでいる時も焦らず種別を確認しましょう。

以上、参考になれば幸いです。