東京駅から成田空港を結ぶ空港リムジンバスの1つ「京成高速バス(東京シャトル)」

東京シャトルは片道900円で利用できる格安な移動手段であり、成田までの交通費を抑えたい方にオススメのバスです。

今回は、そんな東京シャトルに実際に乗ってみたので、乗車方法とその感想等について解説していきます。

東京シャトルバスに乗ってみた

東京シャトルバスの通常運賃は大人子供同一で1,000円ですが、インターネットで2日前までに予約すると片道900円で利用できます。

既に予定が決まっている方は早めにバス乗車券の予約をしておくと良いです。

 

バス停での待機列は予約した人の列とそうでない列の2つあり、予約しないで来た場合は予約者がバスに乗った後、先着順でバスに乗り込みます。

予約者が多いとすぐに満席になってしまうので、予約なしだとバスに乗れず、1~2本待たされる可能性があります。

特に、飛行機は乗り遅れのリスクが大きいので、例え前当日でも予約しておいた方が良いでしょう。

 

今回乗車したバスは、東京駅八重洲北口前を9時ちょうどに出発するバスで、成田空港第3ターミナル到着は10時15分を予定しています。

 

バス停は東京駅八重洲口北改札を出た後、向かいの交差点を渡った先にあります。

少し駅改札から離れているので、時間に余裕を持って移動した方がよさそうです。

 

バス停は小さいですが待合室も用意されています。

ただし、待合室・バス乗り場にトイレはありません。

基本的にバス車内にもトイレは付いていないので、予め東京駅やコンビニのトイレを利用すると良いでしょう。

 

バスの出発時刻が近づくと、予約者の列から順番に乗車カードを受け取り、バスに乗車する際に運転手に渡します。

この日は平日ですが思っていた以上に利用者は多く、予約なしの人で9時のバスに乗れたのは4人だけでした。

ちなみに、外国人観光客の姿も多く見受けられます。

 

早速バスに乗り座席に座ります。座席は自由席なので前方に座りたい方は、早めに待機列に並んでおくと良いでしょう。

座席はいたって普通の高速バスと言った感じですね。私は身長172cmぐらいですが若干狭い印象です。

まあ、乗車時間は第3ターミナルまで乗っても1時間半ぐらいなので我慢できます。

平日の朝ラッシュの中、荷物をもって電車に乗るよりはマシです。笑

 

コンセントは各座席に1か所付いています。

また、無料のwi‐fiもあるので移動時間を快適に過ごせます。

 

バスは宝町から首都高に入り、成田空港へと進んでいきます。

京葉道路を通って成田へ行くルートのようです。

 

今回乗ったバスは10分遅れで出発した後、途中で渋滞にも巻き込まれたので計30分ほど遅れてしまいました。

なお、到着する順番と東京駅からの所要時間の目安は

  • 第2ターミナル北(約60分)
  • 第2ターミナル南(約65分)
  • 第1ターミナル(約70分)
  • 第3ターミナル(約75分)

の順番です。

空港間の移動時間や遅延のリスクを考慮した上でバスを選択しましょう。

 

乗車してから約1時間30分ほどで、終点の成田空港第3ターミナルに到着です。

30分ほど遅れての到着でしたが、時間に余裕をもって早いバスを選択しておいたので飛行機の搭乗に影響はありませんでした。

 

個人的に、多少時間がかかっても乗り換えなしで、なおかつ格安で利用したい人にはオススメの移動手段だと思います!

 

まとめ:片道900円で成田に行けるのは魅力的!

このように東京シャトルは、2日前までの事前予約をすれば東京駅⇔成田空港を片道900円という破格の料金で移動できます。

バスなので時間が読めないのはデメリットですが、片道900円で成田空港へ行ける交通機関は他にないです。

時間に余裕がある方や、東京⇔成田を格安で移動したい方はぜひとも東京シャトルを利用してみてはいかがでしょうか?

以上、参考になれば幸いです。

公式リンク:東京シャトル