私にとって、毎年最後の一大イベントである「コミックマーケット(冬コミ)」

コミケが行われるのは東京ビッグサイトであり、最寄り駅はりんかい線の国際展示場駅となっています。

新横浜在住の私の場合、国際展示場に行くには東急東横線と大井町線、りんかい線を乗り継ぐことになりますが、「東急お台場パス」を利用すればお得に移動できることを知りました!

今回、コミックマーケットに行く時にちょうど「東急お台場パス」を使用してきたので、その買い方や使い方等について解説していきます。

東急お台場パスの使い方ガイド

東急お台場パスは、東横線各駅から大井町までの往復乗車券と、大井町からのりんかい線が乗り降り自由になるお得な切符です。

この切符は通年で発売されているため、時期に関わらずいつでも購入できます。

主な区間の料金は、

  • 渋谷:850円
  • 武蔵小杉:810円
  • 自由が丘:750円
  • 菊名:890円
  • 横浜:910円
  • 中央林間:1,020円
  • 長津田:970円
  • 溝の口:850円

となっています。(子供料金は半額)

全体的に通常のきっぷに比べて単純に往復するだけでも安くできるので、東急沿線からお台場方面に足を運ぶのであれば、この切符を利用した方がお得です。

特に、りんかい線は通常運賃がやや高い鉄道路線なので、りんかい線で何度か乗り降りすればさらにお得になります。

 

切符の買い方と使い方

切符の予約はできず、使いたい日の当日に購入します。

切符の買い方もいたって単純で、東急線各駅の自動券売機から購入できます。

(ただし、同じ東急でも、大井町駅と世田谷線、こどもの国線の各駅からは購入できないので注意しましょう。)

 

東急お台場パスは切符なので「きっぷを買う」を選びます。

 

最初の画面左側のおトクなきっぷの欄を選択し、その中から「東急お台場パス」を選択します。

料金を支払うと東急お台場パスが発券されます。

発券される切符は1枚で、有効期限は当日までとなります。

切符は自動改札機に対応しているので、自動改札機に切符を入れて通りましょう。

 

ちなみに、東急線の各駅から大井町駅までは往復利用のみ有効です。

東急線内で途中下車してしまうとその切符は無効となるので注意しましょう。

りんかい線内(大崎駅は除く)では乗り降り自由なので、毎度切符が排出されます。

切符の取り忘れには十分注意しましょう。

 

実際に使ってみた

東急大井町線に乗るためには、東横線からだと「自由が丘」または「大岡山」で乗り換えとなります。

今回は菊名から自由が丘へ行き、大井町線に乗り換えました。

なお、大井町線には急行が走っているので、大井町まで行くのなら急行を利用しましょう。

 

大井町からはりんかい線に乗り換えます。

りんかい線は地下ホームなので乗り換えには5分ほどかかる感じですね。

りんかい線の改札も東急お台場パスを入れて通りましょう。

 

この日はコミケ3日目だったので大井町駅はかなり混雑していました。

りんかい線内は大崎駅を除いて乗り降り自由なので、あとはお台場周辺を思う存分楽しむだけです。

 

東京ビッグサイトの最寄りは国際展示場駅です。コミケを楽しんだ後はそのまま帰りました。

関連:コミケって何?コミケに行くなら何時に行くべきか。

ちなみに、お台場に行きたい場合は1つ手前の東京テレポート駅が最寄りとなります。

 

まとめ:東急沿線に在住の方なら便利!

今回はコミケの会場である国際展示場駅で1回降りただけで、りんかい線内で他の駅は利用していません。

しかし、この「東京お台場パス」を利用すると往復890円(通常運賃1060円)になり、単純に往復するだけでも約15%ほど安くなります。

りんかい線のフリー区間で何度か乗り降りすればさらにお得になるので、個人的にはかなり使い勝手の良い切符だと思いました。

東急沿線からお台場や東京ビッグサイトへ行く際は、この東急お台場パスを活用してみてはいかがでしょうか?

以上、参考になれば幸いです。