こんにちは、国内旅行が好きなハヤマです。

夜行バスといえば私もよく利用している乗り物ですが、かつて、これら高速バスには「ツアーバス」と「高速路線バス」の2つの種類がありました。

現在、これら2つのバスは「新高速乗合バス」として1つに統合されており、私たち利用者側からするとその違いを感じる機会は殆どありませんが、詳しく見ていくと今でもいくつかの違いがあります。

今回は、そんな旧ツアータイプのバスと、高速路線バスとの違いについて解説していきます。

旧ツアーバスの特徴

旧ツアーバスとして代表的なバス会社は

  • ウィーラーエクスプレス
  • VIPライナー
  • さくら観光
  • ジャムジャムエクスプレス

といったバス会社です。

「ツアー」という名にもある通り、かつては旅行商品の1つとして扱われていたため、公道上にバス停がありませんでした。

現在では乗車場所・降車場所のバス停が決められていますが、高速路線バスに比べるとバス停の位置がバス会社によって異なるケースが多いです。

 

例えば、東京駅発着のバスを見ていくと、従来の高速路線バスの多くは八重洲南口にバス停がありますが、旧ツアーバスや比較的最近になって登場したバス路線の場合、駅から少し離れた東京鍛冶場駐車場がバス停となっています。

また、バス会社によっては自社専用のターミナルやラウンジを設けているケースもあり、例えばVIPライナーならVIPラウンジと呼ばれる専用の乗り場・待合室があります。

 

バス車内のサービス面に関してもバス会社によって特徴があり、アイマスやスリッパ、空気清浄機などがサービス面でも充実しているバスは数多いです。

同じバス会社でも価格によってバスのグレードが違うこともあるので、複数のバスの中から自分の利用スタイルに合ったバスを選びやすいという特徴もあります。

 

運賃は安いが割高な時期もある

ツアータイプのバスは今も昔も、高速路線バスに比べて運賃が安いという特徴があります。

ただし、安いとは言っても曜日ごとに価格の変動が激しく、需要と供給に合わせて運賃が変化しやすいということもツアーバスの大きな特徴です。

 

基本的に、ツアータイプのバスは金曜を除いた平日と、金曜・土日祝日とでは運賃に倍以上の差が出ます。

特に、年末年始やGW、お盆といった超繁忙期には、通常の2~3倍以上の運賃となることもあるため、ツアーバスが必ずしも安いとは限りません。

関連:【夜行バスに安く乗るコツ】最安値を狙うなら平日がオススメ

さらに、キャンセル料に関してもツアーバスの方が条件が厳しく、払い戻し手数料が高い傾向にあります。

 

高速路線バスの特徴

高速路線バスの代表的なバス会社は

  • JRバス
  • 東北急行バス
  • 京浜急行バス

といったバス会社が挙げられます。

高速路線バスは全体的に歴史が長く、乗客を目的地へ運ぶことを一番の目的としています。

路線バスである以上、従来のツアーバスのように「人数が少ないと運行しない」ということはなく、ほぼ毎日運行されている高速バスです。

 

バス停・停留所に関しても高速路線バスの方が全体的に多く、複数の乗降場所から自分の利用スタイルに合ったバス停を選択できるのが特徴です。

また、路線バスなのでバス停には待合室が設けられていることが多く、バス停の場所もツアーバスに比べて分かりやすいです。

 

一方、サービス面に関しては良くも悪くも従来式であり、ツアーバスに比べると目立ったサービスはありません。

高価格帯のツアーバスにはTVモニターや高級シート、半個室状の座席といった変わったサービスが売りとなっていますが、高速路線バスは運賃が高くてもそのようなサービスを提供している会社は少ないです。

ただ、近年ではツアータイプのバスとの競争に対抗するため、従来の高速路線バスでもサービス向上を図っているバスは増えてきていると言えます。

 

運賃は高いが時期による差額は小さい

ツアーバスに比べると高速路線バスは通常運賃が高い反面、曜日による価格差は小さいのが特徴です。

基本的に乗車場所・降車場所によって価格が決まっており、曜日による差額は1000円~2000円前後であることが殆どです。

年末年始やお盆、GWといった超繁忙期でも、ツアーバスほど価格が高騰することはないので、早めに予約すればツアーバスよりも安く利用できるケースもあります。

 

価格の変動幅が小さく、いつでも同じ値段で利用できるというのは高速路線バスの大きな特徴と言えます。

 

まとめ:運賃は今でもツアーバスの方が安い

このように現在は「新高速乗合バス」として統一されてはいるものの、細かく見ていくと乗降場所や運賃、サービス面などが異なります。

運賃に関してはツアーバスの方が全体的にかなり安く、快適性でもツアーバスの方が優れていることが多いです。

ただし、ツアータイプのバスは予約のタイミングや乗車時期による価格の変動が大きく、必ずしも安いとは限らないので注意しましょう。

 

一方、安心と信頼という意味では歴史の長い高速路線バスの方が優れているため、どちらを重視するかは利用者の価値観次第と言えます。

私自身はバス選びの際にこれら2つの違いを意識することはありませんが、どちらにしても自分の利用スタイルに合ったバスを選択しましょう。

以上、参考になれば幸いです。