こんにちは、一人旅が好きなハヤマです。

前回、「ツアーと個人手配ではどちらがお得か?」という記事にて、ツアー旅行と個人手配の違いについて触れました。

「個人手配は直前になると高い」とは言っても、具体的な金額についてはなかなかイメージしずらいかと思います。

そこで今回は、ツアー旅行と個人手配をそれぞれ同じ条件で見積を立て、実際にどちらが安くなるのか試算していきます。

設定条件

今回のツアー旅行と個人手配を比較するにあたって設定した条件は

  1. 東京発着で山形へ旅行に行くと仮定
  2. 含める費用は現地までの往復交通費と宿泊費
  3. 移動手段は新幹線で固定

の3つです。

 

そして、この条件の下で比較するのは

  1. 予定の1か月以上前に予約する場合
  2. 1週間前~直前に予約する場合

を、それぞれツアー旅行と個人手配で比較していきます。

ツアー旅行では旅行会社大手の「日本旅行・新幹線パック」を、個人手配では私がいつも旅行プランを練る際に利用している手順で最安値を調べていきます。

シーズン等により多少の誤差はあると思いますが、およその目安として参考にしていただければと思います。

 

1か月前に予約する場合の費用

ツアー旅行の場合

ツアー旅行の場合は旅行プランの基本料金に加えて、割増料金が発生することがあります。

利用する列車時間を調整すれば最安値に近い料金で利用できますが、旅行先や利用路線によっては割増料金の列車を利用しないと不便なこともあるので注意したいです。

 

 

ツアー旅行はプランによって値段に差がありますが、今回の東京~山形の例で見ると概ね2万5千円~3万円前後のプランが多いです。

GWやお盆といった繁忙期には値段が高くなりますが、それでもシーズンごとの基本料金は固定であるため、個人手配より旅費が大きく変動することは少ないです。

やはり最初の段階で必要になる旅費が概ね分かるのはツアー旅行のメリットと言えますね。

 

個人手配の費用

個人手配の場合、山形新幹線には最大35%割引の「えきねっとトクだ値」が利用できます。

この割引切符を往復分用意すれば新幹線の料金を格安にできるため、ここではその割引切符の利用を仮定しましょう。

 

東京~山形を新幹線で往復すると通常片道11,340円(通常期)かかりますが、お先にトクだ値(30%割引)を利用すれば片道7,930円で利用できます。

往復で利用すると料金は約16,000円となり、宿泊費を1泊約5,000円と仮定すると、総額は約2万円~2万5千円ほどです。

 

私の経験上、1か月以上前に予約するのであれば、基本的にツアー旅行よりも個人手配の方が安くできることが多いです。

また、宿泊施設の中には1泊5,000円以下で泊まれる宿もありますし、仮にも片道の移動手段を高速バスに変えた場合、さらに料金を安くすることもできます。

旅行が1か月以上先で自分で旅行プランを練ることが好きな方は、個人手配で旅行プランを立てた方が良いでしょう。

 

1週間前~直前に予約する場合

ツアー旅行の場合

ツアー旅行の場合はシーズンによってある程度基本料金が決まっているため、直前でも料金が変わることは少ないです。

ただし、売り尽くしセールといった形で通常よりも安いプランが登場することもあります。

 

ツアー旅行は予約のタイミングによって最安値のプランが変わることもあるため、予約の際は複数のプランから比較検討してみると良いです。

今回の東京~山形の例で見ると、先ほどと同様に料金は約2万5千円~3万円前後といった感じですね。

 

個人手配の費用

1週間前~直前に個人手配で予約する場合、利用できる割引は少なく、交通費・宿泊費共にかなり高くなる可能性があります。

1週間前だと先ほど紹介した割引切符「お先にトクだ値」も利用できません。

 

「週末パス」という直前でも使用可能な割引切符を利用しても、新幹線での往復交通費は19,530円となります。(週末パス8,730円+往復の新幹線特急券5,400×2)

 

また、宿泊施設の予約も直前になってからだと空き部屋のあるホテルが少なく、料金の高いホテルしか残っていない可能性もあります。

そのため、往復の新幹線料金と宿泊費を合計すると、最低でも約2万5千円~となるケースが多くなります。

個人手配は直前になると選択肢や割引率の面でツアーに劣るため、直前の手配であればツアー旅行の方がオススメと言えます。

 

まとめ:直前の予約ならツアーが有利

このようにツアー旅行と個人手配では予約する時期や旅行先によって、どちらが安いかは変わってきます。

私の経験上では、1か月以上前の予約であれば基本的に個人手配の方が安くできる可能性が高いです。

一方、新幹線パックは直前でも値段が安く、複数人での利用なら割安になるため、旅行スタイルに合わせて手配方法を選択していきましょう!

以上、参考になれば幸いです。