こんにちは、一人旅が好きなハヤマです。

皆さんは旅行に行く際にどのような方法で旅行プランを計画しているでしょうか?

私は一人旅がメインなのでほぼ個人手配ですが、格安旅行が目的なら「ツアー旅行」や「新幹線パック」などを利用した方が安くなるケースが多いです。

今回は、「なぜツアーや新幹線パックを利用した方が個別手配よりも安くなるのか?」その理由について解説していきます。

格安ツアーが実現できる理由とは?

キャンセルの可能性が低い

ホテルを個人手配する場合は予約サイトから個々に予約しますが、この予約は基本的に宿泊日の直前までキャンセル料がかかりません。

私のように気ままな一人旅がメインの人なら、直前になって宿泊場所を変えるというケースは多々あることでしょう。

そのような個人手配の場合、ホテル側にとっては必ずしも予約者が宿泊してくれるか分からないため、セットプランに比べると宿泊費を高く設定していることが多いです。

 

一方、ツアーの予約の場合は予約段階で利用者の旅行日程がほぼ決まっているため個人手配に比べるとキャンセルの可能性が低くなります。

ホテル側としては極力空き部屋を出したくないため、キャンセルの可能性が低いツアー利用者には価格を下げて提供し、少しでも多くの人に利用してもらいたいという訳です。

 

これは新幹線の切符や航空券に関しても同じことが言えます。

ツアーであれば予約段階でどの便・列車を利用するのかを確定させるため、確実に空席を埋めることができます。

仮にも、余った座席が多くてもそのままにしておくより「売り尽くしセール」といった形で売ってしまえば、多少なりとも収益増加に繋がりますよね。

正規料金のチケットに比べて、確実にお客を確保できることが格安で販売できる理由の1つです。

 

閑散期の需要を補うため

シーズンにおける宿泊施設の需給バランスもツアーの安さと関係しています。

一般的にホテルや旅館と言った宿泊施設は、土日休日に比べると平日は少なく、オフシーズンには土休日でも利用者が少ないホテルは多々あります。

そのような閑散期の場合は通常の料金ではお客が少なくなってしまうため、値下げをして少しでもお客さんを確保しようとします。

 

上記のキャンセルの可能性が低いことと関係して、閑散期でも確実に収益を上げられる可能性が高いことから、格安で利用することができるのです。

地域によって多少異なりますが、一般的にツアー代金が安くなる時期は、GWを除いた4月~6月、10月~11月あたりです。

 

逆に、GWやお盆、年末年始といった繁忙期は価格が高く設定されているため、格安旅行には向いていません。

繁忙期に少しでも安く旅行に行きたい場合は、選択肢に余裕のある数か月前から予約を取りましょう。

 

顧客の確保

予約サイトにてプランを検索すると分かりますが、ツアーの多くは往復共に同じ航空会社を利用することが条件となっていることが殆どです。

例えば、ANAを利用するのであれば行きも帰りもANAとなり、航空会社からすると顧客の確保に繋がります。

 

これは新幹線利用の場合でも同様であり、ツアーだと往復新幹線となるので、高速バスや飛行機など他の交通機関に顧客が流れる心配がありません。

ツアー専用の割引を設定することにより、他の航空会社や交通機関に顧客が流れることを防げるということも安さの秘訣と言えるでしょう。

 

まとめ:ツアーが安いのは需給の関係

このようにツアー旅行の方が料金が安くなるのは、基本的に安定した顧客の確保と需要と供給のバランスから成り立っています。

時に安すぎると感じることもありますが、それは閑散期だったり、空席が多い時だったりと需給バランスの変動によるものだからです。

少しでも格安で旅行に行きたい方は、同じツアーでも基本料金が安い時期やセールを狙ってツアーを予約することをオススメします。

 

なお、新幹線を利用するなら日本旅行の新幹線セットプランがお得です。

新幹線とホテルを個別に予約するよりも安くなるケースが殆どなので、往復新幹線利用なら新幹線セットプランを利用しましょう。

以上、参考になれば幸いです。