こんにちは、鉄道旅行が好きなハヤマです!

特急つがるは、青森・弘前~大館・秋田を走る特急列車であり、乗車には乗車券の他に特急券が必要になります。

 

列車本数は1日3往復と数少ない特急列車ですが、弘前や大館エリアのアクセスに便利な特急列車です!

今回は、特急つがるの停車駅や料金、格安で利用する方法等について解説していきます。

特急つがるの停車駅と車両編成

・青森(あおもり)
・新青森(しんあおもり)
・浪岡(なみおか)
・弘前(ひろさき)
・大鰐温泉(おおわにおんせん)
・碇ヶ関(いかりがせき)
・大館(おおだて)
・鷹ノ巣(たかのす)
・二ツ井(ふたつい)
・東能代(ひがしのしろ)
・森田(もりたけ)
・八郎潟(はちろうがた)
・秋田(あきた)

特急つがるは1日3往復運転で、全列車が上記の全駅に停車します。

列車は4両編成で、自由席と指定席、グリーン車が付いていません。

 

基本的に、自由席は青森よりの3号車と4号車、指定席は秋田よりの1号車の半室と2号車です。※グリーン車は1号車の半室

列車によって自由席と指定席の数が変更になる場合があるので注意しましょう。

 

なお、特急つがるには車内販売がありません。※座席にコンセントもありません。

乗車前に食べ物・飲み物等を購入しておくことをオススメします。

 

特急つがるの通常料金

主な区間の通常料金は以下の通りです。

※下段は特急料金のみの金額です。また指定席料金は全て通常期です。

青森から自由席指定席グリーン車
弘前1,180円
510円
1,700円
1,030円
2,210円
1,540円
大鰐温泉1,350円
510円
1,870円
1,030円
2,380円
1,540円
大館2,420円
930円
2,940円
1,450円
3,450円
1,960円
鷹ノ巣2,590円
930円
3,110円
1,450円
3,620円
1,960円
東能代3,610円
1,340円
4,130円
1,860円
5,670円
3,400円
秋田5,080円
1,730円
5,600円
2,250円
7,140円
3,790円

 

新青森から自由席指定席グリーン車
弘前1,090円
510円
1,610円
1,030円
2,120円
1,540円
大鰐温泉1,350円
510円
1,870円
1,030円
2,380円
1,540円
大館2,250円
930円
2,770円
1,450円
3,280円
1,960円
鷹ノ巣2,590円
930円
3,110円
1,450円
3,620円
1,960円
東能代3,610円
1,340円
4,130円
1,860円
5,670円
3,400円
秋田5,080円
1,730円
5,600円
2,250円
7,140円
3,790円

 

秋田から自由席指定席グリーン車
東能代1,900円
930円
2,420円
1,450円
2,930円
1,960円
鷹ノ巣2,420円
930円
2,940円
1,450円
3,450円
1,960円
大館3,280円
1,340円
3,800円
1,860円
5,340円
3,400円
大鰐温泉3,610円
1,340円
4,130円
1,860円
5,670円
3,400円
弘前3,930円
1,340円
4,450円
1,860円
5,990円
3,400円

 

なお、JR特例で、青森と新青森を相互に利用する場合に限り、特急券なしで自由席に乗車できます。

 

特急つがるで利用できる割引切符

特急つがるで利用できる割引切符には

  • 津軽フリーパス
  • 青森ホリデーパス
  • 学割
  • 乗り継ぎ割引

といった切符があります。

 

津軽フリーパス

津軽フリーパス」は、弘前を中心としたフリー観光乗車券です。

 

乗車券タイプの切符なので別途で特急券が必要ですが、「青森~弘前~碇ヶ関」がフリーエリアとなっています。

大人2,060円、子供1,030円で、有効期限は2日間です。

 

なお、津軽フリーパスはJR線以外にも、弘南鉄道や津軽鉄道、弘南バスも利用できるので、弘前エリアの観光・周遊の際にとても便利な切符です!

私ハヤマ自身も、過去に津軽フリーパスを利用して津軽観光をしたことがありますが、とても便利な切符でした!

 

詳細は「【津軽フリーパス使用例】冬の田んぼアートと弘前雪祭りを満喫した!」を参考にして頂ければと思います。

 

青森ホリデーパス

青森ホリデーパス」は、青森周辺を中心にフリーエリアが設定されている土休日限定のお得な切符です。

特急つがるで利用できるのは青森~弘前間となります。※乗車には要特急券

 

利用できる区間は限られますが、青森~八戸間の青い森鉄道や、大湊線も利用できるため、青森周辺を散策する際はこちらも便利です。

値段は大人2,470円、子供1,230円で、有効期限は1日です。

 

学割

学生さんなら学割を利用することで乗車券を安くできます。

片道の移動距離が101キロ以上で利用でき、乗車券が2割引きになります。※特急券は要別途購入

 

特急つがるの場合、青森~秋田が185km、弘前~秋田で148kmなので、主要駅間の利用なら学割を利用できます。

 

⇒「【学生証だけでは買えない!】学割乗車券の購入方法について

 

乗り継ぎ割引

乗り継ぎ割引とは、東北新幹線と在来線を乗り継ぐ場合に、特急つがるの特急料金(自由席・指定席)が半額になるJRの割引制度です。

 

例えば、東京~新青森を東北新幹線で移動し、新青森から特急つがるに乗り継ぎ、弘前へ行く場合を例にしてみます。

通常、新青森~弘前間の特急料金は指定席で1,030円ですが、この乗り継ぎ割引を利用すると、指定席特急料金が510円の半額になります。

 

ただし、乗り継ぎ割引を利用するには、基本的に当日中に新幹線と在来線を乗り継ぐ場合のみ有効で、なおかつ新幹線と特急つがるの特急券を同時購入することが条件です。

 

また、秋田新幹線も乗り継ぎ割引対象外です。

秋田駅で特急つがる(または秋田新幹線)に乗り継いでも割引にはならないので注意しましょう。

 

乗り継ぎ割引の詳細については「乗り継ぎ割引切符のルールと購入方法」を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:安くなるのは乗り継ぎ割引ぐらい

このように特急つがるには、利用できる割引は数少なくえきねっとトクだ値のような大幅な割引切符もありません。

しかし、津軽フリーパスや、乗り継ぎ割引を利用すれば多少なりとも割安になるので、できるだけそれら割引を活用させたいところです。

 

個人的には、津軽フリーパスがとても便利だったので、弘前観光であれば津軽フリーパスを利用してみてはいかがでしょうか?

以上、参考になれば幸いです。

 

【東北新幹線に安く乗る方法】新幹線で使える割引はこれ!

【北海道新幹線は高い!】新幹線を格安で利用する方法と代替手段

【津軽海峡フェリー乗船記】往復フェリーで函館に日帰り旅行してみた