長野の松本と東京・新宿を結ぶ、JR東日本の特急列車「あずさ」「かいじ」

2019年3月16日のダイヤ改定で従来の「スーパーあずさ」は「あずさ」へ統合され、新宿~松本の中央特急は「あずさ」と「かいじ(信州かいじ)」の2つになりました。

 

また、使用車両もE353系に統一されたことで、車両変更や料金形態、割引切符についても従来の中央特急から変更されます。

今回は、そんな2019年3月以降の「あずさ」と「かいじ」の停車駅や料金、2つの違い等について解説していきます。

<関連記事>

特急あずさの停車駅

・東京(とうきょう)
・新宿(しんじゅく)
・立川(たちかわ)
・八王子(はちおうじ)
・大月(おおつき)
・甲府(こうふ)
・韮崎(にらさき)
・小淵沢(こぶちざわ)
・茅野(ちの)
・上諏訪(かみすわ)
・下諏訪(しもすわ)
・岡谷(おかや)
・塩尻(しおじり)
・松本(まつもと)

太字の駅は全てのあずさが停車します。

途中停車駅は列車によって異なるので注意してください。

なお、一部のあずさに大糸線の白馬・南小谷まで行く列車があります。

 

特急あずさは、旧スーパーあずさ同様、中央線で最も速達性に優れている列車であり、中央線の各主要駅にのみ停車します。

新宿⇒松本の最短は2時間25分(特急あずさ11号/松本行)、他の列車も概ね2時間45分前後となっています。

 

特急かいじの停車駅

・東京(とうきょう)
・新宿(しんじゅく)
・立川(たちかわ)
・八王子(はちおうじ)
・大月(おおつき)
・塩山(えんざん)
・山梨市(やまなしし)
・石和温泉(いさわおんせん)
・甲府(こうふ)
・竜王(りゅうおう)

特急かいじの運転区間は東京・新宿~甲府・竜王であり、あずさに比べて短距離の特急列車です。

なお、一部の「信州かいじ」として、小淵沢・上諏訪・松本方面へ行くかいじが運行される場合があります。

 

途中の停車駅もあずさより多く、特急かいじは東京~甲府間の主要駅を利用する際に便利な特急列車です。

また、一部のかいじは新宿~大月間で「特急富士回遊」と連結して走ります。

<関連記事>

あずさ・かいじの乗車方法について

「あずさ」「かいじ」は、常磐特急「ひたち」「ときわ」と同様に、座席指定型の着席サービスとなっています。

グリーン車以外は全て座席指定車両になり、従来の自由席はありません。

 

特急に乗車する際は、座席を指定する「座席指定券」または座席を指定しない「座席未指定券」が必要になります。

※同じ区間(例;新宿~甲府)なら、「あずさ」「かいじ」のどちらを利用しても料金は同じです。

また、座席指定券と未指定券で料金に差額はありません。

 

座席未指定券を利用する場合は、座席上部にあるランプを確認します。

ランプの状態は、

  • 赤ランプ:利用可能
  • 黄色ランプ:後から指定券で乗車する人がいる
  • 緑ランプ:既に利用している人がいる

となっており、基本的には赤ランプの座席を利用できます。

黄色ランプの場合は、途中から指定券で乗車する人がいるので、その人が来た場合には座席を渡す必要があります。

 

あずさ・かいじの料金

主な区間の料金は以下の通りです。

※下段は乗車券+特急料金の内訳です。

区間料金
新宿~大月2,360円
1,340円+1,020円
新宿~甲府3,890円
2,310円+1,580円
新宿~茅野5,650円
3,410円+2,240円
新宿~松本6,620円
4,070円+2,550円

なお、車内で特急券を購入すると260円の割増となるので、予め乗車前までに座席指定券または未指定券を購入しておきましょう。

 

ちなみに、座席指定券から指定券に変更する場合、手数料なしで指定券に変更できます。

また、繁忙期・閑散期などのシーズンによる料金はありません。

 

まとめ:あすざは速達タイプ、かいじは停車タイプ

このように特急あずさは、東京・新宿~松本を走る速達タイプで、かいじは東京・新宿~甲府を結ぶ短距離型の特急列車です。

ただし、同じ特急でも列車ごとに途中停車駅は異なるので、停車駅の確認は忘れないようにしたいです。

あずさ・かいじを利用する際は「座席指定券」または「座席未指定券」を購入しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

<関連記事>