こんにちは、一人旅が好きなハヤマです。

旅行やビジネスでも重要な移動手段である飛行機は、概ね座席ごとに

・エコノミークラス(普通席)
・プレミアムエコノミー
・ビジネスクラス
・ファーストクラス

の4つのクラスに分けれています。(国際線の場合)

同じ飛行機に乗っている以上、どの座席でも到着時刻は同じですが、クラスが上がると受けられるサービスや座席の質が向上します。

今回は、そんな飛行機の座席クラスによる違いや各クラスの特徴について解説していきます。

エコノミークラスの特徴

エコノミークラスはどの航空会社も設定している、最もリーズナブルで一般的な飛行機の座席クラスです。

座席もサービスも最低限のクラスなので、運賃(料金)は最も安く、早割やセールなどで格安航空券を購入することもできます。

 

座席は概ね窓側・中央席・通路側の3列または4列配置で、一人でも多くの乗客を乗せられるよう、一人当たりの座席空間は最小限になっています。

サービス面では、通常のチェックインカウンターを使用。また、機内持ち込み品や受託手荷物の規定も「一人当たり20kgまで無料」といった決まりがあり、機内への搭乗順番も基本的には最後です。

 

なお、国内線の格安航空会社(LCC)の場合は、基本的に全ての座席がエコノミークラスであり、指定する座席位置で料金やサービスに差を設定しているパターンが多いです。

例えば、バニラエアの場合、機体前方部分はアップフロント席となっており、乗り降りに時間がかからない分、料金が少し高めに設定されています。

 

プレミアムエコノミーの特徴

プレミアムエコノミーは、エコノミークラスとビジネスクラスの中間に位置するクラスであり、両者で開きすぎた料金・サービス格差を緩和するため、比較的最近になって導入されたクラスです。

プレミアムエコノミーは主に国際線で使用されており、国内線では「JALのクラスJ」がプレミアムエコノミーに近い座席クラスと言えます。

 

座席はエコノミークラスよりも少し余裕のある配置になっており、座席もフットレストが付くなど快適性が向上しています。

サービス面でもプレミアムエコノミー専用の受付を使用したり、各航空会社のラウンジもプレミアムエコノミーから使用できます。

 

ただし、機内食や機内サービスに関しては、基本的にエコノミークラスと同様です。

 

運賃はエコノミークラスより高くなりますが、ビジネスクラスほど高額ではありません。

座席サービスと料金を比較するとコスパは良く、「エコノミーは辛いがビジネスは高すぎる」という方にオススメの座席と言えます。

 

ビジネスクラスの特徴

ビジネスクラスはプレミアムエコノミーから、より豪華になった上級クラスの座席です。

ビジネスクラスは、プレミアムエコノミーから座席がさらに快適になり、機内食も大幅にグレードアップします。

特に、機内食に関しては本格的なコース料理になり、プレミアムエコノミーの機内食とは比較になりません。

 

さらに国際線の場合は、ビジネスクラスから座席が完全フルフラットになるという特徴があります。※路線による

国際線は長時間のフライトになるため、横になって寝れるというのは非常に魅力的な要素です。

目的地到着後に疲れることなく、すぐに行動できるという点でビジネスクラスを利用する価値はあるかと思います。

 

運賃に関してはサービスレベルが向上する分、エコノミーからプレミアムエコノミーの時よりも金額が大きく上がります。

国際線の場合、片道70~90万円ほどの路線もあり、プレミアムエコノミーのように「少し奮発すれば乗れる」感じの料金ではありません。

 

ファーストクラスの特徴

ファーストクラスは、航空会社が提供するサービスで最も豪華であり、搭乗前後のサービスや機内サービスともに最高レベルです。

ファーストクラス専用のターミナルがあったり、機内食も高級レストランのような超一流のフルコースなど、各航空会社の特徴が最も色濃く表れるクラスでもあります。

また、国際線の場合は座席がほぼ個室のような空間になっており、ファーストクラスでは非日常的な体験を楽しむことができるでしょう。

 

無論、航空券は最も高額で、国際線の場合は片道100万円~200万円を超える航空券もあります。

国際線のファーストクラスは超高額なので、よほどの物好きか、お金持ちでもない限り何度もファーストクラスを利用するのは困難でしょう。

国内線の場合は、エコノミークラスの料金+1万円ほどで利用できますが、どちらにしても最も高い航空券であることには変わりありません。

飛行機での移動そのものを楽しみたいという方は、一度ファーストクラスに乗ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

このように飛行機の座席クラスごとに座席の質やサービスレベルが異なり、簡単に特徴を整理すると、

・安さ重視&移動できればOK⇒エコノミークラス
・なるべく快適に移動したい⇒プレミアムエコノミー
・快適かつフルフラットで寝たい⇒ビジネスクラス
・豪華さ/移動そのものを楽しむファーストクラス

といった感じです。

 

コスパで見るとプレミアムエコノミーがオススメですが、国際線でゆっくり横になって寝たいという方は、ビジネスクラスを利用すると良いですね。

余裕のある方は各座席クラスの乗り比べをしてみるというのも面白いかもしれませんね。笑

以上、参考になれば幸いです。

 

飛行機のオススメ座席はここ!窓側/通路側など座席の特徴を徹底解説!

飛行機に果物は持ち込める?実際に国内線でメロンを持ち込んでみた

飛行機が安くなる時期はここ!格安航空券は6月と10月が狙い目!