東北・北陸新幹線の中で、最もグレードの高い座席である「グランクラス」

鉄道ファンでなくても、実際に乗ってみたいと思う方は多いのではないでしょうか?

 

しかし、グランクラスはグリーン車よりも特急料金が高く、そう気軽に利用できるようなものではありません。

今回は、そんなグランクラスの料金と、少しでも安くグランクラスを利用するコツについて解説していきます。

東北新幹線のグランクラス料金

東京からの主な区間のグランクラス料金は以下の通りです。

東京発合計料金
(運賃+グランクラス特急料金)
郡山14,110円
4,070円+10,040円
福島14,880円
4,840円+10,040円
仙台※20,310円
6,050円+14,260円
盛岡※23,910円
8,580円+15,330円
新青森※27,620円
10,340円+17,280円
新函館北斗※39,320円
12,100円+27,220円

※仙台、盛岡、新青森、新函館北斗の料金は、最速達列車の「はやぶさ」を利用した場合の料金です。

東北新幹線でグランクラスを利用できるのは「はやぶさ」と一部の「はやて」「やまびこ」です。

 

山形新幹線「つばさ」秋田新幹線「こまち」にはグランクラスはありません。

 

また、東京~郡山間を走る「なすの」と、東京~仙台間運転の「やまびこ」にはアテンダントが乗務しません。

アテンダントが乗務しない場合、車内サービスを受けられません。

ただし、この座席のみのグランクラスの場合、車内サービスがない分、グランクラス料金が少し安くなります。

 

なお、時間帯によってはグランクラスのある列車でも、アテンダントが乗務しないこともあります。

フルサービスのグランクラスを希望する際は注意が必要です。

<関連記事>

北陸新幹線のグランクラス料金

東京からの主な区間のグランクラス料金は以下の通りです。

東京発合計料金
(運賃+グランクラス料金)
軽井沢12,830円
2,640円+10,190円
長野16,200円
4,070円+12,130円
富山26,060円
6,600円+19,460円
金沢27,480円
7,480円+20,000円

北陸新幹線でグランクラスを利用できるのは、「かがやき」と「はくたか」です。

 

東京~長野間を走る「あさま」は、グランクラスアテンダントが乗務せず座席のみの利用となります。

また、金沢~新高岡の「つるぎ」はグランクラスを利用できません。(座席も使用不可)

 

東北新幹線と同様に、時間帯によってはグランクラスのある列車でも、アテンダントが乗務しないことがあります。

<関連記事>

グランクラスの割引について

残念なことに、グランクラスの特急料金に対する割引切符はありません。

JRの株主優待券もグランクラスの特急料金は対象外であり、えきねっとトクだ値もグランクラスには設定がありません。

 

そのため、少しでも安くグランクラスを利用するなら、乗車券部分を安くするか、時間単位でコスパの良い列車に乗ることをオススメします。

乗車券タイプの割引切符で、東北・北陸新幹線も利用できるものは以下のような切符です。

これら乗車券/フリー切符を使いつつ、別途でグランクラスの特急券を購入しましょう。

 

グランクラスは「やまびこ」がお得!

グランクラスは特急料金の割引切符がないので、グランクラスに少しでも長く乗車できる新幹線を利用すると良いです。

グランクラス料金は距離で料金が変わってくるので、できるだけ長い区間をゆっくり走る新幹線が理想と言えます。

 

グランクラスの料金と乗車時間を比較すると、最もコスパが良いのは「東北新幹線のやまびこ」です。

特に、盛岡発着の「やまびこ」がオススメですね。

※東京~仙台間運転の「やまびこ」は座席のみの販売なので注意しましょう。

 

「やまびこ」であれば、同区間の「はやぶさ」より料金も若干安く利用できます。

例えば、東京~盛岡の料金は運賃8,580円+グランクラス料金14,810円の合計23,390円です。

東京~盛岡を「やまびこ」で移動した場合、所要時間は約3時間20分前後となりますが、最もコスパの良い列車です。

「少しでも長くグランクラスに乗っていたい!」というのであれば、やまびこのグランクラスに乗ることをオススメします!

<関連記事>

まとめ

このようにグランクラスの特急料金に適用される割引切符はなく、基本的に正規料金での利用となります。

少しでも安く利用したいのであれば、乗車券を安く抑えるかか、「やまびこ」のようにコスパの良い列車に乗るのがオススメです。

グランクラスはグリーン車はまた違った雰囲気の座席なので、気になる方はぜひとも一度グランクラスに乗ってみてはいかがでしょうか?

<関連記事>