こんにちは、鉄道旅行が好きなハヤマです!

500系新幹線はかつて東京~博多を結ぶ「のぞみ」として活躍した名車であり、2019年の今でも新大阪~博多間の「こだま」として運用されています。

そんな500系新幹線の中でも、ひと際目立つ存在として注目を集めているのが「ハローキティ新幹線」です!

以前はエヴァンゲリオンとコラボしていましたが、その次は一転して可愛らしさを追求したハローキティ新幹線になりました。笑

今回は、そんなハローキティ新幹線の乗り方や料金、切符の購入方法等について解説していきます。

ハローキティ新幹線の運行情報と車両編成

ハローキティ新幹線は山陽新幹線(新大阪~博多間)の各駅停車「こだま」として1日1往復運転しています。

ほぼ毎日運転ですが、ひと月に数日ほど運転されない日があるので注意しましょう。

 

列車は8両編成で、自由席は博多より2号車と3号車、新大阪よりの7号車と8号車です。

指定席は列車中央の4号車~6号車となっており、博多よりの1号車は物販・展示スペースとなっています。

※グリーン車は付いていません。

 

途中停車駅と運転時刻

ハローキティ新幹線は各駅停車の「こだま」なので、新大阪~博多間の全ての駅に停車します。

途中停車駅と列車の運転時刻は以下の通りです。

こだま730号/新大阪行き
博多/はかた6時42分発
小倉/こくら6時59分発
新下関/しんしものせき7時11分発
厚狭/あさ7時21分発
新山口/しんやまぐち7時31分発
徳山/とくやま7時45分発
新岩国/しんいわくに7時58分発
広島/ひろしま8時13分発
東広島/ひがしひろしま8時37分発
新尾道/しんおのみち8時48分発
三原/みはら
8時58分発
福山/ふくやま9時20分発
新倉敷/しんくらしき9時38分発
岡山/おかやま9時57分発
相生/あいおい10時23分発
姫路/ひめじ10時39分発
西明石/にしあかし10時50分発
新神戸/しんこうべ10時59分発
新大阪/しんおおさか11時13分着
こだま741号/博多行き
新大阪/しんおおさか11時29分発
新神戸/しんこうべ11時42分発
西明石/にしあかし11時51分発
姫路/ひめじ12時07分発
相生/あいおい12時15分発
岡山/おかやま12時38分発
新倉敷/しんくらしき12時48分発
福山/ふくやま12時59分発
新尾道/しんおのみち13時11分発
三原/みはら13時24分発
東広島/ひがしひろしま13時43分発
広島/ひろしま13時55分発
新岩国/しんいわくに14時09分発
徳山/とくやま14時27分発
新山口/しんやまぐち14時41分発
厚狭/あさ14時57分発
新下関/しんしものせき15時12分発
小倉/こくら15時21分発
博多/はかた15時38分着

ハローキティ新幹線の料金について

ハローキティ新幹線は、他の新幹線と同様に自由席と指定席のある列車なので、乗車区間に応じた切符を購入することで乗車できます。

乗車区間の乗車券の他に、自由席特急券または指定席特急券を購入しましょう。

自由席特急券の場合は列車指定をしないため当日でも購入できますが、混雑時には座席に座れないこともあります。

指定券の購入は乗車日の1か月前の午前10時から、駅窓口または多機能券売機にて購入できます。

 

また、旅行代理店の「日本旅行」でもハローキティ新幹線に乗れるお得なセットプランが用意されてます。

セットプラン限定のオリジナルグッズも貰えるので、切符の購入が面倒な方はセットプランで予約すると良いでしょう!

【日本旅行限定!】ハローキティ新幹線のお得なセットプランの予約はこちら!

主な区間の運賃と特急料金一覧

主な区間の料金は以下の通りです。なお、指定席は通常期の料金で繁忙期は+200円、閑散期は-200円となります。

※下段は運賃乗車券+特急料金の内訳です。

新大阪発自由席指定席
姫路3,220円
1,490+1,730
3,740円
1,490+2,250
岡山5,500円
3,020+2,480
6,020円
3,020+3,000
広島9,710円
5,620+4,090
10,230円
5,620+4,610
新山口12,100円
7,560+4,540
12,620円
7,560+5,060
博多14,480円
9,610+4,870
15,000円
9,610+5,390

 

姫路発自由席指定席
新神戸2,700円
970+1,730
3,220円
970+2,250
岡山3,220円
1,490+1,730
3,740円
1,490+2,250
広島7,770円
4,430+3,340
8,290円
4,430+3,860
新山口10,570円
6,480+4,090
11,090円
6,480+4,610
博多13,290円
8,420+4,870
13,810円
8,420+5,390

 

岡山発自由席指定席
新神戸5,070円
2,590+2,480
5,590円
2,590+3,000
広島5,500円
3,020+2,480
6,020円
3,020+3,000
新山口8,420円
5,080+3,340
8,940円
5,080+3,860
博多11,880円
7,340+4,540
12,400円
7,340+5,060

 

広島発自由席指定席
新神戸9,490円
5,400+4,090
10,010円
5,400+4,610
新山口4,750円
2,270+2,480
5,270円
2,270+3,000
博多8,420円
5,080+3,340
9,150円
5,080+4,070

 

【乗車記&車内案内】実際に乗ってみた

私が実際に乗車したのは、姫路⇒岡山の区間です。

この日は平日の金曜日だったのですが、指定席は既に満席でした。

列車がやってくると多くの方が記念撮影をしていましたね。

 

1号車はハローキティのグッツ販売や、記念撮影ができるスペースとなっています。

 

日付入りの記念ボードもあるので、乗務員の方に希望すれば記念写真を撮ってくれます。

 

2号車の自由席は座席全体がハローキティ仕様に改修されています。

指定席は満席のようでしたが、こちらの自由席は比較的空いていました。

各駅停車の「こだま」なので博多~新大阪を乗り通す人は少ないかと思われます。

 

2号車には大きなハローキティが展示しており、こちらも記念撮影にオススメの場所となっています。

また、右側にはスーツケースなどの大きな荷物を置けるスペースとなっています。

 

自由席の座席は3列+2列の配置となっています。

ただ、N700系新幹線と異なりコンセントは付いていません。

ちなみに、指定席の方は2列+2列のゆとりある座席配置となっています!

 

日よけのブラインドにもハローキティが描かれていました。手の込みようがすごいですね。笑

 

後方から見るとこのような感じです。

思っていた以上に外国人観光客の姿が多く、記念撮影している方も大勢いました。

 

今回は短距離利用でしたが、ハローキティ新幹線を大いに楽しめました!

短距離利用なら1号車に近い2号車の自由席がオススメと言えます!

 

まとめ:乗り方は普通の新幹線と同じ!

このようにハローキティ新幹線は山陽新幹線の「こだま」として運行されており、新大阪~博多間を1日1往復運転しています。

料金も通常の新幹線と同じく乗車券と特急券を購入することで乗車でき、自由席もあるので自由席特急券でも乗車できます!

指定席は早くに埋まってしまうことが多いので、指定席を利用する場合は早めの予約を心がけましょう!

日本旅行限定!】ハローキティ新幹線のお得なセットプランはこちら!

 

【ひかりレールスターとは何か?】運行時刻と個室料金を徹底解説!

通常のN700系とは何が違う?N700系7000番台の特徴と違いはこれ!

【山陽新幹線】みずほ・のぞみ・さくら・こだまの違いはこれ!