この記事を見ているということは、あなたもきっと「一人旅をしたい!」という思いがあることでしょう。

私も一人旅は好きですが一人旅の準備はすべて自分で行う必要があり、万が一何かトラブルがあっても基本的に自分一人で解決する必要があります。

 

そのため、旅に出る前にある程度の計画を立てることと同じぐらい、必要な持ち物を用意することも一人旅においては非常に重要なことです。

今回は、その一人旅(国内)に必要になる持ち物について解説していきます。

原則:不要な持ち物は持って行かない

hitoritabinimotuihuku

まず、何を持っていくかを整理する前に「持っていく必要の無いもの」を知ることが重要です。

 

一人旅の場合にはコインロッカーなどを利用しない限り、荷物を見てくれる人がいません。

基本的に荷物は常に持ち歩くことになるため、余計な荷物を持っていくと移動だけでも大変なことになってしまいます。

 

そのため、一人旅においては極力余計な荷物は持って行かないのが望ましいです。

不要な荷物の例としては以下のようなものがあります。

  • シャンプーやリンス
  • 髭剃り
  • 歯ブラシ
  • バスタオル(※小さいハンドタオルはあった方が良い)
  • ドライヤーや浴衣(寝間着)

 

これら多くは、宿泊先のアメニティで備え付け、あるいは貸し出しが可能であることが多いです。

宿泊先に備え付けてあるものを持って行っても荷物が増えるだけなので、事前に宿泊先に何が備え付けられているかは必ず確認して荷物をまとめましょう。

 

また、衣服も荷物ががさばる原因となるので、できる限り少ない方が良いです。

宿泊先のコインランドリーを活用すれば、持っていく衣服が少なくても洗濯することで再度着ることができます。

一人旅の場合は、荷物が少ない方が何かと自由に行動しやすいので、まずは必要最小限度の荷物になるよう準備しましょう。

 

一人旅で役立つ持ち物一覧

1、スマホとモバイルバッテリー

sumahobatteri

スマホや携帯電話を持っていかないという人は少ないでしょうが、一人旅であればモバイルバッテリーも必ず持って行った方が良いです。

宿で充電すればバッテリーは問題ありませんが、山奥やトンネルなどの電波の入らない場所や電波が弱い地域ではバッテリーの消費量が多くなります。

 

また、暇な移動時間などにスマホゲームで時間をつぶしたり、経路検索や地図の閲覧などで頻繁にインターネットに接続しているとバッテリーを大きく消費してしまいます。

スマホはネットに繋がってさえいれば、時計や地図、時刻表の検索などあらゆる機能が役立ちますが、その多機能さゆえにバッテリー切れが一番困ります。

 

特に一人旅の場合は、万が一の時の連絡手段がなくなる/インターネットが使えなくなる事態は絶対に避けたいところです。

小型のもので良いので、緊急用のモバイルバッテリーは用意しておくことをオススメします。

 

2、ハンドタオル

一人旅をする途中で歩き回って汗をかいたり、温泉を利用することもあるでしょう。

ハンドタオルを持って行けば途中で汗をかいた時や、万が一急な雷雨で雨に濡れた時でも水滴を拭き取ることができます。

 

また、温泉を利用する際に毎度ハンドタオルをレンタルすると余計な出費となってしまうので、ハンドタオルは持参した方が良いです。

逆に大きいバスタオルは荷物を圧迫するだけでなく、ハンドタオルのように気軽に洗うこともできないので一人旅ではオススメできません。

 

3、少し多めの現金

okanegenkinsaihu

一人旅で遠くへ出かける場合、電子マネーには対応していないお店や、想定外の交通費や食事代などで急な出費を伴う可能性が高いです

一人旅に必要になる予算ギリギリのお金だけを持っていった場合、最悪途中で金欠になり何もできなくなる恐れがあります。

 

また、現地のATMや銀行でお金を下すのも手数料だったり、銀行を探すといった手間がかかってしまうので、事前にある程度の現金は用意しておきたいです。

スムーズで快適な一人旅を行うためにも、現金は予算のお金に加えて予備のお金も持って行くことをオススメします。

 

4、圧縮袋

assyukubukuro

2泊3日以上の一人旅を行うのであれば、衣服の圧縮袋もあった方が良いです。

圧縮袋は下着や衣服をコンパクトに収納できる優れもので、スーツケースなど手荷物を使わず、リュックのみで旅に出るのであれば圧縮袋は大いに役立ちます!

特に、一人旅の場合、荷物が少ないほうが何かと行動しやすいので、がさばるものをコンパクトにまとめられる圧縮袋は非常にオススメです!

 

個人的には「きれいな衣服を入れる圧縮袋」と「使った後の衣服を圧縮する袋」の2枚用意することが多いです。

圧縮袋はネットの通販サイトや100円ショップなど旅行用品を販売しているところで購入できるので、長旅になるのであれば圧縮袋も活用させましょう!

圧縮袋の大きさも様々な種類があるので、旅行に日程や持って行く衣服に合わせて選択すると良いですよ!

 

まとめ:荷物は必要最低限度に抑えるべき

一人旅の場合は荷物を見守ってくれる人がいないので、例えお手洗いやちょっとした用事があっても荷物は全て自分で管理する必要があります。

そのため、基本的に荷物はコンパクトで持ち運びしやすいようにまとめた方が良いです。

 

一人旅は何かと自由に歩き回ることが多くなるので、荷物は必要最小限度のものにまとめておきましょう!

<関連記事>