帰宅時間帯でもゆったり座って帰れることで評判の「ホームライナー」

ホームライナーと言えば東京駅から出ている「湘南ライナー」が有名ですが、実は、新宿駅からも平日の夜に数本だけ、東海道方面へホームライナーが出ています!

ただ、初めて利用する人にとって、ホームライナーは結構分かりづらい乗り物なので、どうすれば乗れるのかよく分からないという方もいるでしょう。

今回は、そんなホームライナー小田原の乗り方について解説していきます。

ホームライナー小田原の運転時刻

ホームライナー小田原は平日の、

・新宿駅19時30分発ホームライナー小田原21号
・新宿駅21時30分発ホームライナー小田原23号

の2本のみ運転されています。

途中停車駅と発車時刻は以下の通りです。

21号23号
新宿19時30分発21時30分発
渋谷19時38分発21時38分発
藤沢20時21分発22時18分発
茅ヶ崎20時28分発22時25分発
平塚20時35分発22時31分発
二宮20時44分発22時39分発
国府津20時50分発22時44分発
小田原20時58分着22時50分着

途中停車駅は渋谷(しぶや)、藤沢(ふじさわ)、茅ヶ崎(ちがさき)、平塚(ひらつか)、二宮(にのみや)、国府津(こうづ)、小田原(おだわら)です。

※横浜や大船には停車しないので注意してください。

 

新宿・渋谷から乗車する場合は、乗車券の他にライナー券(510円)またはグリーン券が必要になります。

ただし、藤沢~小田原間は通常の快速列車として運転されるため、この藤沢~小田原間で利用する場合はライナー券なしで乗車できます。

 

ちなみに、新宿駅21時30分発のホームライナー小田原23号は、スーパービュー踊り子で使用されている車両が使われています。

 

ホームライナー小田原の乗り方

ホームライナー小田原は、新宿駅では5番線から、渋谷駅では4番線から乗車します。

 

新宿駅の5番線は成田エクスプレスが発着するホームであり、乗車場所が離れているので注意してください。

渋谷駅は4番線の埼京線・湘南新宿ライン(横浜・大船方面)のホームでホームライナーが発車します。

 

ライナー券は乗車ホームにて発売されます。

ライナー券の発売枚数は多いですが、直前になると売り切れてしまう可能性もあるので、発車時刻の10分前には乗車ホームへ行くのが望ましいです。

 

ライナー券を購入したら、指定の乗車位置に並んで列車が到着するのを待ちましょう。

なお、ライナー券は購入すれば必ず座れるので急いで並ぶ必要はありません。

ライナーに乗車する際に、入口に立っている係員にライナー券を見せてから乗車します。

発車後に車内改札があるので、ライナー券は無くさないようにしたいです。

 

ちなみに、ホームライナー小田原にはグリーン車も連結されており、こちらはグリーン券を購入することで乗車できます。

グリーン券を購入した場合、ライナー券は不要ですが、満席時には座れない可能性があります。

ライナー券とは違い着席保証はないので、確実に座りたい方はグリーン券購入後、早めにホームに並びましょう。

グリーン券の場合は乗車時に、係員にグリーン券を購入したSuica等を提示することで乗車できます。

 

なお、新宿駅の5番線ホームにはグリーン券売機はありません。

グリーン車を利用したい場合は、予め1番~4番ホームに設置されたグリーン券発売機にて購入必要があります。

出発間際だと間に合わない可能性があるので、グリーン券を購入する際は注意しましょう。

 

ホームライナー小田原のグリーン車に乗ってみた

今回はせっかくなので新宿から、ホームライナー小田原21号のグリーン車に乗ってみました。

特急車両のグリーン車は普通に利用すると高いですが、安価なライナーであれば格安で利用できるのが魅力です。

 

出発の15分ほど前に新宿駅の5番ホームにいましたが、この時点でもライナー乗車位置には長蛇の列ができていました。

その場でグリーン券を買おうと思ったのですが、5番線にはグリーン券売機が見つからず、焦って隣の1番2番ホームへと行き、グリーン券を買いました。笑

 

発車数分前になると乗車できるようになり、ぞろぞろと列車に人が乗り込みます。

新宿からグリーン車に乗った人は概ね6割ぐらいといった感じです。

普通車の方は結構混んでいる印象ですが、グリーン車は窓側が全部埋まる程度の乗車率した。

 

途中の渋谷駅でも多くのお客さんが乗車し、普通車・グリーン車共にほぼ満席と言った感じになりました。

普通車・グリーン車共に思っていた以上に利用者は多く、やはり座って帰れるというのはライナーの大きなメリットなのでしょう。

 

この車両は特急踊り子でも使われている旧型の車両ですが、グリーン車は温かみのある雰囲気でゆったりと過ごせますね。

185系は今では廃止の危機にある旧世代の車両ですが、鉄道好きな私にとっては、このグリーン車の雰囲気は最高ですね。笑

 

ちなみに、このリクライニングはかなりの角度まで倒れるため、最大まで倒せばぐっすり寝られることでしょう。笑

 

フットレストの内側はじゅうたんになっており、足をのせて休むことができます。

ただ。前方座席に直接取り付けられているため、むやみに上げ下げすると前の人の迷惑になるのでちょっと気を付けたいですね。

 

ホームライナー小田原は渋谷を出ると藤沢まで停車しないため、夜の都心を一気に通過していきます。

意外と外が明るいので、夜景を楽しみつつゆったりと移動できますね。

 

利用者の大部分は藤沢や茅ヶ崎、平塚で降りてしまい、終点まで乗っている人は少ない感じでした。

 

まとめ

このように新宿・渋谷からホームライナー小田原に乗車するためには、乗車前にライナー券の購入が必要になります。

ライナーが発車するホームは、他のホームとは離れているため、乗車する際は乗り場に注意しましょう。

 

また、グリーン券は通常のグリーン券と同様にICカードへの磁気情報またはグリーン券を購入する必要があります。

新宿駅の場合、ライナーが発車するホームにはグリーン券発売箇所はないので、グリーン車を利用する場合は、時間に余裕を持ってグリーン券を購入しておきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

【湘南ライナーの乗車方法はこう!】ライナー券の買い方を徹底解説!

【東京メトロホームウェイ乗り方ガイド】料金や停車駅を徹底解説!