一般的にホテルの客室と言えば、

  • シングル
  • ツイン
  • ダブル
  • 和室
  • ドミトリー/相部屋

といった種類の客室がありますが、この中でも特にややこしいのがツインルームとダブルルームの違いです。

ツインやダブルの2つはどちらも二人用の客室なので、パッとすぐに違いをイメージできないことでしょう。

今回は、そんなホテルの客室の種類と特徴について解説していきます。

ツインルーム:ベッドが2台

ツインルームはベッドが二人用の客室ですが、ベッドは2台用意されています。

シングル用のベッドが2台設置されているため、二人がそれぞれ別々のベッドを利用します。

 

ツインルームは一部屋当たりの面積が広いため、ホテル全体での客室数は少なく、一人当たりの宿泊料金も高めに設定されています。

小規模なホテルの場合、そもそもツインルームが用意されていない場合あり、意外と予約に苦労する客室でもあります。

 

ツインルームは、カップルや夫婦、同姓2人での宿泊に利用する客室であり、基本的に一人で利用することはありません。

また、客室が広いので、荷物が多い方や自分のベッドでゆっくり休みたいという方にオススメの客室と言えます。

 

ダブルルーム

ダブルルームはツインルームと同じ二人用の客室ですが、こちらは大型のベッドが1台設置された客車となります。

大きいベッドを二人で利用する客車であり、二人で宿泊する場合の基本的な宿泊プランになります。

 

ダブルルームはベッド1台なので、ツインルームの部屋に比べて客室が狭い分、ツインより宿泊料金が安い傾向にあります。

ベッドが1台のダブルルームは、一人で利用することもできるため、シングルルームの代わりにダブルルームを多く用意しているホテルもあります。

 

ホテルによってはコンパクトな「セミダブル」の客室を用意しているホテルもあり、リーズナブルに宿泊できるのが特徴です。

大柄な人だとシングルベッドだと狭いこともあるので、あえてセミダブルを利用する人もいます。

 

ダブルルーム・セミダブルルームは主に、カップルや夫婦、一人で宿泊する場合に利用されます。

ちなみに、同性二人で利用することも不可能ではないようですが、オススメはしません。

 

まとめ:ツインは2台、ダブルは1台

このようにツインルームは客室が広く、ベッドが2台用意されており、一方のダブルルームは少し大きめのベッドが1台用意されている客室です。

ツインルームの方がベッドが2台ある分、部屋も広くのびのび使えますが、一人当たりの宿泊料金がダブルより高く、客室が少ないことがデメリットです。

 

ダブルルームはベッドは1台ですが、客室数が多く、料金もリーズナブルなのが特徴です。

どちらも似ているようで全く異なるので、二人でホテルを利用する場合はツインとダブルの違いに注意しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

ホテルのキャンセル料はいつから?キャンセル手続きの流れを徹底解説

ホテルのチェックイン・アウトの方法を解説!初めてでも怖くない