こんにちは、国内一人旅が好きなハヤマです。

旅行の中では最も気軽に行ける国内旅行ですが、シーズンや行き先、利用する交通機関や同行者の人数によってもその予算は変わってきます。

 

近場でなおかつ1泊2日の一人旅なら1回1~2万円で旅行することは十分に可能ですが、もう少し贅沢したいという場合には2~3万円ほど必要になることでしょう。

今回は、国内旅行の予算の目安や、少しでお得に旅行へ行くコツについて解説していきます。

旅費で最も高いのは交通費

まず、旅行において最も費用がかかるのは自宅から目的地までの交通費です。

どのような場所へ旅行に行くとしても必ず発生する費用であり、この交通費を抑えることができれば旅費の大部分を節約することができます。

 

国内旅行において利用できる移動手段は主に、

・飛行機
・新幹線
・高速バス

の3つですが、それぞれ費用が異なるため、旅行の予算や目的に応じて使い分けることが大事です。

 

新幹線や飛行機=往復1~3万円

移動手段として新幹線や飛行機を利用する場合、概ね往復1~3万円ほどかかります。

無論、利用する区間によっても運賃は異なりますが、新幹線や飛行機を利用する場合、最安値のチケットを予約できても往復は1万円以上になることが殆どです。

※一応、飛行機に関して言えば、ジェットスターやバニラエアなどの格安航空(LCC)を利用することで、片道5,000円ほどに抑えることが可能です。

 

新幹線や飛行機は早くて便利ですが、格安切符・格安航空券を手配するのが大変なので、格安旅行が目的ならやや利用しづらい選択肢と言えます。

<関連記事>

 

高速バス=往復1万円以下も可能

近場での旅行や格安旅行が目的なら、高速バス(夜行バス)は非常に有力な移動手段です。

 

高速バスは他の交通機関と比較して運賃が非常に安く、東京~大阪でも往復1万円以下で移動することも不可能ではありません。

私自身も横浜~山形、横浜~長野などの移動で夜行バスを利用しますが、片道3,000円台での利用もできるほどです。

 

乗車日によっても運賃は変わってきますが、交通費を抑えるのであれば高速バス/夜行バスはオススメと言えます。

特に、夜行バスであれば1泊分の宿泊費を節約できるので、コスパも非常に良いです。

 

往復バス移動が辛いという場合には、行きは夜行バス、帰りは新幹線や飛行機といった具合に使い分けると良いでしょう。

<関連記事>

 

宿泊費は一人5,000円以下

宿泊費は交通費に次ぐ旅費の大部分を占めますが、一般的なビジネスホテルや旅館であれば、一人当たり5,000円もあれば泊まれます。

また、カプセルホテルやゲストハウス等を利用すれば、一泊3,000円ほどに抑えることも可能です。

朝食無料のホテルであれば食費も抑えられるので、その点も考慮してホテルを探してみると良いでしょう。

 

基本的に、郊外より都市中心部の方が格安ホテルの数も多いので、宿泊費を抑えるなら都市部の宿泊施設を探すと良いです。

ちなみん、他にもネットカフェで仮眠を取る、夜行バスで宿泊費を浮かせるといった方法もあります。

<関連記事>

 

手配が面倒ならツアーがお得

交通手段と宿泊場所を個別手配すれば格安旅行は十分可能ですが、航空券や切符の購入、ホテルの予約など個々に手配するのは意外とめんどくさいです。

単純に手間がかかりますし、そもそも各交通機関やホテルの料金形態に詳しくないと、かえって旅費が高くなってしまう可能性もあります。

 

個別手配が面倒な方や手っ取り早く格安旅行をしたいなら「日本旅行」や「じゃらんnet」などの旅行会社が販売しているツアーやパッケージプランを利用するのがオススメです。

特に、新幹線の割引切符の多くは会員登録が必要で手配に手間がかかるため、それならツアーで申し込む方が簡単かつお得です。

旅行会社が往復分のチケットとホテルの宿泊予約をまとめて手配してくれる上に、料金も安いので、ツアープランも比較してみると良いでしょう。

まとめ:3万円もあれば国内旅行は十分楽しめる

国内旅行の場合は移動手段が豊富で、格安の高速バスも利用できることから、近場であれば1万~2万ほどで旅行に行くことは可能です。

3~4万円もあれば美味しい料理を食べたり、移動に新幹線や飛行機を使うなど、旅行の楽しみや選択肢が大きく広がります。

 

シーズンによっても値段は変わりますが、国内旅行はまず3万円を目安に計画を立ててみてはいかがでしょうか?

なお、当サイトでは格安旅行の方法を多数紹介しているので、併せて参考にして頂ければと思います。

<関連記事>