新幹線や特急列車には乗車列車と座席を指定する指定券がありますが、時に指定列車に間に合わない、あるいは乗り遅れてしまうこともあるでしょう。

原則として「乗り遅れによる払い戻し・変更は不可」ですが、正規料金の指定券や一部のお得な切符なら後続列車の自由席を利用できます。

 

そのため、万が一乗り遅れてしまっても、指定券を再度購入する必要はありません。(一部の切符を除く)

※自由席特急券の場合はそもそも列車・座席の指定はないので、乗り遅れても次の列車の自由席を利用できます。

 

今回は、そんな新幹線や在来特急の指定列車に乗り遅れてしまった場合の対処法と、指定券のルールについて解説していきます。

正規料金の指定券で乗り遅れた場合

購入した特急券が正規料金の指定券の場合、指定した列車に乗り遅れてしまっても後続列車の自由席を利用することができます。

後続列車の自由席を利用する場合、変更手続きなどは必要ありません。

そのまま次の列車の自由席に乗り、目的地まで移動しましょう。

 

車内改札があったら乗り遅れの指定券を提示して「乗り遅れたので自由席を利用しています。」と伝えれば大丈夫です。

なお、元の指定券は無効になっているので後続列車の指定席に座ってしまうと、再度指定席特急料金を支払うことになるので注意してください。

 

全車指定席の新幹線に乗り遅れた場合

  • 東北新幹線:はやぶさ/はやて
  • 秋田新幹線:こまち
  • 北陸新幹線:かがやき

これら全車指定席の新幹線に乗り遅れた場合は、後続列車に立ち乗り(立席)で利用できます。

基本的にデッキでの立ち乗りが原則です。

車掌の許可なしに座席には座れないので注意してください。

 

なお、「やまびこ」「はくたか」等の全車指定でない新幹線を選択する場合は自由席を利用できます。

 

お得なきっぷの指定券で乗り遅れた場合

お得な切符や割引切符の場合には、切符によって乗り遅れ時のルールが異なります。

例えば、東海道新幹線の格安チケットである「ぷらっとこだま」の場合、乗り遅れの保証補填は一切ありません。

<関連記事>

 

また、JR東日本が発売している割引切符「えきねっとトクだ値」の場合は、料金部分(指定席料金)は無効となり、乗車券部分のみ乗車日当日に限り有効というルールになっています。

つまり、後続の自由席を利用する場合でも再度、特急券を購入する必要があります

 

お得な切符の場合は各切符ごとにルールが全く異なるので、各切符の案内や注意書き等を必ず確認しておきましょう。

 

列車出発前までに窓口へ行ける場合

指定した列車が出発する前なら駅の窓口にて「乗車変更」が可能です。

乗車変更は指定券1枚につき1回だけ無料で行えます。

 

乗車変更を行うことで、手数料なしに後の時間の新幹線に変更できるため、乗り遅れる前に窓口へ行けるなら乗車変更の手続きを行うことをオススメ致します。

ただし、指定席特急券から自由席特急券への変更はできないので注意してください。

<関連記事>

 

まとめ

このように購入した特急券が正規料金の指定券だった場合は、手続きなしに後続列車の自由席を利用することができます。

全車指定席の新幹線の場合は立ち乗りとなりますが、自由席のある新幹線ならそちらに乗ることも可能です。

ただし、お得なきっぷの場合は乗り遅れの保証がないこともあるので、各切符の案内や注意書き等は必ず確認しておきましょう。

 

<関連記事>