日本有数のリゾート地である「沖縄県」

東京(羽田・成田)~沖縄(那覇・石垣)を直接行き来できる乗り物は飛行機だけですが、航空会社間の競争も激しく飛行機の本数も非常に多い区間です。

主に羽田~那覇、成田~那覇の2つが主要ルートですが、航空会社や運賃が大きく異なります。

今回は、東京~沖縄・那覇間を格安で移動する方法について解説していきます。

羽田~那覇を格安で移動する方法

東京羽田と那覇を結んでいる航空会社は以下の3社です。

  • 全日空/ANA
  • 日本航空/JAL
  • スカイマーク/SKY

このうち最も安く利用できる航空会社は「スカイマーク」です。

 

スカイマークの運賃は搭乗3日前まで購入できる「いま得」が安く、約1万円~1万5千円前後と羽田発着の航空券としてはとてもリーズナブルです。

7月8月の夏季シーズン中でも概ね1万3千円~1万7千円前後で利用できます。

 

一方、ANAやJALのフルサービスの航空券は、早割による割引が殆どで75日前の予約で1万円台1か月前や1週間前だと2万~3万前後と高くなってしまいます。

また、ANAやJALの格安航空券の多くは時間帯が早朝か深夜であり、安くても利用しずらい時間帯が多く不便です。

 

スカイマークなら1週間ほど前でも約1万円で購入できる航空券もあるため、羽田発着で格安で利用するのであればスカイマークの航空券を検索することをオススメします。

ちなみに、茨城空港発着の飛行機にもスカイマークがあるので、そちらも合わせて検索してみると良いでしょう。

茨城発着だと通常期で最安7千円台~1万5千円で購入できます。



成田~那覇を格安で移動する方法

成田発着の飛行機だと、格安航空LCCを利用することができます。

成田~那覇を結ぶ主なLCCは以下の2社です。

  • ジェットスター
  • peach

また、成田~石垣だとバニラエアも就航しています。

どちらもオフシーズンだと7千円台から、7月8月のハイシーズンだと9千円台から発売されています。

 

羽田発着の航空券と比較すると全体的に安いですが、シーズンや利用日によって運賃は大きく変わってきます。

また、必ずしも早割が安くなるとは限らず、直前でも利用者の少ない日であれば安いです。

とにかく格安で移動したい場合にLCCはオススメで、時にタイムセールなどもあるので安くなるタイミングを見逃さないようにしましょう。

 

ただし、これら2社のLCCは機内持ち込みや受託手荷物、座席指定等のオプションサービスは別料金となっています。

選択したプランによっては羽田発着のスカイマークと同等の価格になることもあるので、LCCを利用する際は合計金額に注意しましょう。

 

また、成田空港は都心から離れているので自宅の場所によっては移動に時間がかかる可能性もあります。

航空券の運賃だけでなく、空港アクセスまでの交通費や利便性等を考慮した上で航空券を購入しましょう。

<関連記事>

まとめ:羽田発着はスカイマーク/成田はLCC

このように東京~沖縄を結ぶ航空会社は数多く、その中でも羽田発着ならスカイマーク成田発着ならLCC各社の航空券が安いです。

航空券の価格は利用する日時で大きく変わってくるので複数の航空券を比較し、利用しやすい時間で一番安い航空券を探すことをオススメしますね。

また、格安で移動するなら空港アクセスまでの交通費等も考慮した上で選択しましょう。



<関連記事>