フラノラベンダーエクスプレスは、主に6月~9月の夏季シーズンに運転される臨時列車であり、札幌から富良野を乗り換えなしで移動できます!

美しいラベンダーで有名な富良野へのアクセスに便利な列車なので、車両は北海道の車窓を大いに楽しめるハイデッカーになっています。

このラベンダーエクスプレスは特急列車なので、乗車には乗車券の他に特急券が必要になります。

今回は、そんな臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」の運転日や料金など、乗車方法について解説していきます。

ラベンダーエクスプレスの運行区間と停車駅

ラベンダーエクスプレスの停車駅は以下の通りです。

・札幌(さっぽろ)
・岩見沢(いわみざわ)
・滝川(たきかわ)
・芦別(あしべつ)
・富良野(ふらの)

札幌~滝川間を函館本線、滝川~富良野間は根室本線を走ります。

札幌~富良野の所要時間は約2時間です。

 

ラベンダーエクスプレスの運転日と運転ダイヤ

フラノラベンダーエクスプレスは主に6月~9月の夏季シーズンに運転されています。

2019年の運転日は6月22日~8月18日の毎日、8月24日~9月23日の土日祝日で1日1往復運転です。(3号と4号)

また、7月6日(土)~8月4日(日)の繁盛期にはさらに1往復増発され、1日2往復運転となります。(1号と2号が増発)

 

主要駅の運転ダイヤは以下の通りです。

※ラベンダーエクスプレス1号と2号は7月6日〜8月4日のみ運転されます。

札幌発⇒富良野行きのダイヤ

※1号3号
札幌発7:52発9:07発
滝川発8:56発10:12発
富良野着9:49着11:07着

 

富良野発⇒札幌行きのダイヤ

※2号4号
富良野発15:20発16:51発
滝川発16:16発17:45発
札幌着17:22着18:46着

 

列車編成について

使われる車両については画像の「ノースレインボーエクスプレス」「クリスタルエクスプレス」のどちらかです。

ノースレインボーが使用されるのは、6月8日(土)~8月18日(日)のラベンダーエクスプレス3号と4号です。

 

一方のクリスタルエクスプレス車両が使われるのは、7月6日(土)~8月4日(日) のラベンダーエクスプレス1号と2号、8月24日(土)~9月23日(月・祝)の3号と4号です。

 

ノースレインボーの場合は5両編成で、1号車と4号車と5号車が指定席です。

自由席は2号車と3号車にあり、このうち3号車の下段はフリースペースのラウンジとなっています。

 

一方のクリスタルエクスプレスは、4両編成となっており1号車と4号車が指定席、2号車と3号車は自由席です。

どちらの車両も先頭のパノラマ車両は指定席となっています。

 

ラベンダーエクスプレスの料金と割引切符

フラノラベンダーエクスプレスは特急列車なので、乗車には乗車券の他に特急券が必要です。

主な区間の料金と内訳は以下の通りです。

自由席指定席
札幌~
富良野
4,290円
乗車券2,490円
特急料金1,800円
4,810円
乗車券2,490円
特急料金2,320円
滝川~
富良野
2,200円
乗車券1,070円
特急料金1,130円
2,720円
乗車券1,070円
特急料金1,650円

 

また、フラノラベンダーエクスプレスでは

といったフリーきっぷを乗車券として利用できます。

特に、特急自由席を利用できる「ふらの・びえいフリーきっぷ」がお得なので、札幌から利用する方はこの割引切符を活用することをオススメします。

 

実際にフラノラベンダーエクスプレスに乗ってみた

今回は富良野駅から札幌までフラノラベンダーエクスプレス4号に乗車しました。

この日は直前に「富良野・美瑛ノロッコ号」に乗っており、富良野到着時には既に側線に車両が止まっていました。

 

出発の15分ほど前になると車両がホームに入ってきます。

 

車内は通常の特急型車両とは一風変わった構造で、窓が大きく開放的な印象です。

 

座席の頭上にも窓があり、車外から明るい日差しが差し込みます。

ただ、年季の入っている車両のためか、窓が曇って汚れていました。笑

 

車両の末端には荷物スペースがあります。

大きなスーツケース等はここに置いておくと良いでしょう。

 

3号車の下段はフリースペースとなっており、低い位置から車窓をゆったりと楽しめますね。

近年ではハイデッカーの車両も珍しくなったので、この機会に存分に楽しみたいです。

 

進行方向先頭側の車両です。札幌方面行きの場合は5号車が先頭になります。

パノラマを楽しみたい方は、先頭の指定座席を予約すると良いでしょう。

逆方向の富良野方面の場合は、1号車1番のABCD席が先頭座席になります。

 

座席のひじ掛けにはテーブルが付いています。

ただし、コンセントは付いていないので注意してください。

 

座席幅も余裕があります。座り心地は座席が結構ふかふかで快適です。

 

座席にはイヤホンジャック、天井にはモニターなど登場当時の設備がそのまま残っていますが、これらは使われていませんでした。

 

この列車の魅力はハイデッカーの高い目線と大きな窓から見える車窓であり、普通の車両よりも鉄道の楽しさを強く感じられます!

私が実際に乗車した時はちょうど綺麗な夕日を眺めることができました。

乗っていて楽しい列車なので、私もまた機会があったらラベンダーエクスプレスに乗りたいと思います。

 

まとめ

このようにフラノラベンダーエクスプレスは、札幌~富良野を結ぶ臨時の特急列車であり、乗車には乗車券の他に特急券が必要になります。

特急券はみどりの窓口か駅の指定席券売機、えきねっとより購入できるので、予め乗車区間の特急券を用意しておきましょう。

6月~8月のラベンダーシーズンに運転されるので、富良野観光の際は、ぜひともラベンダーエクスプレスを利用してみてはいかがでしょうか?

以上、参考になれば幸いです。

<関連記事>