2019年3月16日より導入されたJR西日本の新たな着席サービス「Aシート」

JR北海道の「Uシート」やJR東日本の「普通車グリーン席」と似た有料座席ですが、最新の設備だけあってサービスレベルも高くなっています!

今回は、そんなAシートの乗り方や料金等について解説していきます!

Aシートの利用方法

Aシートは、姫路~野州にて運行している「新快速」に導入されており、2019年3月16日現在、1日2往復運転しています。

※詳細な時刻は「JR西日本Aシート」を参考に

 

Aシートが設定された列車は、9号車がまるまるAシートとなっています。

乗車位置にはAシートの表示があるので、Aシートを利用する際はこの乗車目標に並びましょう。

 

車内はデッキの立席エリアと座席のある有料エリアに分かれています。

JR東日本で提供している普通車グリーン席と似ていますが、満席の場合は空席が出るまでデッキ部分の立席エリアで待つことになります。

※有料エリア(座席のある部分)での待機はできません。

ただし、実際に料金が発生するのはAシートの座席に座った時なので、座れなかった場合は料金はかかりません。

 

座席に座ったら車掌さんに降車駅を伝え、料金を支払い後、乗車整理券を受け取ります。

Aシート利用時には乗車整理券は座席前面のポケットに入れておき、降車時にポケットから取り出して降車します。

 

Aシートの料金

Aシートの料金は乗車区間にかかわらず、1回均一500円です。

支払いは現金または交通系ICカードを利用できます。

立席エリアで立っているだけではAシートの料金は発生しないため、切符を買ったのに座れないという事態にはなりません。

 

なお、乗車券には定期券や回数券、青春18きっぷ関西ワンデイパスなどのフリー切符も利用することができます。

 

Aシートを見に行ってみた

私が実際にAシートに乗ろうと思った日は運行開始日であり、たまたま前日に姫路に宿泊していたことからAシートを見に行きました。

運行初日3月16日土曜の朝、8時40分の新快速に乗ろうと30分ほど前にホームに到着しましたが、案の定既に行列ができていました。

駅員さんや周りの人の話から既に80人ほど並んでいるとのことです。(ちなみに、Aシートの座席定員は46席です。)

強者は朝の4時から並んでいるそうで、あまりの行列に立ち乗りでも無理そうです。ガチすぎ

 

青春18きっぷの期間中、しかも運航開始日の土曜日ということもあり、立ち乗りでも無理そうです。

自分は姫路から大阪まで行く予定でしたが、どう見ても座れそうになく、立ち乗りでも辛そうなので諦めました。笑

この日は運行開始直後なので仕方がありませんが、始発駅から乗車する人や長距離利用者が多いと座席に座れない可能性が高いかもしれません。

 

実際に車内には入れませんでしたが、座席の前後幅はJR東日本の普通車グリーン席、特急列車の普通席並みの余裕があります。

 

なお、荷物置場の後方にある2席のうち、通路側の座席にはテーブルがなく、また座席位置と窓枠が一致していない箇所もあります。

既存の車両を無理やり改造したため、若干やっつけな印象もありますが、車内はコンセントとWi-Fiが完備されているため、サービス面では十分充実してると言えます。

 

ただ、新快速電車は普通席でも快適な転換クロスシートなので、正直なところAシートで空席が出るまで待つぐらいなら、座席数の多い普通車の座席に座ってしまう方が良いです。

状況に応じて、Aシートが混雑しているようであれば最初から他の号車へ移るようにしましょう。

 

まとめ:+500円でより快適に移動できる

新快速のAシートは快適な座席でゆったり移動できることが魅力の有料座席ですが、先着順に座るため、混雑時には座れないことがあります。

新快速は元々快適な転換クロスシートなので500円を支払ってまで利用する価値があるかは微妙ですが、移動時間を快適に過ごしたい方や大きな荷物を持っている方にオススメと言えます!

 

順番待ちの人数が多いと座れない可能性が高いので、その際は最初から普通席へ移動するなど、状況に応じて利用する・しないの判断をすると良いですね。

以上、参考になれば幸いです。

 

【圧倒的速さ!】在来線最速の新快速に乗ってみた

【Uシート乗り方ガイド】快速エアポートの移動が快適に!

【グリーン車に乗りたい】グリーン車の乗り方を徹底解説!