東京・新宿と甲府・松本を結ぶ中央線の特急列車には「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」の3つの列車があります。

これら中央特急は高速バスとの競合が激しいために割引切符も豊富であり、せっかく中央特急を利用するのであれば割引切符を利用しないのは非常にもったいないです!

この区間で利用できる割引切符は、

  1. えきねっとトクだ値
  2. あずさ回数券(6枚つづり)
  3. 金券ショップの回数券
  4. 中央線東京週末フリー乗車券
  5. 学割

との5つがあり、それぞれ利用条件や割引率が異なります。

今回は、そんな中央特急で使える割引切符・チケットについて解説していきます。

えきねっとトクだ値

JR東日本が提供しているインターネット予約サービスの「えきねっと」では、中央特急の列車に割引切符が設定されています。

えきねっとトクだ値の切符は35%割引であり、片道の割引切符としては最も割引率が高いです。

 

トクだ値は乗車券と指定席特急券がセットになっている切符で、指定列車に乗り遅れた場合は後続列車の自由席が利用できます。

また、トクだ値切符は片道切符なので、往復分の切符をえきねっとトクだ値で用意することもできます。

主な区間の料金(通常期)は

  • 新宿~甲府:2,670円
  • 新宿~小淵沢: 3,700円
  • 新宿~茅野:3,910円
  • 新宿~上諏訪:4,120円
  • 新宿~松本: 4,480

となります。

 

なお、えきねっとトクだ値を利用するにはえきねっとの会員登録(年会費無料)が必要です。

切符を予約するためにはクレジットカード登録も必要ですが、トクだ値切符は割引率が非常に高いので、例え1回だけの利用でもえきねっとに登録しておいて損はないです。

 

あずさ回数券(6枚つづり)

あずさ回数券は、指定区間の乗車券と特急券がセットになっており、中央特急の指定席または自由席を利用できます。

また、「あずさ」とありますが「スーパーあずさ」や「かいじ」も利用できます。

 

1回分の割引率は約30%前後であり、えきねっとトクだ値切符とほぼ同等の割引率です。

回数券なので使い勝手はトクだ値切符より良いですが、GWやお盆、年末年始には使えないので注意しましょう。

 

また、あずさ回数券は6枚つづりとなっているため、1回だけ利用したい場合には下記の金券ショップのばら売りを買った方が良いです。

あずさ回数券は頻繁に中央特急を利用する方にオススメの割引切符と言えます。

 

金券ショップのあずさ回数券

中央線沿線の金券ショップでは上記のあずさ回数券のばら売りが販売されています。

1回あたりの値段は6枚つづりのものより若干高くなりますが、6枚も使う予定のない方は金券ショップでばら売りの回数券を買った方が良いです。

切符の効力は「あずさ回数券」と全く同じなので、金券ショップで購入したらすぐに使えます。

 

なお、同じあずさ回数券でも金券ショップによって価格が若干異なります。

中央特急が発着する新宿駅には金券ショップも多いので、少しでも安くしたい方は複数の金券ショップを見て回ると良いでしょう。

 

中央線東京週末フリー乗車券

週末に中央本線の各駅から東京方面へ行く場合に利用できる割引切符が、この中央線東京週末フリー乗車券です。

往復の割引乗車券に加え、東京のフリーエリア内は乗り降り自由のフリー切符となるため、東京首都圏の観光の際に役立つ切符です。

 

ただし、乗車券タイプの割引切符なので特急券は別に用意する必要があります。

また、利用できるのは土休日の週末限定で、東京発の逆区間の設定もありません。切符の購入も利用開始の前日までとなっています。

 

主な区間の料金は

  • 松本~塩尻発:5,200円
  • 茅野~富士見発:4,500円
  • 竜王~山梨市発:3,300円

となっており、通常運賃で往復する場合に比べて乗車券が30%~40%ほど安くなります。

中央特急に乗るだけなら他の割引切符の方がお得ですが、フリーエリア内で何度も乗り降りするのであればこちら方が総合的にお得になります。

 

学割

学生さんなら学割を利用することで乗車券を安くすることができます。(片道101キロ以上で2割引)

ただし、学割が適用されるのは乗車券のみで特急券に学割は適応されません。

 

また、中央特急の場合は上記のような特急券込みで格安の切符があるため、長距離乗車券でもない限り学割の優先度は低めです。

学割については「学割乗車券の購入方法と注意点」を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:トクだ値切符または回数券がオススメ

このように中央特急に利用できる割引切符はいくつか種類がありますが、割引率と切符の使いやすさで考えると

  • えきねっとトクだ値
  • あずさ回数券/ばら売り回数券

の2つがオススメと言えます。

どちらも割引率は30%前後と非常に高いので、この割引を利用しないのはかなりもったいないです。

割引切符ごとに使い勝手や利用条件が異なるので自分の利用スタイルに合った割引切符を選択しましょう。

以上、参考なれば幸いです。