あなたは電車に乗っている時に、ふと喉が渇いて飲み物が飲みたくなったり、お腹が空いてしまうことはありませんか?

電車の中でも飲食できれば良いのですが、電車の中で飲食することがマナー違反になるのか意外と気になりますよね。

 

鉄道会社も電車内での飲食については、特にこれといった説明も行っていないため、個人個人の裁量に任せられています。それゆえに昔から賛否両論が続いている難しいテーマとも言えますね。

今回は、その電車内で飲食をしてもよいのか、そのマナーについて解説していきたいと思います。

電車内の飲食は絶対ダメなのか?

鉄道会社の見解

JRrogomaku

まず鉄道会社が電車内での飲食を認めているのかどうかについてですが、電車内での携帯電話の使用等についての決まりはあっても、飲食についての規定を定めている鉄道会社は殆どありません。

例えば、JR東日本の場合、電車内での飲食については特に規定は定めていません。

 

しかし、私鉄の京浜急行電鉄(京急)の場合には、電車内の案内表示に「電車内の飲食はご遠慮下さい」という記載があるため、電車内での飲食は控えた方が良いということを伝えています。

 

つまりは、鉄道会社によってもその線引きは曖昧であるために、絶対に飲食をしてはダメだと言い切ることもできません。

言い換えれば、他人に迷惑をかけなければ問題ないとも言えます。

(その明確な規定がないゆえに、賛否両論となっている訳ですが・・・。)

 

マナー違反になるのはどれか?

鉄道会社に規定はないとしても、鉄道は公共交通機関なので不特定多数の人が利用しています。

そのため、例え飲食であっても他人に迷惑となる行為であれば控えるべきという見解が強いです。

 

満員電車に乗っているとき

満員電車の中で飲食を控えた方が良いということは、何となく分かるかと思います。

万が一電車が大きく揺れた際に、手に持っていた食べ物や飲み物が他の人にかかってしまうと思わぬトラブルを引き起こす原因になります。

 

また、通勤・通学のラッシュの時間は周りもピリピリと張り詰めた雰囲気となっているので、電車内で飲食をしていると、白い目でみられる可能性があります。

例え、朝急いでいて朝食を食べられなかった状況でも、代わりに満員電車の中で食事をするのは控えた方が良いでしょう。

どうしても食べるのであれば、駅のホームや待合室などで食べるようにしたいです。

 

ニオイの強い食べ物・飲み物

osakeyopparai

例え、電車内で飲食できそうな状況であったとしてもニオイが強いものを飲食するのは避けた方が良いです。

 

具体的な例としては、お酒があります。

夕方以降に電車内でビールやお酒を飲む人がいますが、アルコール飲料は思っている以上にニオイが強烈であり、周りの人の迷惑となる危険性が高いです。

 

また、アルコール飲料の場合、ペットボトルではなく缶に入っているものが殆どであるため、電車が大きく揺れた際にこぼしてしまう可能性もあります。

飲み物の場合には、ペットボトル等のフタ付きのものを飲むようにして、ニオイが強いアルコール飲料は控えた方が良いでしょう。

 

飲食しながら騒ぐ

例え、飲食して問題ない状況であったとしても、飲食しながら大声で騒いでいるようでは周りの人の迷惑となります。

グループ旅行で楽しいのは分かりますが、度を越して大騒ぎをしているようでは流石に困ります。

特に、お酒が入っていると気が大きくなり、周りの状況が見えずらくなってしまうので、ついつい大きな声を出してしまいがちです。

 

あまりにうるさかったり、終始どんちゃん騒ぎしているようでは車内トラブルにも繋がりかねません。

不特定多数の利用者がいる以上、周囲の状況を判断した上で、飲食・会話を楽しむようにしましょう。

 

マナー違反にならない状況とは?

乗車率が低く、周りに他の乗客がいない場合

ラッシュ時の満員電車の中で飲食をするのは考え物ですが、逆に乗車率が低く、周りに他の乗客がいない状況であれば、多少の飲食は問題ないという見解が強いです。

ニオイが強いものは流石にNGですが、パンやおにぎりといった軽食、ペットボトル飲料など軽く飲食する程度であれば、問題になることはないでしょう。

 

ただし、電車内が空いているといっても、飲み物や食べ物をこぼしてしまうと電車内が汚れて他の乗客に迷惑となる恐れがあるので、飲食物の扱いには十分注意しましょう。

 

グリーン車や特急列車、新幹線に乗っている時

sinkansensyanai

電車内で飲食をしても問題にならない電車には、特急列車や新幹線といった特別車両があります。

普通列車の電車内での飲食は状況次第という非常に曖昧な感じですが、

  • グリーン車
  • 特急列車・新幹線の車内
  • 観光列車・ジョイフルトレインの車内

などでは飲食をしても問題になることはありません。

 

そもそも特急列車や新幹線の車内では車内販売があるので、実質的に電車内で飲食するが認められているのと同じです。

お酒についてもこの状況なら飲んでも大丈夫です。

 

中には「お酒を楽しむことがテーマの観光列車」まであるので、そのような観光列車や長距離列車の場合は飲食・飲酒で問題になることはないでしょう。

むしろ、長時間乗車する以上、飲食をしないで我慢しろという方が無理があります。

 

ただ、どちらにしても車内は揺れ動くため、飲食物の扱いには十分注意したいです。

 

まとめ:結局は個人のモラルに委ねられている

このように電車内での飲食は一部の鉄道会社を除いては特に規定がある訳ではないために、絶対に飲食がマナー違反という訳ではありません。

しかし、ラッシュ時など乗車率が高い時の飲食や、強いニオイを発する物を電車内で飲食すことは、他人の迷惑となるため控えるのが最低限のマナーという認識が強いです。

 

結局のところ、細かな規定がない分個人個人のモラルの問題といった感じであり、周囲への配慮ができているか、そうでないかで良し悪しが変わってきます。

乗車時間が短いのなら飲食を我慢した方が良いですが、どうしても電車内で飲食したいのであれば、他人に迷惑をかけないように周囲に配慮した上で飲食するようにしましょう。

 

電車マナー関連記事:電車内で化粧はマナー違反なのか?その理由とは?

こちらも参考になれば幸いです。

 

 

電車内マナー・関連記事

【電車の基本マナー】車内トラブルを回避する5つの予防法

電車内での化粧はマナー違反?問われる電車のマナーについて

【寛容さも大事】満員電車のストレスを軽減する5つの方法

【マナー悪すぎ!】撮り鉄はなぜ迷惑なのか?その理由を考える

【新幹線の悩み】リクライニング時のトラブルを防ぐためには?

【指定席は余分に取れないのか?】隣を開けるためでも本当はダメな理由