2階建て新幹線として、今もなお上越新幹線で活躍中の「E4系新幹線」(通称:MAX号)

そんなE4系も時代の流れには逆らえず、2020年度末までに全車両が引退することになっています。

廃止直前になってから乗るのは個人的に好きではないので、今のうちにMAX号に乗ることにしました。

今回は、そのMAX号のグリーン車に乗ったので、その記録を残しておこうかと思います。

E4系の乗車記

私自身、上越新幹線のMAX号には何度もお世話になっているので、結構思い入れのある車両でもあります。

今回、乗車したのはMAXたにがわ403号(東京8時4分発)越後湯沢行きです。

E4系はいつ見ても大きい列車だと感じます。他の新幹線と比較しても圧倒的にデカいです。

グリーン車は、7号車と8号車の2階、15号車と16号車の2階です。グリーン車は全て2階席に設けられています。

グリーン車の車内です。車両自体が大きいこともあり、在来線グリーン車のような圧迫感はありません。

今回乗ったのは、夏休み前の3連休最終日のタイミングでしたが、乗車率はそこまで高くありませんでした。

朝の8時出発ということもあり、グリーン車以外の座席も空席がかなり目立ちますね。

グリーン車には、自分を含めて2人しか乗っておらず、車内は非常に静かな空間となっています。

車内の照明は、グリーン車らしく暖色の温かみのある雰囲気となっています。

グリーン車は床にカーペットが敷かれているので、歩く時に音がならないのも良いですね。ここは普通車との大きな違いです。

2階建て車両ながらも座席は大きく、グリーン車にふさわしい座席となっています。ひじ置きの肌触りも良いです。

ただし、グリーン車であっても車両が古いためにコンセントは付いていません。

コンセント付きの車両が今の新幹線の主流となっていくあたり、時代の変化を感じますね。

座席のリクライニングはかなりの角度まで倒すことができます。

後ろに乗客がいる際はぶつからないよう注意したいです。

枕も大きく柔らかいので寝ることもできます。

また、枕の位置も上下に動かせるので、首が疲れることもないです。

レッグレストは、座席したのレバーで動かすことができます。

最近の新幹線ならボタン1つで自動で上げ下げできますが、E4系は手動です。(角度を調節するのが意外と難しい。笑)

車両末端の座席には足置きが設置されています。

テーブルはいたって普通です。座席が大きいのでテーブルも若干大きい印象です。

日除けを下げると車内は薄暗くなります。

グリーン車は照明が控えめなので、寝るのであれば日除けを下した方が良いですね。

読書灯は窓側に付いています。

窓側に知らない人が座ってしまうと気を使ってしまうため、やや使いずらいかと思います。

座席の座り心地に関しては申し分ないです。

2階のグリーン車ということもあり、他の新幹線にはない優越感に浸れます。笑

ただ、車両が古いためか、N700系やE5系などと比較して、高速走行時の揺れが若干大きいように思えます。

飛行機が離陸する時の小刻みにガタガタと揺れる感じですね。振動で座席がキシキシと音を立てて揺れます。

また、座席回転のストッパーが緩いのか座席全体がゆらゆらと動くため、妙に落ち着かない感じです。

そんなE4系のグリーン車ですが、細かな点を除けば十分快適な座席と言えます。

車両設備の面で最新の車両にかなわないのは当然のことですが、やはり2階席からの眺めはE4系ならではの良さですね!

ちなみに、1階の指定席からの眺めはこのような感じになっています。

フェンスや防音壁によって視界が遮られるので、車窓は楽しめません。

ただ、低い分日差しが当たりずらいというメリットもありますね。

2階席の自由席に関してはこちらを参考に

今回利用したMAXたにがわ403号を利用すると、越後湯沢には9時35分に到着します。

グリーン車はとても快適なので、東京から越後湯沢ぐらいの距離なら疲れることはないです。

ちなみに、この後は超快速スノーラピットを利用して直江津へ行きました。

越後湯沢から出ている「ほくほく線の超快速スノーラピット」は9時56分出発なので、乗り換え時間にも20分ほどの余裕があります。

参考:【ほくほく線】超快速スノーラビットに乗ってみた!

 

まとめ:車両は古いが2階建てはやっぱり良い!

このようにE4系は、最新の新幹線と比べると揺れが激しかったり、車両の設備も古いですが、やはり大きな座席と2階からの眺めは最高です!

恐らく、私にとってはMAX号(特にグリーン車)に乗るのはこれが最後になるかもしれないので、その分しっかりと心に残すことができました。

日本の新幹線から2階建て新幹線がなくなるのも近いので、もし上越新幹線を利用するなら、ぜひともMAX号に乗っておくことをオススメします。