東北新幹線の主力車両である「E5系新幹線」

E5系は「はやぶさ」の最高速度320キロにも対応できる高い性能を誇った車両です。

私自身、E5系の普通車とグランクラスには乗ったことがありましたが、グリーン車に乗ったのは今回が初めてです。

今回は、そのE5系のグリーン車体験記について書いていきます。

E5系新幹線乗車記

E5系は東北新幹線の中では全ての「はやぶさ」と、一部の「やまびこ」「なすの」で使われています。

今回は福島から東京までの乗車のため、利用したのは「やまびこ」です。

「やまびこ」の場合、E2系も走っていますが、切符の予約の際にE5系が使われる「やまびこ」を選びました。

切符の予約の際にE5系かどうかを見分ける方法は、グランクラスの有無です。(E2系にグランクラスはありません。)

「はやぶさ」なら確実にE5系ですが、「やまびこ」の場合はE2系のことがあるので、切符の予約は慎重に行いました。笑

ちなみに、東北新幹線のE5系と北海道新幹線のH5系は、ぱっと見どちらも同じ車両に見えますが、内装と配色が若干違います。

グリーン車乗車記

グリーン車は4列配置であり、普通車の2列+3列の座席に比べて横幅、前後共にゆとりがあります。

フットレストはありませんが、レッグレストと枕が付いていますね。座り心地も良いです。

レッグレストはひじ掛け横についているボタンで自動で動きます。リクライニングは手動です。

コンセントはひじ掛けの前面に付いています。座席ごとに1つ用意されているので安心です。

足元には十分余裕がありますが、足が長い人はレッグレストを上げるとつま先が前にぶつかってしまうかもしれません。

テーブルは正面のテーブル(前後にスライド可能)と、

ひじ掛けの中に小さいテーブルがあります。

テーブルが2つあるのはグリーン車ならではですね。

座席のリクライニング角度はかなり大きく、レッグレストも使えば快適に寝ることができます。

車内照明は普通車よりも薄暗く、暖色系の温かみのある雰囲気となっています。

また、グリーン車は床にカーペットが敷かれているのも大きな特徴ですね。

カーペットのおかげで普通車よりも歩行の際の足音が気にならず、静かな空間となります。

単にカーペットが敷いてあるだけでもアッパークラス感が出るので、個人的には結構気にしているポイントでもあります。笑

やはり旅行の際はグリーン車を使ってゆったりと移動時間を楽しみたいですね。

1時間半ほどの乗車でしたが、疲れることなく快適に過ごすことができて満足です。

 

まとめ:グリーン車としては十分快適

今回、初めてE5系のグリーン車に乗りましたが、やはりグリーン車は静かで普通車よりも快適であるのは確かです。

車内の照明も薄暗く、落ち着いた雰囲気なので、グリーン車らしさが良く伝わってくる車両だと思います。

北陸新幹線E7系グリーン車ほどの強いインパクトはありませんが、配色も温かみのあるシンプルな空間なので、快適な旅を楽しむことができました。