東京の空の発着地である「羽田空港」

都心からも近く、関東近辺から飛行機に乗るのであれば利用することになる主要空港です!

そんな羽田空港にアクセスする方法としては、電車(京急とモノレール)、高速バス、タクシーの4つが主な方法となります。

今回は、この羽田空港へアクセスするなら何を利用するのが良いか、そのアクセス方法について解説していきます。

羽田空港へのアクセス方法

京浜急行電鉄(京急)を使う

keikyuukuukouhaneda

京急は羽田空港へ直結している路線であり、横須賀、横浜方面、品川、東京、浅草方面など多方面から羽田空港へ行くことができます。

 

eapotokyuukouhanedakuukoukeikyuu

京急には車両の種別として「エアポート急行」という種別があり、これは空港までのアクセスとしては途中で乗り換えが不要なため、非常に分かりやすい種別です。

また、品川方面からのアクセスであれば「エアポート快特」という急行よりも早くに羽田空港へ行ける種別もあります。

関連:【空港アクセスはエアポート急行】京急の種別と停車駅を徹底解説!

 

品川駅から快特で15分以内、横浜駅からエアポート急行でも30分以内にアクセスできるのが魅力的であり、運賃も他のモノレールやバスと比べて若干安いのも強みです。

エアポート急行はおおよそ10分間隔で運転されており、列車の本数も多いため、利便性にも優れています。

アクセスのしやすさと所要時間、運賃の全ての面で優れているため、個人的には最もオススメの交通機関です!

 

ただ、京急は通勤のために使われることも多いので朝のラッシュ時には列車が混雑します。

また、必ずしも座れるとは限らないので、大きい荷物、あるいは重たい荷物を持っている方で確実に座って行きたいという場合にはやや不便かと思います。

 

東京モノレールを使う

tokyomonoreru

東京モノレールは浜松町駅から羽田空港を結ぶ路線であり、京急と並んで空港アクセスの主要路線です。

通常運賃は片道490円と少し高めですが、羽割往復きっぷが800円で販売されています。

 

東京モノレールには「空港快速」という種別があり、空港快速であれば浜松町駅と羽田空港国内線ターミナル駅を最短18分で移動できます。

また、運行本数も数多く、駅ホームも乗り場と降りる場所が分かれているので、スムーズに列車に乗ることができます。

関連:東京モノレールの所要時間と搭乗できる航空会社はこれ!

 

浜松町駅までの利便性に関しては、山手線と京浜東北線が通っているのでそこまで悪くありませんが、京急のように多方面からのアクセスはできません。

京急であれば品川駅、横浜駅といった主要駅から直接アクセスできますが、モノレールを利用して空港へアクセスする場合には一度浜松町駅まで行って乗り換える必要があります。

近くに京急の路線があるのであれば京急を、山手線圏内であれば浜松町からモノレールといった感じで使い分けると良いでしょう。

なお、京急同様に時間帯によって混雑率が変わるので注意したいです。

 

ちなみに、東京モノレールの場合は荷物置き場があるので、荷物の置き場に困ることはありません。

大きい荷物を持っている方でも安心して利用できます。

 

空港アクセス用の高速バスを使う

koutuukousokubasu

空港へのアクセス方法として高速バスでアクセスする方法もあります。

運賃は鉄道に比べると若干高めですが、荷物はバスの荷台に乗せることができ、座席もほぼ確実に座ることができます。大きな荷物を持っているのであればオススメのアクセス方法です。

また、京急やモノレールと違って、バスの停留所があればそこから乗り換えることなく直接空港まで行けるのも利点です。

 

一方のデメリットとしては、

  • 電車に比べると運行本数が少ない
  • 道路を通るため渋滞に巻き込まる可能性がある

ということの2つですね。

特に、渋滞の予想は難しいため、必ずしも本来の所要時間の通りに空港へアクセスできるとは限りません。

高速バスで空港へ行く場合には、早めに空港へ到着できるよう時間に余裕を持って行動するのが望ましいです。

 

タクシーを利用する

takusikurumakoutuu

タクシーであれば、自分の家からでも空港へ行けるため、重たい荷物があったり、ご年配の方で歩くのが大変という場合に非常に便利な交通手段です。

一方のデメリットとしては

  • 他の交通手段よりも運賃が高い
  • 渋滞に巻き込まれる可能性がある

という点ですね。

渋滞ばかりは高速バスと同様に仕方がない面もありますが、時間に余裕をもって出かければ問題ありません。

 

交通費はかかってしまいますが、楽に空港まで行きたい時や複数人で乗車するのであればタクシーを利用するのもアリです。

また、羽田空港へのアクセスであれば定額運賃を採用しているタクシー会社も多いので、料金がいくらになる分からないというよう不安を持つこともありません。

 

まとめ:状況に応じて上手く使い分けるとベスト!

羽田空港へアクセスするには、大きく分けて電車(京急)、モノレール、バス、タクシーの4つがメインとなります。

どこからアクセスするかによっても利便性が異なるのでどの方法が一番良いとは言い切れませんが、アクセスのしやすさ、所要時間、運賃等を踏まえると個人的には京急がオススメです。

ただ、山手線圏内ならモノレールも利用でき、大きい荷物を持っているのであれば高速バスも便利なので、そこは利用スタイルに応じて上手く使い分けるようにしましょう。

 

以上、参考になれば嬉しいです。

関連:【国内線は1時間前!】飛行機の搭乗までにかかる時間を解説